ムシガレイの塩焼き

 浦島グリで外道で釣れたカレイ。
釣れた時、船釣り師「顧問」が國村 隼そっくりな顔で、
「エテガレイや」と教えてくれたのですが、
飲食店のブログには「ムシガレイ」と紹介されていました。
「顧問」があとで調べて訂正したのでしょう。

IMG_0656_170515.jpg

魚類図鑑によると、ムシガレイの特徴として、
「有眼側(表 カレイでは右側)に3対の虫食い状の斑文がある。」
とあります。
まちがいありません。
「鮮魚として出回ることはまったくない」
ともあります。
「干し」専用なのか。
ビチットシートで一夜干しにとも考えましたが、
せっかくなので、塩焼きで味わってみようと思いました。
塩を振って焼きます。

IMG_0693.jpg

意外と肉厚の身は食いでがありました。
少々水っぽいけど、
身はふんわりとして、きめ細かな白身です。
干したカレイを食いつけているせいか、
風味は物足りなくはないという感じがしました。
しかし、あっさりとした風味は塩になじんで、
時々、もろみ味噌に絡めて口に入れると、
また違ったおいしさを体験できました。

 昼ごはんにご飯とみそ汁と漬物で
いただくのがちょうど良いような。

ムシガレイはおいしいカレイでした。
今度釣れたら干してみたいです。

タヌキメバルと沖メバルのあら煮

IMG_0664_170515.jpg

いつもは捨てる魚あらですが、
今回はおいしい魚だったので、
あら煮を作ってみました。
画像は熱湯で洗って鍋に入れたところ。

 この後は、昆布だし、しょうゆ、酒、みりん、砂糖、
各適量を入れ、弱火でじっくり煮込みました。

根魚らしく、どちらも頭に柔らかい身があって、
おいしいあら煮となりました。
完成画像をとり忘れました。

沖メバルとタヌキメバルのポアレ

 ポワレ(仏:poêlé)を作ってみました。
魚の切り身に塩コショウして下味をつけ、
オリーブ油で両面を色よく焼いた後、ソースと共に盛りつける、
という料理です。
釣りビジョンの「海鮮山鮮四季旬彩3」という番組で、
釣り師夫婦が営むビストロヒライというお店で、
山田邦子に供されていた料理です。

 沖メバルとタヌキメバルの切り身を
フライパンで焼きました。
皮にのみ小麦粉をつけて、
パリッと焼けるようにしました。
IMG_0665_170515.jpg

 ソースですが、
「海鮮山鮮四季旬彩3」では、詳しく紹介されておらず、
ネットで拾ったレシピで作ってみました。
牛乳を弱火で熱し、
玉ねぎみじん切り、にんにくを潰したひとかけを入れ、
白ワインを入れてゆっくり弱火で熱する。

 ここでアクシデント。
牛乳のたんぱく質が分離して、
豆腐みたいになりました。
 
 仕方なく、レシピ通り、これをこします。
薄黄色の液体になりました。
これを鍋に戻し、
生クリームとレモン汁を加えて、
ゆっくり弱火で熱します。
味見してみると、あまり味がありません。
塩コショウしたくなりましたが、がまんします。

「海鮮山鮮四季旬彩3」では自家菜園の菜の花が
ボイルされて添えられていましたが、
スーパーになかったので、
小さなキャベツと西洋風の小さな白菜を
ボイルルして添えました。
完成です。
IMG_0690_170515.jpg

 高校1年生の娘「Y子」は
これがいちばんおいしかったと
語ってくれました。
魚の身に塩コショウしているので
ソースに塩気が無くてもよかったです。
塩気とコショウの風味と、ミルク風味、レモンの酸味、
そして魚の旨みがよく調和されていました。

 沖メバルとタヌキメバル、
どちらがおいしかったか?
私は沖メバルだと思いました。
固めの身は焼きという料理法にマッチしています。

 沖メバルの魚名ですが、
これは一般的な魚名は「ウスメバル」だそうです。
釣魚図鑑によると、食味は「良」です。
ちなみにタヌキメバルは「極」。
タヌキメバルの方が評価は高いです。 

タヌキメバルの煮つけ

 釣ったタヌキメバルを煮つけにしてみます。
うろこをとります。
IMG_0661_170515.jpg

このあと、頭を落として、腹の中をきれいに洗います。 
昆布と酒、みりん、しょうゆで薄めの煮汁を作り、
アルミホイルで落としぶたして、
鍋のふたもして、
鍋に火があたらないくらいの弱火で
時間をかけて煮ます。

IMG_0667_170515.jpg

 煮込んでいる途中、
えらいことに気付きました。
鍋に入れる前に
熱湯をかけて、匂い消しするのを忘れていました。
しょうがを追加して、
鍋に入れました。
あとの祭りですが、なんとかなるでしょう。

 出来上がったので、
盛りつけます。
IMG_0669_170515.jpg

 これはおいしい料理となりました。
タヌキメバルは火を入れると、
上品なうまみがでます。
きめ細かくてふっくらとした白身の
食感が出汁に絡んでよりおいしく感じます。
刺し身にして良し、煮ても良し。
沖メバルより評価されるべき魚だと思いました。

タヌキメバルのカルパッチョ

タヌキメバルをカルパッチョにしました。
今回工夫したのはトマトもしっかり塩コショウして、
オリーブオイルをふりかけたこと。

IMG_0689_170515.jpg

上の薬味はネギと大葉です。
タヌキメバルは柔らかくうまみもあるので、
生食料理に向いていると思います。
おいしいカルパッチョと大好評でした。