FC2ブログ

つれづれの記事 (2/4)

深海魚の天ぷら

 先日、京都の宮津の釣り船で鬼カサゴ釣りの予定だったのですが、
悪天候のため、船が出ませんでした。
休船が決まった夜、近所の鮨屋さんで晩御飯をひとりでとっていたところ、
大将が気を利かして深海魚の天ぷらを食べないかと勧めてくれました。
ネタはメヒカリとゲンゲです。
メヒカリとゲンゲ
左がメヒカリ、右はゲンゲです。
 天ぷらは両方盛り合わせで出てきました。
ゲンゲとメヒカリの天ぷら
手前がメヒカリ、右奥がゲンゲです。
 メヒカリは美味しかったです。
ゲンゲはなんかぶよぶよして、コラーゲンの塊みたいなところが、
もう一つで残してしまいました。
この晩はビール小瓶1本、あつかん二合2本、レモンチューハイ2杯。
飲みすぎですね。
なんか酔ってしまって、
鮨屋の大将と女将さんにべらべらとしゃべっていました。
悪い癖です。
今週末は釣行します。
平和で天気がよいことを祈ります。

喪があけて

 今月末に久々の釣行予定が決まりました。
来月3月末も決まりました。
天候次第なんですが。

 じっと私を待っていただいていた方々がおられました。
釣り仲間とはありがたいものです。

 天候は良くないですが、水温はさほど低くはなっていないようです。
寒いときの魚は美味しいんです。
あこがれの寒グレでグレしゃぶ。
食べたことがないんです。
40オーバーを釣って、さばいて食べたいです。

 さあ、これからぼちぼち準備です。
仕事もがんばって片付けましょう。

クエ

 亡くなった親父は強いアレルギー体質で、青魚や白身でも臭いが受け付けない、
鯛やアジでも食べたら即おう吐でした。
 したがって食べられる魚は限られていて、それはトラフグでした。
我が家の鍋はきまってトラフグのてっちりという贅沢なものでした。
そんな親父が新たに食べられる魚を見つけてきました。
それがクエでした。九州や関東ではアラとかモロコと呼ぶ魚です。
kue_convert_20170126194053.jpg
(あるサイトから勝手に拝借:あかんかったら言ってください)

 約40年前、大阪曽根崎新地に「吉在門」という店があって、
そこで、天然クエの鍋を初めていただき、その味に相当やられてしまったようでした。
早速家族を連れて、再来店し、子どもの私もいただきました。
あぶらは浮いているけど、非常にあっさりとして、うまみがあって、美味しかった。
天然クエはそれ以来いただいたことがありません。
偽クエは何度かいただきましたが酷いものでした。
あの天然クエをもう一度食べてみたい。
 ということで、親父の供養に今年はクエ釣りを始めてみようかと、
いろいろネットを見ていますが、道具は高いです。
 今までたくさん買った道具も転用できそうなものは何一つありません。
どうしたものでしょうか。
「@ベリーネット」というところで中古品をあさりますが、
新規会員登録に何度登録してもこちらにメールが返ってきません。
「おまえにクエ釣りは無理」
という天の声なのか。

初めての海の釣り

 初めての海の釣りは中学生のとき。
親父が海釣りにはまっていた2年間の淡路島での投げ釣りです。
真夜中の3時に起きて、西宮港から「甲子園フェリー」に乗船し、
津名の志筑港で下船し、いろいろな浜やちょっとした磯で親子で、
釣り糸を垂らしました。

 親父の創業した事業を継いだので、一緒に仕事をして、
結構激しいやり取りや衝突もあったり、
子どものころから、親父に比べて出来の悪い私は、
ずいぶんと落胆させて、
それにおいても衝突がたくさんありました。

 そんな親父も昨年末に92歳で亡くなりました。
いろいろあったはずの親父との思い出は、
なぜか淡路島での釣行でのことです。
海が好きだった親父。
やさしかった親父。

 四十九日は2月某日です。
3月からまた行きましょうか。

12月は悩ましい

 磯釣りに行くために、付け餌を段取りしました。
付け餌用ボイルを解凍して、頭と身がしっかりしていて、くるっと丸まったエビを選別し、
マルキュウの漬け液に浸します。
IMG_2861[1]_convert_20161207110624

凍らせて置いていますが、忙しくて釣行できそうにもないですね。
おまけに年末の釣行だけはやめてくれと連れあいさんから頼まれました。
12月は悩ましいです。
さあ仕事仕事。

↓ランキング参加中です。色々な船釣りブログがあります。
クリックしてご覧ください。↓


にほんブログ村

船釣り ブログランキングへ
ブログ王ランキングに参加中!




【指定第2類医薬品】アネロン「ニスキャップ」 9カプセル



オカモト 業務用ピチット 32R(32枚ロール)



鎌田 だし醤油500ml 4本入り