FC2ブログ

チヌ(黒鯛)料理の記事 (2/2)

チヌ(クロダイ)のあらだき

 船長に釣ってもらったチヌ(クロダイ)の最後の料理は「あらだき」です。
これは、晩餐が終わり、洗い物をしながら作りました。
我が家は、料理を作った人が洗い物をするという暗黙の了解があります。

IMG_1990_convert_20160519080521.jpg

《こうして作りました》
1.水:適量1、料理酒:適量1、しょうゆ:適量0.5、みりん:適量0.3を
 鍋に入れ、沸騰させて、酒とみりんのアルコールをとばします。
2.チヌのあら、玉ねぎ(短冊)、えのきたけ、ごぼうを入れて、
 アルミホイルで落としぶたをして、煮ます。
3.煮えたら、味見して、しょうゆで整えます。完成。

 実は、私は食べていません。翌日、夜に帰宅したら、なくなっていました。
全部食べたわけではなく、残りは捨てたようです。
うちの嫁はんは自分の判断で、
なんでも捨ててくださる、素晴らしい方です。
嫁はんに「おいしかったのかな?」とおそるおそる聞くと。
「おいしかった」という力ない答え。

今回のあらだきは二つのことを忘れています。
まず、
1.あらを鍋に入れる前に、熱湯をかけて、臭みを取る。
そして、
2.鍋に、しょうがを一切れ入れる。
これも忘れていました。
たぶん臭かったのかも。
失敗でした。
失敗を繰り返し、料理は上達します。
 私の釣りは釣った魚を料理して、家族に食べさせて、
終わります。
今回のウタセマダイ釣りはこれにて、終了です。

【煮魚・あらだきに大きめの雪平鍋30cm】


20-0 ロイヤル 雪平鍋 30cm XYD-300


【ベストセラーみりん】


味の一 味の母(みりん) 720ml



チヌ(クロダイ)のアクアパッツァと白子のポン酢あえ

 船長に釣ってもらったチヌ(クロダイ)でアクアパッツァも
つくってみました。

IMG_1987_convert_20160519080436.jpg
イタリアンです(たぶん)。これもシャンパンがあいました。
白身魚なら、なんでもできそうです。
白ワインに乳化した、バターとオリーブオイルのスープに
アサリと魚のだしが溶け込んで美味しくなります。


《こうして作りました》
1.さく取りしたチヌ(クロダイ)を一口大に切り、塩、コショウします。
2..これに小麦粉をつけて、粉をはたき、深めのフライパンに
 多めのオリーブオイルを引いて、焼きます。
3..両面が焼けたら、あさり400g、スライスしたトマト、少し塩ゆでした三度豆、
 スライスしたニンニク、を投入して、少し炒めます。
4..安めの白ワインをドバドバ浸るくらい入れます。
5.ふたをして、蒸し焼きにします。
6.アサリが開いたら、弱火にして、バターをお好みでのせて、とかします。
7.味見して、塩コショウで味を整え、完成です。

番外編として白子のポン酢あえです。
IMG_1989_convert_20160519080601.jpg
我が家は白子を基本食しません。
実験的に作って、一口づつ、味見です。

《こうして作りました》
1.白子をよく洗います。
2.適当に切って、刻みネギをのせて、その上から
 ポン酢をかけて、完成です。

あっさりとした味。トラフグやたらの白子は濃厚な味ですが、
そのような濃さはありません。
これを食べた翌日に、北新地で真鯛の白子の茶わん蒸しを
いただいたのですが、その時に気付きました。
湯通しか少しでも煮たらよかったんじゃないかな?
そうすれば、もう少し濃い味になったのかも。
失敗です。こうした失敗を積み重ねて、
料理は上達します。

【おすすめの料理用白ワイン】


サントリー 料理天国(白) 500ml紙パック



メルシャン おいしい酸化防止剤無添加白ワイン ペットボトル 1500ml


【おすすめのロゼ】


モエ・エ・シャンドン モエ ロゼ アンペリアル 750ml





チヌ(クロダイ)のカルパッチョ

 船長に釣ってもらった、チヌ(クロダイ)のさくでカルパッチョも作りました。

IMG_1984_convert_20160518120309.jpg
この状態から、黒コショウとあら塩を上から適量をパラパラかけて出来上がりです。

《こうして作りました》
1.新玉ねぎ(大)、半分を薄くスライスし、水にさらして辛味をとります。
2..スライスした玉ねぎを水を切って、皿に平らに盛ります。
3.エキストラバージンオリーブオイル大さじ1と
 レモン汁大さじ1と
 白ワインビネガー大さじ1と
 塩適量、黒コショウ適量
 以上をまぜて、ドレッシングを作ります。
4.皿に盛った玉ねぎの上に、薄くスライスしたチヌの切り身を盛ります。
5.薄くスライスしたトマトを盛ります。
6.刻み葱、イタリアンパセリを盛ります。
7.作っておいたドレッシングを上からかけまわします。
8.仕上げに、お好みで、あら塩と黒コショウをバラパラして出来上がり。
9.作って少し置くと、なじんでおいしいです。

 シャンパンがあいました。
おいしい魚料理は家族に対して、釣行への理解を得る、大きな役割を果たします。

【おすすめのシャンパン】

本格シャンパン製法の極上の泡6本セット((W0GX69SE))(750mlx6本ワインセット)


【おすすめのオリーブオイル】

アルドイノ エキストラヴァージン オリーブオイル フルクトゥス 750ml


【おすすめの黒コショウ】

ギャバン ブラックペッパー荒挽き 420g 丸缶


Amazon.co.jp

チヌ(黒鯛)をさばいて、刺身に。

 船長に釣ってもらって、持ち帰ったチヌ(黒鯛)をさばいて、さく取りし、
刺身にしました。

IMG_1978_convert_20160516122444.jpg

うろこを落として、頭を落としました。
腹パンまでではなかったのですが、ノッコミでした。
白子が出てきました。

IMG_1979_convert_20160516122526.jpg

三枚おろしにして、さく取りしました。

IMG_1980_convert_20160516122641.jpg

一晩おいたのですが、身は柔らかく、美味しそうです。

あら です。あら炊きしてみようと思います。
さて、洗ってみればきれいな白子です。どうしましょうか。
IMG_1982_convert_20160516122606.jpg

刺身です。中学三年生の娘が盛りつけました。
IMG_1983_convert_20160516153718.jpg
チヌの刺身ははじめてです。
くせがなく、美味しい白身です。真鯛とはまた違った、風味でした。
チヌはくさいと言われますが、全然そんなことはありません。
沖で獲れたチヌだからなのでしょうか。

そのほかもチヌの料理をいくつか作ってみました。
後日紹介したいと思います。

【おすすめの出刃庖丁】

関孫六 金寿 ST 和包丁 出刃 150mm AK-1101

【おすすめの柳刃包丁】

関孫六 金寿 ST 和包丁 刺身 240mm AK-1106

【おすすめのうろこ取り】

貝印 SELECT 100 うろこ取り DH-3016


Amazon.co.jp