FC2ブログ

三重県鳥羽市石鏡の船釣り午前便_2019.5.2

 GWは仕事の予定が多いのですが、
2日は休みになったので、釣行できました。
午前10時に石鏡港に着きました。
同行者の磯釣り師 I 氏はまだいません。
堤防に上がって見てみると凪です。
風が若干吹いています。
RIMG3433_1124.jpg


 11時過ぎに磯釣り師 I 氏が到着しました。
今日は I 氏のお連れも一緒です。

午後便なので、午前便が帰るのをを待っていました。

RIMG3436_1202.jpg

船は若干遅れて到着しました。
延長するときは釣れてないときです。
潮の色は悪いし、我々3人はあきらめムードでした。

結局、午後便は我々三名だけでした。
12時30分船は出港しました。

左舷ミヨシに I 氏のお連れ。
右舷ミヨシに私。
左舷トモに I 氏が釣り座を構えました。

タックルはこんなでした。
ロッド:シマノ バイオインパクトX ライトヒラメ225
リール:シマノ ビーストマスター 3000にPE2号を150m巻く。リーダーとしてショックリーダー35Lbを5m結ぶ。
仕掛け:船長支給でエダス90センチ、トリプルフック、丸セイゴ鈎。
1本針仕掛け捨て糸50センチで錘60号指定です。
餌は活きイワシ。20~25センチでした。
探見丸を持ち込んでいます。

12時50分。
少し沖で始めます。
水深は30m。
何も反応がありません。
RIMG3446_1406.jpg
イワシもきれいなものです。

14時36分。
RIMG3447_1436.jpg
底付近にベイトが現れます。
イワシは少しバタつく程度です。

上下を広く泳がせてみますが何も喰いつきません。

15時過ぎてもあたりもないので、ぼうずを覚悟したころ、
やっと喰いこみました。
15時11分。
RIMG3449_1511.jpg
40センチ。
このころ、ボツボツとベイトが底にあらわれます。
RIMG3450_1513.jpg
15時21分
小さなヒラメ。足裏サイズです。
のちにリリース。
RIMG3452_1521.jpg
活性がよくなってきています。
RIMG3453_1533.jpg
15時41分
この日最長の45センチ。
RIMG3455_1541.jpg

15時54分 
RIMG3456_1554.jpg
43センチ。

ここでいったん喰いが止まりました。
船は移動します。

16時48分。
RIMG3460_1658.jpg
43センチ。
サイズが伸びません。
このころ大ヒラメこい、大ヒラメこいと念仏のように唱えていました。

RIMG3461_1703.jpg

あたりは再びなくなりました。

一度だけあたりが来ましたがあわせを失敗しました。
17時15分
RIMG3462_1715.jpg

18時を過ぎると底に大きなベイトが現れました。
船長に聞くと
「アジちゃうか?」
ということです。
RIMG3466_1805.jpg

18時納竿です。
港へ帰ります。
RIMG3468_1817.jpg
釣果はこんなでした。

RIMG3471_1835.jpg

ヒラメ40センチから45センチが4匹。
28センチをリリース1匹。

I氏が3匹。お連れが1匹でした。
帰りは伊勢道が渋滞していたので、多気で降りて、
国道166号、南阪奈道で帰りました。

今度こそ大ヒラメを釣ってみたいものです。

京都府宮津市の釣り船で鬼カサゴ釣り_2019.4.17

 目覚めたのは午前3時すぎ。
やってしまったという感覚はひさびさのものでした。
跳び起きて、大阪から京都府の日本海側宮津市へ車をぶっとばします。
5時30分に出港です。

 何とか家族円満で行けるようこぎつけた釣行です。
キャンセルしたくありません。
嫁はんは、私の仕事仕事仕事仕事仕事仕事釣り仕事仕事仕事仕事仕事釣り仕事仕事仕事仕事釣り仕事仕事仕事仕事.........
.........というライフスタイルに我慢ならならなかったようです。
なるほどそいういうことかと、
コストコへ連れて行ったり、
近所のミシュランの星三つもらってる料亭へ高い昼飯を食いに連れて行ったり、
いろいろ懐柔しました。

 とても書けないような走行をしたおかげで、
5時過ぎに宮津養老港に到着しました。

到着すると、同行者のW氏、S氏、もう一人のW氏が迎えてくれました。

オニカサゴ釣りはこの魚が好きなW氏のリクエスト。
釣り船は以前貸切でのった、親子3隻でやっているところです。
迷惑がかかるといけませんので船名は書きません。

釣行2日前に親父さん(大船長)からオニカサゴはもう釣れないので、
活き餌での呑ませ釣りにしたらどうかと電話がありました。
せっかくのお話でしたが、オニカサゴが初めてのメンバーもいるので、
オニカサゴ釣りでお願いしました。

RIMG3384_0537.jpg

お客が揃うと船は出港しました。
今回の船長は弟さん船長です。
RIMG3389_0608.jpg
RIMG3386_0608.jpg

ここは釣り場まで結構走ります。
釣り座は左舷トモ。
W氏、W氏、S氏は左舷に並びます。
いい席は取れませんでした。

タックルはこんなでした。
■竿:シマノ ディープチェイサー150-195
■リール ビーストマスター3000 PE2号200mリーダー35lb5m
■仕掛け 天秤の上に水中照明をつけ、錘80号、天秤の先に鬼カサゴ仕掛け3本鈎。鈎はムツ鈎18号
■おもり 80号
エサは船支給がなく、すべて持ち込みです。
サバ、カツオのハラモ、鮭皮、小イカ、サンマ、アナゴでした。

6時過ぎに開始です。
水深100m。
RIMG3391_0620.jpg
RIMG3393_0640.jpg

 どうも底潮が複雑に動いているようで、
投入するたびに祭ります。
水中照明を外すと私は祭らなくなりました。
しかし他客同士頻繁に祭っています。

RIMG3394_0718.jpg
サンマと鮭皮で入れますが何も喰ってきません。
6時7時台は何も釣れませんでした。

8時過ぎ。
RIMG3395_0803.jpg

ようやくウッカリカサゴとガシラがダブルできました。
5流し目だったでしょうか。ようやくです。
8:56
RIMG3396_0856.jpg
渋いです。
9:22
RIMG3397_0922.jpg
沈黙の後、やっとガシラ。
9:42
RIMG3398_0942.jpg
ダブルできました。
しかし、鬼は来ません。
左舷ミヨシの方が唯一、オニカサゴを釣られているようです。
我々のグループではいまだ誰も釣れていません。
10:12
RIMG3399_1012.jpg
少しだけ大きめのウッカリカサゴ。
10:27
RIMG3400_1027.jpg
また小さなウッカリ。
10:38
RIMG3401_1038.jpg
ウッカリがイカに喰ってきました。
11:05
RIMG3402_1105.jpg
ガシラがカツオのハラモに喰いつきます。
船長はこの周辺を見切ったようです。
船は経ヶ岬をさらに西へ回り込むように移動します。
RIMG3403_1117.jpg

RIMG3406_1126.jpg

11:55
 RIMG3407_1155.jpg
場所移動して、釣れたのはやっぱりビックリ。

 しばらく沈黙が続きました。
他のお客はあきらめて、片づけて、昼寝してる人もいます。
ほとんど我々だけが一生懸命やってました。
すると、釣りの神様が、微笑んでくれたようです。

12:36
RIMG3408_1236.jpg
やっと小さなオニカサゴが釣れました。
このころには、サバ+鮭皮がいちばん喰いがいいとわかっていました。
12:48
RIMG3409_1258.jpg
いちばん大きなオニカサゴ。35センチ。
画像はないですが、小さめオニカサゴがもう一匹。
このころがようやく来たオニカサゴに時合いでした。

13:32
RIMG3410_1332.jpg
ガシラです。

次の投入が最後にしましょうと船長からアナウンスがありました。
すると、底付近で、大きな引きのあたりがあり、合わせました。
うまく乗ったようです。
このかかった魚はオニカサゴではありません。
青物っぽい引きです。
ディープチェイサーの竿先が海面に突き刺さるように
竿も大きく曲がっています。
しかし、強く引く割にはゆるゆるのドラグが出ていくわけでのなく、
順調に上がってきました。
私はS氏にタモを頼みました。
バタバタしている我々をかたずけてしまっている他客が
見に来ています。
これはメモリアルフィッシュになる。
私は信じていました。

やっとこさ水面にあがってきた魚をみたら、
メータオーバーです。
しかし、こいつはサメでした。
なんやねん、サメかよ!」と
私が大声で叫ぶと、サメは空気を読んだように、
チモトでラインを食いちぎって海中へ去ってゆきました。
操舵室から振り向いて様子をうかがっていた船長に
「サメやったわ」と大声で報告しました。
他客も無言でキャビンへ戻ります。
14時納竿です。
釣果はこんなでした。
RIMG3414_1359.jpg
オニカサゴは何とか三匹。
S氏が40オーバーのオニカサゴを釣りました。
皆何とか鬼は釣れていたようです。
港へ帰ります。
RIMG3419_1438.jpg
今度はまた幻のアラを釣りに来たい。
女将さんにそう言うと、港を出発しました。
帰りはクアハウス岩滝で温泉に入り
汗と潮を流して帰りました。

いちばん大きなオニカサゴは刺身。
他はすべて鍋にしていただきました。

三重県鳥羽市石鏡の船釣り午前便_2019.4.7

 家で仮眠して出るつもりが、嫁はんといろいろあって、
家出少年みたいな感じで家を出て、石鏡港についたのは24時でした。
ここで車中泊します。
クーラーを置いたら、三番目でした。
同行者の磯釣り師 I 氏の分のクーラーも仮置きして、
三番、四番を確保しました。

 ヒラメ釣りは釣り座で釣果が左右されますから、
熱心な釣り人は早く来ます。

 翌朝、4時過ぎに目覚めると I氏が来ていました。
5時過ぎに船長が登場です。
5時半過ぎに乗船が始まります。
一番手の方は左舷トモです。
二番手のの方は左舷ミヨシの行くというので、
私が右舷ミヨシ、 I氏が右舷胴で釣ることになりました。
あと一人の方が来て、右舷トモ。
5人の乗り合いとなった船は生きたイワシを積み込むと、
5時50分に出港しました。
RIMG3338_0552.jpg

 港を出て、20分以上走りました。
今回はけっこう沖に出ています。
RIMG3341_0620.jpg
タックルはこんなでした。
ロッド:シマノ バイオインパクトX ライトヒラメ225
リール:シマノ ビーストマスター 3000にPE2号を150m巻く。リーダーとしてショックリーダー35Lbを5m結ぶ。
仕掛け:船長支給でエダス90センチ、トリプルフック、丸セイゴ鈎。
1本針仕掛け捨て糸50センチで錘60号指定です。
餌は活きイワシ。20~25センチでした。
探見丸を持ち込んでいます。

 潮はこんなでした。
toba20190407.jpg

 満潮で始まり、9時から11時半まで下げ潮が流れる
という潮。
潮流時間が長いのでチャンスはあると思っていました。

RIMG3342_0625.jpg


 6時20分始めます。
底潮が動いているのか、少しだけ流れます。
船長は湧き潮やといいます。
RIMG3344_0630.jpg
水深25m。
底は荒いです。
根がかりしないよう、スタンディングでおもりを上げ下げしました。
RIMG3345_0654.jpg

あたりや気配はありません。
イワシは無傷です。

RIMG3346_0710.jpg
7時過ぎ。
ようやくあたりがありましたが喰いこみません。
浅く咥えたあとがイワシにのこっています。

RIMG3347_0723.jpg

船は神島のかなり南の沖で流しています。

RIMG3348_0723.jpg

 何も釣れていません。
7時30分を過ぎようとしています。

RIMG3350_0751.jpg
7時50分
やっとイワシに喰いこむヒラメを釣り上げました。
35センチの小物。ぎりぎり持ち帰りサイズです。
5流しくらいしたでしょうか。

RIMG3351_0809.jpg
8時10分
45センチ。
まあまあなサイズです。
肉厚で刺身にできそう。

RIMG3352_0820.jpg
ようやく2匹釣れました。
まだ、潮は流れていませんが地合いなのかもしれません。

RIMG3353_0828.jpg

8時30分
少しサイズダウンですが40センチ。
地合いです。

RIMG3354_0829.jpg

3匹です。いけすの底が茶色くなってきました。

 下げの潮流時間を前にして3匹釣れるとは、
これは大漁の予感がします。
磯釣り師 I 氏も40センチ前後を3枚釣っていました。
「潮が流れたら、4,5枚はいけそう」と私がいうと
「.........」冷静なI氏は無言です。

 すると、次の流し、その次の流しとあたりが無くなりました。

「下げの潮が流れたら、またあたりは出てくるはず」船長がアナウンスすると、
船は港方面へ移動しました。

移動後の最初の流しで当たりました。
まだ、潮は流れない様子なのですが。

9時10分

RIMG3355_0914.jpg

40センチのヒラメです。

 とっくに潮流時間になっているはずなのに
下げ潮は流れません。

RIMG3359_1015.jpg

船長に言わせるとゆっくり流れ始めているということ
なのですが、仕掛けは流れません。
まったく、あたりもなくなってしまいました。

 時々イカが邪魔しに来ました。

RIMG3361_1032.jpg

前後の釣果で大きなアオリイカを釣っているお客がいました。
たぶんそいつです。
イカ釣りのタックルも技術もありません。
そもそもイカ釣りは苦手です。

「青物どころか外道すらこない」 I氏とぼやいていました。

RIMG3362_1035.jpg

 いちばん期待していた潮流時間に1枚しか
獲れず、終了となってしまいました。

12時。港へ帰ります。

RIMG3363_1201.jpg


釣果はヒラメ 45、40、39、35の4枚。
I氏は3枚でした。
竿頭は左舷ミヨシのお客で5枚でした。
今回は仕掛けもおもりも無くしませんでした。
静かな釣りだったといえます。

船長にウタセエビのことを聞くと、
まだ入ってこない。
そもそも獲れないからエビ漁をしていないそうです。
「連休明けちゃうか?」
ウタセマダイ釣りででられるのは
ということです。
「もう、エビおらんから、真鯛もおらんのんとちゃうか?」というと、
「真鯛はおる!」怖い顔で船長は言いました。

早くウタセマダイしたいなとか
考えながら大阪へ帰りました。

帰りは温泉に立ち寄らずまっすぐ帰ります。
嫁はんともめて釣りに出かけると帰りが気が重い。
「うまくやらないと」
反省しました。
ヒラメ料理は何とか家族に食べてもらうことができました。
カルパッチョと磯辺はさみ揚げ(天ぷら)。
おいしかったです。

三重県熊野の磯釣り2019.4.3

 前日の18時過ぎに鬼ヶ城につきました。

IMG_2935.jpg

前泊のため熊野市内の旅館を予約していました。
夜中に国道169号線が通行止めになるためであり、
もう年で夜中走ってとういう元気もなくなってきたというのもあります。
素泊まりなので、晩飯をいただくところを探して徘徊しましたが
なかなか見つからず、駅前の食堂で寿司を食べました。

 翌朝、4時に起床して、港に4時半につきました。
誰もいません。
しばらくすると車が1台来ました。
道具を見ていると、ルアーマンの二人組でした。
今日のお客は3人だけでした。
RIMG33080510.jpg
立っていると寒いけど、風はありません。海面は凪いでいます。
潮はこんなでした。
Image-1.jpg

3月末に立て続けに40オーバーのグレが釣果で上がっており、
今はチャンスだと思いました。きっと、潮も流れるはず。

5時20分。渡船は3人のお客を乗せて出港しました。
RIMG33090522.jpg

 ルアーマン二人はスズコだろうなと思いながら、
別の渡船を見ていました。
今日の当番は向こうなので、
磯に船をつける優先権はあちらです。
マブリカが好きな渡船なので、行くのかと思っていたら、
新大和に付けました。
こちらの船長は猛スピードでスズコへ一直線です。
スズコに近づくとルアーマンに声がかかりました。
RIMG33110532.jpg


ルアーマン二人を下すと井内浦方面へ走ります。
RIMG33130534.jpg


また銚子かな?と思っていたら、
長門島の南端で降ろされました。
今日は長門です。

RIMG33140536.jpg

早速準備しますが、撒き餌のオキアミが溶けていません。
最初は撒き餌なしでやってみようと思いました。

タックルはこんなでした。

■竿  がまかつがま磯 マスターモデルII 尾長 MHタイプ    
■リール ダイワインパルト3000H-LBD         
■道糸 サンライン松田競技スペシャルブラックストリーム2.25号     
■ハリス サンライン トルネード松田スペシャル競技ハリス ブラックストリームマジック 2.75号→2.25号
■ウキ キザクラIDRディアジーコレッサB→キザクラ クジラ0号→釣研3速→5速
■ハリ がまかつ ひねくれグレ5号→同6号→オーナーロック5号→ひねくれグレ6号
■ウキ下 3ヒロ→4ヒロ(ハリス2ヒロ)→沈め(ハリス10m)
■はりこみ小次郎 7号→8号

IMG_2937.jpg

刺しえはボイルとコーティングされた生オキアミ。

RIMG33150611.jpg


早速コッパ尾長が来ます。
6:24
RIMG33160624.jpg
ウキはじわじわと沈みます。リリースです。
6:27
RIMG33170627.jpg
コッパ尾長。リリースです。

6:40
あたりがなくなってきたので撒き餌を作ります。
生オキアミ3kgとボイル1.5kgを持ってきていました。
集魚剤と混ぜます。半分づつ作りました。
RIMG33180641.jpg


撒き餌を打ってもエサ取りらしき姿なし、
浮きグレの姿もなしです。

6:50
ウキが沈んだのであわせるとかかります。
まあまあの引きでした。
27センチのカワハギです。
これはキープです。
RIMG33190651.jpg

7:00
シュッときれいにウキが沈んだのでうまく合わせました。
しかし、これも元気なコッパ尾長でした。

RIMG33200658.jpg


このあと、ウキ下を4ヒロにしてあたりがなくなりました。
3.5ヒロにしたり試行錯誤していると、弁当船が来ました。
今日は渡してくれる人がいません。
船に乗り込み、取りに行きました。
磯に戻ると船長がどうか?と聞いてきたので、
「コッパばっかり。カワハギ一匹」と答えました。

腹が減っていたので弁当を食べます。
RIMG33210730.jpg
磯で食べる弁当は本当においしい。

8:30
バリです。
迷いましたが毒針を切るのがめんどくさくなって、リリースです。
RIMG33220831.jpg

9:30
あたりがなくなります。
少しだけ風が吹き始めました。
波は穏やかです。
しかし、潮が流れません。まったくです。
RIMG33230931.jpg

10:00
あたりなく、ますます風が強くなってきました。
そして、ちらちら見えていたボラが増えてきました。
こいつらが来てからコッパグレがいなくなりました。

RIMG33241000.jpg

10:15
久々にあたり。
よく引いてくれましたが大きめのバリです。
リリースです。
針を外すとき毒針に指が当たりそうになりました。
RIMG33261015.jpg


RIMG33271019.jpg


風はますます強くなり、釣りにならなくなりました。
海に漂うウミガメを横目で見ながら、仕掛けを変えます。
千釣法で沈め釣りをします。
風が吹いたらこれです。
RIMG33291043.jpg


一投目でラインが走ります。あわてて、スプールを開いたまま、
巻き合わせしたりして、あわせが遅れました。
大きなグレかチヌだったと思います。
レバーブレーキを使ってやりとりしましたがチモトで切られました。
呑まれてしまっていたようです。

11:30
風が強くなり、岩陰で休憩しました。
11時から1時間。
ボラはますます増えて二十はいました。
彼らが立去ってくれたらとも思いました。
前から買っていたジェットボイルでコーヒーを作りました。
こんな余裕も必要です。
暖かいコーヒーを飲みながらボーっとしていました。
RIMG33321130.jpg

12:28
サンノジです。リリースです。
結局、ボラ軍団は居ついています。
RIMG33341228.jpg

13:30渡船が迎えに来ました。
14時だと思っていたのでかなり慌てました。
ルアーマンにどうか?と聞くと、
あまり思わしくない釣果だったようで、
「小さいのばっかり」といいます。
「風が吹いて釣りにならんかったでしょう」というと、
残念そうにうなづいていました。

RIMG33361347.jpg

帰りはきなりの湯につかって帰りました。
今度こそ大きなグレを釣ってみたいものです。

三重県鳥羽市石鏡の船釣り午前便_2019.3.16

 前日に釣り船の民宿に前泊しました。
磯釣り師 I 氏が場所取りのためクーラーを一番に置きたいというので、
私も付き合いました。
 久々の釣行です。
息子のS之助は見事に志望校を落ちて浪人となりました。
受験が終わったということで、私も晴れて釣りに行ける身分となります。

 翌朝、目論見通り釣り座選択権一番の I 氏が左舷ミヨシ。
私はその横左舷胴に釣り座を構えました。

 ほかのお客は6人。右舷とトモに並びます。
出港時、 I 氏に潮を聞くと「長潮」ということです。
「それはきついなあ」というと
「たぶん釣れん、期待できん」と I 氏がかえします。
RIMG32370549.jpg
5:50 いけすで活きイワシを積むと船は出港しました。

出港時に余るほどの元気な生きたイワシを用意してくれる釣り船なんて
なかなかありません。
本当にこの釣り船は貴重な釣り船だと思います。


港を出て10分ほど走るとポイントにつきました。
RIMG32380632.jpg

タックルはこんなでした。
ロッド:シマノ バイオインパクトX ライトヒラメ225
リール:シマノ ビーストマスター 3000にPE2号を150m巻く。リーダーとしてフロロ8号を3m結ぶ。
仕掛け:船長支給でエダス90センチ、トリプルフック、丸セイゴ鈎。
1本針仕掛け捨て糸50センチで錘60号指定です。
餌は活きイワシ。15~20センチでした。
探見丸を持ち込んでいます。


 始めますが、道糸のPEが絡みいきなりトラブってしまって、
もたつきました。
久々の釣りなのでどうも調子がでません。
第一投は I 氏に何もあたりがないようです。
活性が悪いようです。
私も何とか第二投から参加できました。
RIMG32400632.jpg
何も当たってきません。イワシもついているのかわからないくらい静かにしています。
するとそのうち強い眠気と倦怠感に襲われました。
立ってられないので座って釣りをすることにします。
乗船前にアレルギー鼻炎薬「アレグラ」と
酔い止め薬「アネロンニスキャップ」を同時に飲んでしまったことが原因です。
失敗しました。

6:37
RIMG32410637.jpg
イワシは無傷で上がってきます。

7:13 7時過ぎてもなにもかかりません。
RIMG32440717.jpg

7:30 いきなりガツンとあたりがありました。
早合わせしてみたら魚は口を離しました。
喰いこませないとダメなようです。
トリプルフックは口の中にあったのですがかからず、です。
RIMG32450723.jpg

I 氏はすでに二枚のヒラメを釣り上げています。
薬のしんどさもあって弱気になっています。
8:13 あたりがあって、食い込ませてから合わせるとうまく乗ったようです。

RIMG32480813.jpg


あげてみると、何か違和感のある魚です。
これはヒラメではなく、タマガンゾウビラメでした。
36センチ。

RIMG32490818.jpg

このあとますます眠気が強くなり、
半分寝ながら釣りしていました。
当然釣れません。
9時過ぎに底のほうにベイトの濃い影が現れます。
青物が回ってくるかもと気合を入れて立って釣りますがなにも来ません。

RIMG32500901.jpg

10時を過ぎるころ、次第に風が吹き始めました。
予報通り。白い兎も現れます。
風が吹いても夢心地でした。

RIMG32520954.jpg

もう三枚釣っていましたが、60オーバーをタモいれ寸前でばらした I 氏は
イライラした様子でした。
へたり込んで釣れていない私を見かねたのか、
「立って釣らな釣れへんで!」と言ってきました。
それもそうだ、もう11時30分を過ぎているし、
最後くらいはつらくても立って釣ろうと気合を入れて釣り始めると
すぐにあたりがあって、乗りました。

しかし、これはマトウダイでした。
RIMG32581147.jpg


結局この後すぐ、根がかりして仕掛けとおもりをロストしてしまい、
納竿としました。

釣果です。
RIMG32701311.jpg

ヒラメが釣れなかったので、船長がいけすに生かしてあったヒラメを一匹恵んでくれました。
ありがたく持って帰ることにします。

RIMG32711312.jpg


下船してもふらふらしていました。

実は翌日私だけ熊野の渡船で磯釣りする予定で熊野市内の旅館を予約していました。
I 氏は心配して、体調不良時に磯渡は危険だからやめとけと言います。
I 氏のアドバイスに従います。
夕方、熊野市の旅館に着いたら、ビール飲んで寝てしまいました。
旅館の夕飯ができたという電話コールで目覚めました。
夕飯を食べるとすぐに風呂に入りまたすぐに寝ました。
疲れもあったのだと思います。

翌朝、前から行きたかった湯ノ口温泉に行くことにしました。

RIMG3273yunokuti.jpg

ここはいい温泉でした。
秘境にあるので日曜日でもガラガラです。
疲れが取れました。
4時間かけてゆっくり大阪へ帰りました。
こんどこそ大ヒラメを釣ってみたいものです。