FC2ブログ

イサキ釣りの記事 (1/1)

三重県鳥羽市石鏡の船釣り午前便_2018.7.18

 「また来週」という私の予告通り、
1週間後の18日の午前5時前には石鏡港に到着しました。
今回は同行者がいて、
釣り初心者W氏と船釣り初心者S氏2名と私の三名で予約しました。
W氏とS氏はすでに到着していました。
我々以外には四名の高齢者グループが来ていて、
すでにクーラーを置かれて場所取りされていました。

 二人の道具の段取りなどに追われて、
あわただしく時間は過ぎ、出港となりました。
私は左舷ミヨシ、W氏が左舷胴、S氏が左舷トモ寄りの胴に釣り座をかまえました。
RIMG1963_0533.jpg
この日の潮はこんなでした。
Image-1.jpg

タックルはこんなでした。
【イサキ釣り】
竿:シマノ ライトゲーム CI4+ モデラートTYPE64 H210
リール:シマノ フォースマスター800
道糸:PE2号300m巻く
仕掛け:天秤カゴ仕掛
天秤50センチ、ゴムクッション50センチ
船支給:吹き流し、フロロ2.5号4.5m、イサキ鈎3本針
錘:80号
カゴ:サブマリンS
まき餌:アミエビ(船支給)
さし餌:ハードコートオキアミLL~3L、イカタン

【タテ釣り(本カツオ狙い)】
竿:アルファタックルMPGデッキスティックセブンスリー213 2.1M
リール:シマノ ビーストマスター3000
道糸:PE4号300m巻く、ショックリーダ40lbを5m結ぶ

仕掛け:伊勢湾チョクリ10号
錘:80号

RIMG1964_0601.jpg


 船は30分以上走ったでしょうか、
先週と同じようなポイントにアンカーを下ろしました。
海上はなぎ。風は微風。潮は青い色。
濁り潮はなくなっています。
職漁船が2隻近くにいます。
RIMG1965_0602.jpg

二人にW氏のタックルでイサキ釣りの実演をしながら仕掛けを落としました。
強調したのは、タナ取りがすべてだということ。
タナ取りはリールのカウンターではなくて、
道糸のマーカーを数えて、タナを取るということ。

 船長の指示は、「40mから35mを探ってみて」
ということだったので、40mで仕掛けを置いていると早速あたりです。
W氏にタックルを渡して、巻き上げてもらいました。
30センチ近いイサキが一匹かかっています。
S氏もあわてて自分の仕掛けを投入します。

 二人の面倒見が第一だったので、
私も遅れて始めました。

 40mでボツボツとかかります。

6:56 
RIMG1967_0656.jpg
8:14
RIMG1968_0814.jpg

丸ソウダガツオが邪魔します。
ヒスタミン持ちですが、おいしいので持ち帰ります。
W氏S氏ともに大きなゴマサバがかかります。
私には来ません。
8:15
RIMG1969_0815.jpg

イサキ釣りをしながら、本カツオ狙いのタテ釣りタックルも準備しました。
RIMG1971_0817.jpg
しかし、イワシらしきベイト反応は探見丸に現れません。

8:29
RIMG1973_0829.jpg
8:44
RIMG1974_0844.jpg
8:55
RIMG1975_0855.jpg
8:57
RIMG1976_0857.jpg
9:01
まとまったベイトの反応が現れますが、
これらはイサキの大群のようでした。
RIMG1977_0900.jpg
9:02
RIMG1978_0902.jpg
9:38
RIMG1979_0938.jpg
9:45
ダブルで釣れました。
追い喰いを誘いますがなかなかダブルでは釣れませんでした。
RIMG1980_0945.jpg
9:51
RIMG1981_0951.jpg
9:57
RIMG1982_0957.jpg
10:07
RIMG1983_1005.jpg
10:22
この日いちばんの大物33センチでした。
RIMG1984_1022.jpg
11:49
丸ソウダがダブルでかかり、仕掛けをぐちゃぐちゃにされてしまいました。
RIMG1985_1149.jpg

ここらで、納竿とします。
結局、イワシらしいベイトは現れず、
タテ釣り仕掛けを数回下ろしましたが、20センチほどのマアジがかかっただけでした。
船長に見せると、大きすぎて何も喰ってこんというので釣果にしました。

港へ帰ります。
RIMG1986_1240.jpg

釣果です。
RIMG1988_1241.jpg
イサキ 25~33センチが15匹。
マアジ 20センチが2匹。
丸ソウダガツオ 40~45センチが8匹。リリース5匹。
W氏は船酔いで休憩時間も多くて、イサキ4匹、45センチのゴマサバ1匹
そして、驚いたことにマグロを釣りました。
30センチほどのヨコワです。
S氏はイサキ10匹、ゴマサバ3匹、丸ソウダ10匹以上でした。
二人には前回のヒラメ釣りに続いて、船釣りを堪能してもらえたようです。

海上は涼しかったけど、港に降りたら暑かったです。
帰りの車中でテレビが「危険な暑さ」を連呼していました。
日本の気候もえらいことになってきたようです。

三重県鳥羽市石鏡の船釣り午前便_2018.7.10

 メインで乗っている釣り船の釣果ブログに
本カツオが釣れたと載っていました。
釣り船始まって以来のお初の釣果らしいです。
私はカツオを釣ってみたくて、御前崎の釣り船をチェックしていたほどで、
今回またとないチャンスを逃すまいと、必死で仕事を片付け、
平日に鳥羽の石鏡港へたどり着きました。
RIMG1932_0500.jpg
まだ早朝。5時です。
豪雨の影響で、港内にはゴミがいっぱい。
海水も緑っぽいドブ水のような色。
見事な濁り潮です。ここまでの濁り潮は初めて見ました。
本カツオはイサキ釣りの途中、タテ釣り仕掛けで船長が釣ったそうです。
豪雨の直前のことで、昨夜の電話では、濁り潮がひどくて、
本カツオはあまり期待できない、
イサキに重点を置いた方が釣果が堅いと言われていました。
イサキ釣りの途中、探見丸にベイトが現れたら、
タテ釣りの仕掛けを出してもいいという許可を船長からもらいました。

 潮はこんなでした。
IMG_2238.jpg

 5時30分。
私以外のお客は名古屋からの高齢アングラー2名。
計3名のお客を乗せた釣り船は港を出港しました。
釣り座は右舷トモ。
名古屋のお客は左舷胴に並びました。
RIMG1935_0530.jpg

船から見ると波が緑色です。
ドブ川のような色。
RIMG1945_0808.jpg
見るからに厳しい状況です。
船はしばらく走って、相差鯨崎のかなり沖に着きました。

タックルはこんなでした。
【イサキ釣り】
竿:シマノ ライトゲーム CI4+ モデラートTYPE64 H210
リール:シマノ フォースマスター800
道糸:PE2号300m巻く

仕掛け:天秤カゴ仕掛
天秤50センチ、ゴムクッション50センチ
船支給:吹き流し、フロロ2.5号4.5m、イサキ鈎3本針
錘:80号
カゴ:サブマリンS

【タテ釣り(本カツオ狙い)】
竿:アルファタックルMPGデッキスティックセブンスリー213 2.1M
リール:シマノ ビーストマスター3000
道糸:PE4号300m巻く

仕掛け:タテ仕掛け(胴付き)、幹ナイロン13号
エダスフロロ12号40センチ、鈎10号8本針
錘:80号
RIMG1952_1113.jpg
同時には仕掛けを降ろさず、
必ずどちらかを巻き上げてから、仕掛けを降ろすというルールです。

探見丸を見てもたいしたベイトは見当たらないので、
お土産確保のため、イサキ釣りに専念します。

水深は55m。
船長の指示棚は40m。35m付近まで探ってみてということでした。
第一投。40mで置き竿してると何かかかりました。
決してあわせず、追い喰いを誘うようにゆっくり5m程巻いてから、
遅めに電動で巻き上げました。
今回はリールのカウンターではなく、道糸のマーカーで棚をとっているので、
かなり正確でした。
6:28
RIMG1937_0628.jpg
さし餌はハードコートオキアミのLLでした。
この日は、イカ短と半ボイルオキアミには喰ってきませんでした。
釣り船支給の撒き餌はアミエビ。
カゴに入れて使います。

6:34
RIMG1938_0634.jpg
6:41
RIMG1939_0641.jpg
6:47
ダブルでした。
RIMG1940_0647.jpg
7:00
RIMG1941_0700.jpg
7:06
RIMG1942_0706.jpg
7:15
RIMG1943_0715.jpg

7時30頃から喰いが止まりました。
九州付近にいる台風の影響なのか、
大きなうねりがありました。
船はけっこう揺れます。
RIMG1944_0816.jpg

場所を変えながら釣りますがあたりはありません。
ベイトも来ません。

9:21
RIMG1947_0921.jpg
9:25
RIMG1949_0925.jpg

9時過ぎたころ、ぼつぼつと2匹釣れました。
それ以外はなにもおきません。
名古屋のお客さんはまったくだめなようです。
トモに来た方は一匹だけだといいます。
外道もいません。

長い長い釣れない時間が過ぎました。
11時半。もう納竿の時間のはずですが、船長の放送はありません。
今日は船長は竿も出していません。
よっぽど状況が悪いのでしょう。

探見丸におやっという反応がやっと現れ始めました。
RIMG1953_1127.jpg
RIMG1954_1138.jpg
RIMG1955_1140.jpg

帯状のベイトの群れが延々と続いています。
イサキ釣りの仕掛けを上げて、タテ釣り仕掛けをあろします。
本カツオがついてきてくれればいいのですが。
ドキドキしながらベイト誘っては、底に下ろすを繰り返しました。
掛っていたベイトはこいつでした。
RIMG1957_1203.jpg

小サバです。
トモに来て、
「ベイトはなんや?」と聞いてきた船長に
「小サバや」というと
「本カツオが喰ってるのはイワシや」といって、
落胆した様子で、操舵室へ帰ってゆきました。

結局、タテ釣りでは何もかかりませんでした。

12時過ぎ、納竿です。
港へ帰ります。
RIMG1961_1245.jpg

釣果はこんなでした。
RIMG1958_1225.jpg
26~33センチイサキが11匹。

女将さんからはこんな状況でよく釣れた方やとなぐさめられました。
私が来週また来るというと、
船長は潮が変われば、本カツオのチャンスはまだあるといいました。

今度こそ、本カツオを釣ってみたいものです。

三重県鳥羽市石鏡の船釣り午前便_2017.6.27

 船釣りでいちばん苦手なのは、
天秤コマセ釣りで、その釣法を用いるイサキ釣りでは
今までろくな釣果がありませんでした。
2015年は4匹。2016年は1匹。
いずれも決して他客も釣れていないわけではなく、
私だけ釣れていませんでした。
今年もイサキ釣りに挑戦すべく、
なんとなく釣れそうな潮を狙って予約を入れました。
釣り船はいつものメインで乗っている鳥羽エリアの船。
私が未熟者で迷惑がかかるので釣船名は秘密です。

 目標は10匹以上。
午前便でイサキ、午後便でウタセマダイと欲張った、
予約を入れたので前日夜から釣り船の民宿に泊まり、
翌朝目覚めると、午前4時。
夜明け前です。
窓から海を見ると、なぎのようです。
IMG_1079_170627 (2)
潮はこんなでした。
IMG_1063_170627.jpg
港に降りて、堤防から眺めると、
やはり、なぎです。曇りで風はありません。
IMG_1079_170627 (3)
午前5時半、船長が軽トラで登場です。
ほどなく、船は出港しました。
お客は私ひとり。
釣り座は右舷トモに構えました。
しっかりタナを取って釣りたいと思います。
IMG_1079_170627 (4)
コマセは船支給のアミエビ。
IMG_1079_170627 (1)
刺しえは自分で買った、
ハードオキアミのLLと赤イカタンです。
タックルはこんなでした。

竿:シマノ海春50-240 6:4調子 錘負荷30-100号
電動リール:シマノフォースマスター800 
道糸:PE2号200m リーダーとしてフロロ6号を3m結ぶ。
天秤:50センチ、錘60号、サブマリンS、クッションゴム2mm50センチ
仕掛け:ハリス2号、イサキ針、全長2.5m3本針

船はしばらく南へ走り、
的矢湾沖に到着しました。
みると、周りに10隻以上の釣り船、職漁船が見えます。
イサキの漁場となっているようです。

 船長からまず、タナ30から25位で探ってくれと言われました。
6時過ぎ、早速、始めると、べラが釣れました。
IMG_1079_170627 (5)
リリースです。
 次に釣れたのはウマズラハギ。
IMG_1079_170627 (6)
こいつはキープです。

 しかし、なかなかイサキがかかりません。
はじめて1時間たったころ、船長が30で
喰ってくるぞと言ってきました。
船長も左舷操舵室横で竿を出していました。
私が「30でおいているけどイサキは釣れん」というと、
おかしいなと首をかしげます。

 すると、それからすぐに1匹イサキが釣れました。
IMG_1083_170627.jpg

 この後は、ぼつぼつという感じでイサキが釣れました。
刺しえは赤イカタンはまったくだめでオキアミに喰ってきました。
IMG_1081_170627.jpg

 船長がたびたび、トモに来ては、
今25で釣れた、32で釣れたと
教えてくれますが、
なかなかそのとおりには釣れませんでした。
喰いダナはころころと変わっているようです。
私自身も1m単位で上へ下へとタナを探りました。
今回は、PEを3m切って、リーダーを3m結び、
リールのカウンターではなく、
PEの1mの印と10mごとの色でタナを取っていましたから、
タナは正確に取れていたと思います。
探見丸の反応も良かったです。
IMG_1079_170627 (9)
しかし、もうひとつダメでしたね。
仕掛けがらみも多かったです。
5セットは使ったのではないでしょうか。

 今回、意識したことは、
タナを道糸のカウントで正確に取る。
コマセは指示ダナの仕掛けの長さ3m下で振って、
指示ダナまで巻き上げ、待つ。
かかってもあわせを入れず、
ゆっくり5m巻いて追い喰いを誘う。
無ければ電動12速でゆっくり巻き上げる。
結局、ばらしは1匹だけでした。

 一生懸命タナを教えてくれていた船長には
納得してもらえない釣果だったと思います。
最後の方には、やっとツ抜けは出来たようですが。
今回なにが足りなかったかは分かりません。
IMG_1086_170627.jpg

 11時40分、船長の「終わろか」の一言で、
納竿です。
雨も降らず、曇りで、涼しく、釣りやすい天候でした。
港に帰る途中、イサキは自分でしめました。
今回、間切り庖丁を用意して、
自分で研いで持ってきていました。

辰守 間切包丁105mm

漁師が使う包丁で、魚をしめたり、
ロープを切ったりするのに使うそうです。
船上で使いやすい包丁でした。

IMG_1088_170627.jpg

港へ帰ります。
IMG_1090_170627.jpg

 午前便の釣果です。
IMG_1106_170627.jpg
イサキは34センチ、31センチ、30センチ×3匹、29センチ×2匹、
28センチ、26センチ、25センチ×2匹、18センチで合計12匹。
ウマズラハギ28センチでした。

 目標の10匹以上はクリアしました。
しかし、30匹以上は釣れないとかっこ付かないですね。
次回がんばりましょう。

 港には磯釣り師 I 氏が待っていました。
昼からはI氏と午後便でウタセマダイ釣りをします。

イサキ釣り_2016.6.26_三重県鳥羽エリアの釣り船

三重県鳥羽エリアのある港のある釣り船へイサキ釣りに行ってまいりました。
まだ私がビギナーで未熟者であるが故に迷惑がかかるので船名は出しません。
メインで通っている船です。

 25日の磯釣りが悪天候で中止になり、急きょ、予約をしました。
今回、同行者はいません。
午前4時港に到着。
気温が低めですが、風はありません。
防波堤に登って、海を眺めると、なぎ です。
IMG_2187[1]_convert_20160627171410
 
金曜日の予約時は私を入れて2名ということだったのですが、
当日着てみると、7名いました。
5時。船長が軽トラで登場です。

 当日の潮はこんなです。
IMG_2183[1]_convert_20160627171458

 クーラーを一番に置いたので、好きなところを選べます。
好きな左舷のトモに釣り座をかまえます。
IMG_2191[1]_convert_20160627172044

 午前5時半出港。ポイントに到着したのは6時。釣り開始です。
餌は付け餌がオキアミ(半ボイル)LLとイカを米粒の大きさで切ったもの。
撒き餌は船支給のアミエビです。
仕掛けは、天秤仕掛け、錘80号、錘の上にサニーカゴをつけています。
天秤の先には全長4mのハリス2.5号3本針フカセ仕掛けがついています。
道糸はPE2号をフォースマスター800に200m巻いて、
ショックリーダーとしてフロロ6号を5mつないでいます。

 初めの第1投の棚は30~35m。水深は45mです。
35mでコマセを振って、2,3回リールを巻き、しばらく待つと、あたりがあり、
何かがかかりました。上げてみると23センチのイサキです。
ああ、これは入れ食いになるかな?と思ったのですが、
第5投まで同じ棚でコマセ振って、待つのですが、なにもかかりません。

 潮は2枚潮で底潮の流れが強く、左舷トモから右舷ミヨシへ流れていきます。
私の道糸が右舷トモの底の下をくぐって流れていきます。
コマセ釣りですから、私の釣り座が一番不利。
コマセ撒き係のようなものです。
一番で選んだ釣り座が一番不利とは情けない話です。
右舷の人々は何やら釣れています。
「入れ食いだ」の声も聞こえます。

 天秤フカセの釣りは、いちばん苦手です。
すぐに仕掛けが絡まり、交換、また絡まり、交換。
船長支給の仕掛けも瞬く間になくなり、
自分で購入してきた仕掛けも絡まります。

 ふと探検丸を見ると、40m付近に、真鯛らしき反応が見えます。
迷わず、そこらあたりまで落として振ってみました。
すると、何かがかかりました。そこそこの引きですが、真鯛ではありません。
あがってきたのは、こいつが三連でした。
IMG_2188[1]_convert_20160627171830

「金魚とちゃうねんから」思わず声が出ました。

 ふと、振り向くと船長が近くにいました。以下会話です。
「船長、これはなんていう名前の魚かな?」
「それはなあ、キンギョや」
「キンギョか、そのままやな」
「それが釣れるって、でも、おかしいなあ?何メーターの棚で釣れた?」
「40m」
「はあ??棚は何メーターいうた?」
「30~35m」
「そうやろ。こまるなあ、ボクの言うた棚でちゃんと釣ってくれんと!」
「はい!すいません」
いきなり、怒られました。

 また目をつけられた私はしばらく船長の監視下で釣ることになりました。
天秤仕掛けを下ろすと15m付近で止まります。
「あれ」と言っていると、船長が「サバや、あげてみ」といいます。
あがってきたのは、40センチの丸まる太ったゴマサバでした。
ゴマサバを釣ったから良しとしたのか、見放されたのかよく分かりませんが、
船長は黙って去って行きました。

 その後は、海面から15mでソーダガツオ(マルソウダ)、15mから30mでゴマサバ。
指定棚の35m付近で、大きな真アジが釣れました。

 道糸の1mごとの印が見辛くなっていて、リールのカウンターが正しいのか確認できず、
棚を確信できなくて、ふらふらとした釣りになってしまいました。

 イサキが最初の1匹しか釣れなくて、焦りましたが、
途中から開き直り、ゴマサバとマルソウダが釣れると、さば折り、いけすで血抜き、
血が抜けたら、はらを開いて、内臓とえらを取っ払い、腹の中をとことん洗い、
氷のクーラーにて保存という作業に没頭していました。
もちろん、真アジもナイフでしめた後、いけすで血抜き、クーラーで保存です。

 11時30分納竿です。
何かすっきりしない釣行でした。
帰港します。
IMG_2197[1]_convert_20160627172207

 クーラーの中
IMG_2198[1]_convert_20160627171931

 竿頭の人はイサキ40匹。私は1匹。これは釣り座の差以上の差が存在するのは明白です。
昨年の同じ船のイサキ釣りも、さえんかったなあと思いだしました。

潮:小潮
竿:アルファタックル デッキスティックインスピレーション201
リール:シマノ フォースマスター 800 
釣果:イサキ23が1匹、マアジ34~37が3匹、ゴマサバ38~43が3匹
ソーダガツオ(マルソウダ)35~40が4匹
キンギョ3匹リリース。

↓ランキング参加中です。色々な船釣りブログがあります。
クリックしてご覧ください。↓


にほんブログ村

船釣り ブログランキングへ