FC2ブログ

イサキ釣りの記事 (1/2)

三重県鳥羽市石鏡の船釣り貸切午前便_2019.6.26

 あるつながりによるメンバー8名で貸切によるイサキ釣りをしました。
5時集合。
世話役の私が前泊した釣り船の民宿から4時前に港へ降りてくると全員集まっていました。
皆さん張り切っています。
RIMG3603.jpg
凪で無風。
釣り日和です。
5時40分船は出航しました。
RIMG3605.jpg

私は右舷トモ。
となりの左舷トモには波止釣り師H氏です。
彼が船に乗ってきたのは久々です。
いつもちょこちょこ釣っては竿頭になるH氏。
今日はどんな釣りを見せてくれるのでしょうか。
実は最近彼は船釣りのタコ釣りにはまっていて、
タコ釣りの竿とリールでやってみるといいます。
「安もんのタコのタックルでイサキが釣れるわけないやろ」
私は言いますが、頑固者のH氏は耳を貸しません。
RIMG3606.jpg

ポイントに着きました。
皆で同じ棚にアミエビをまいて、さあ、釣れるはずなのですが、
だめです。釣れません。
時々、マルソウダガツオが釣れる程度。
RIMG3607.jpg


と言っているうちに、さっそくH氏が35センチのイサキを釣り上げます。
タコタックルで。
が、しかし。
RIMG3608.jpg

水深30mから40mにイサキらしい魚群が現れますが、
喰いません。

私は持参した生オキアミLをカゴに入れてまいていました。
しかし、喰いません。

RIMG3609.jpg

なんか飽きてきました。
別の釣りをします。
今日は貸切なのでなんでもできます。
やってみたい釣りはすべて船長に言ってあります。

イシダイ釣りの仕掛けをもってきていました。
強めの竿にビーストマスター3000をつけて、
道糸PE3号、リーダー40LBで胴付き1本バリ。
ハリスはイシダイ用ワイヤハリス+イシダイ針を
らせんサルカンにつけて、
エサはサザエです。
前日に鳥羽イオンで2個240円という信じられない価格で買ったサザエです。

殻を割ってむき身にしています。
RIMG3613.jpg


底まで降ろして、底を少しだけ切った状態でまちます。
船長が見に来ています。
「ほら、なんか触ってる」
「さあ、喰ってこいイシダイ」
触りに来た魚はどこかへ去ったようです。
船長が
「イシダイやってる釣り船が近くにおるから可能性はあるぞ」
というので、しばらくやってみますが、
何も喰ってきません。

飽きてきました。

タテ釣りをしてみます。
イシダイの仕掛けを外して、ハイパータテ釣りハリス10号をつけてみます。
ベイトが現れたので魚群と底を上下させますが、
ベイトがつきません。
H氏が釣った小サバをつけてやりますが、
なにも喰ってきません。

これも飽きてきました。

次にやってみたかった釣りをしてみます。

釣りビジョンででみた完全フカセの釣りです。
イサキの仕掛けを外して、
鯛針13号の3本針の仕掛けをつけます。
生オキアミLはこのためにに持ってきていました。
撒き餌をまいて仕掛けをいれます。
竿はがまかつ真鯛ハイパースペック。
これは、ウタセマダイ、完全フカセ兼用で、
おもり負荷が0号から80号です。
RIMG3615.jpg
カウンター付き手巻きリールに完全フカセ専用フロロカーボン5号を300m巻いています。
生オキアミをまいては道糸を手で送り出します。

すると15mを超えると、道糸は潮の流れに乗った仕掛けに引っ張られて、
ぼつぼつと出ていきます。

また、船長が見に来ました。

しばらく無言でみていましたが、
「今日はうわ潮と底潮が正反対で流れているから、完全フカセには厳しい潮やぞ」
とだけいうと、再び去ってゆきました。


100m流したら回収して、また100m流すというのを繰り返していました。

やっぱり私は仕掛けを流して、喰ってくるのを今か今かと、
わくわくしながら待つという釣りが好きですね。
この釣りが一番楽しかった。
大鯛が喰ってくると信じていました。
「大鯛は必ず来る、きっとくる、俺に来る」
心で念じていました。

五流し目だったでしょうか。
90mあたりで、道糸がシャーと出ました。
「きたー」
私が言うとすでにイサキを6匹釣っていたH氏がこちらをみています。
どうもマダイの引きではありません。
巻いているうちに魚の正体がイメージできました。

RIMG3614.jpg

マルソウダです。
あまりうれしくありませんが、完全フカセで釣り上げた、
記念すべき一匹です。

このあと三流ししてみましたがなにも喰ってきません。

さすがに飽きてきました。

別のやってみたかった釣りをやることにします。
三尾でヒラマサを釣るために買った竿があります。
がまかつがま磯メタルキャストH。
ふかせ師が目の前にナブラが現れた時に
ジグやルアーを投げるための竿。
こいつに「別注ヒラマサ」というルアーを取り付けて、
持ってきていました。
リールはレマーレ5000にPE2号をまいて、リーダーつけていました。
練習も兼ねて、船首から投げてみることにします。
船長に声をかけると、
「来しなにナブラがおったんやけど、今はまったくおらんぞ」
といいます。
いいんです。練習ですから。
心の中で言って始めました。
何度か投げます。

隣の釣り船のお客が驚いた顔でこちらを見ています。
気にしません。

80gのルアーなのでよく飛びます。
ポイントが変わるたびにナブラや海鳥を目で探しました。

なにも喰ってきません。
ルアーを追う魚もいません。

時間が無くなってきました。

次にやってみたかった釣りに移ります。
ジギングです。
赤金のジグをつけて、
スローピッチジャークとやらをやってみます。
何度かやってみますがジグが軽いのか流れます。
左舷トモの自分の釣り座に戻ってやってみますが、
なにもあたりません。
すぐに左腕がだるくなってきました。
やめます。
いちばんおもしろくない釣りでした。
二度とすることはないでしょう。


このあと、さすがにまずいと思い、
イサキ釣りに戻りますがなにも喰ってきませんでした。

12時30分。
「残念ですがこれで終わりましょう」
とういう放送があり納竿です。

RIMG3616.jpg

イサキを釣ったのは左舷の人だけ。
右舷はほぼ全滅でした。
マルソウダはみな釣っていました。
竿頭はS氏。イサキ10匹。
2位はH氏で8匹です。
残念な結果です。

私は五兎追って一兎も得ず。
ということになりました。
港へ帰ります。
RIMG3617.jpg

貸し切り代金は¥90000。
船長に払うと大阪へ帰りました。
イサキはもう一生釣れない気がしました。

三重県鳥羽市石鏡の船釣り午前便_2019.6.17

 大阪を21時過ぎに出発して石鏡港に到着したのは1時まえ。
ここでマットと寝袋をひいて車中泊しました。
4時に起きて、支度します。
夜が明けてきたので海を見にいくと
今まで見たことのない風景がありました。

RIMG3568_0429.jpg

「地球の終わりかよ」

独り言を言いながらけっこう写真を撮りました。
風が強くて、波もあります。
今日も釣れそうにありません。
なかなかいい日にあたりません。
釣り目は苦手なイサキ釣り。
釣果はあきらめていました。

「大阪から来たんか、へぇ~」
突然話しかけられた老人客のおふたりと私の三人が今日の乗船客です。
おふたりと船長の会話を聞いていると超久々に来たようです。
私がほかの常連さんに聞いたことのあるかつておられた「副船長」のことを聞いていました。

5時39分船は出航しました。
RIMG3574_0539.jpg
老人ふたり組はトモに並んだので、
私は右舷胴に釣り座を構えました。

6時にはポイントに到着しました。
RIMG3576_0601.jpg

タックルはこんなでした。
竿:アルファタックル デッキスティックインスピレーション201
リール:シマノ ビーストマスター3000 PE2号200m巻くショックリーダーフロロ8号5m
天秤:50センチ クッションゴム2㎜50センチ
仕掛け:吹き流し4.5mハリス3号3本針
撒き餌:アミエビ(船支給)
刺しえ:コートオキアミLLと3L イカタン
おもり:80号
カゴ:サニーカゴ→ラークS
 
「支度できた人から始めてください」
船長のアナウンスで開始です。
「棚は底から5mくらい」

ほぼ底です。
底5mでシッカリコマセを振りながら仕掛けを入れていました。

6:50
やっと何かかかりました。
イサキなら口が弱いので慎重に上げてきました。
RIMG3578_0655.jpg
33センチ。まずまずのサイズです。

あたりを感じることもなくついてきたのは、
キンギョ(サクラダイ)でした。
RIMG3581_0706.jpg
こいつがかかったということは仕掛けが下すぎるということです。
もう少し上を探ります。
でも、なにも来ません。
もう一つ喰い気がありません。

7時頃、底で大きなあたりがあって、ドラグが出ました。
なんせ3号ハリスなので、ゆるゆるドラグで、押したり引いたりしていましたが、あっけなく切られました。
2回目もあり、今度は根に潜られたと思い、
道糸を手に取り、引っ張るとどうもおかしい。
船長が魚がかかってるというので、
再び電動リールで巻くと切られました。
「今のもさっきのもイシダイや、手でたぐり寄せたら獲れたかも」
と船長がいいます。
「そういえば何日か前に、60オーバーのイシダイ釣ってた人いたな」
と聞くと、
「あの人はイサキ仕掛けで何度も切られて、
頭にきて後日イシダイ仕掛けを自分で作ってきて釣ったんや」
といいました。

RIMG3582_0714.jpg
RIMG3583_0715.jpg

気が付くと周りに釣り船、職漁船が5隻いました。
無線を聴いていると
「喰ってこん」「だめや」
とかいってます。

RIMG3584_0715.jpg

探見丸にはベイトのような大きな魚群が映ります。
船長が
「魚探持ってんねんからそれをつかってみ、30mが魚群の上やったら天秤をそこへもってきて、待ってたら釣れるやろ」
といいます。
その通りしてみますが釣れません。
「そないしたけど、喰ってこんわ」
というと、船長は
「喰う喰わんは魚の勝手や、魚に聞け」
といいます。

やっぱり風が強くて、仕掛けが絡みます。
しかも、沖から2.~3mのうねりがあります。
釣りにくいわ喰わないわで、大変な釣りになりました。

7:27
イサキの子どもがかかります。
リリースです。
RIMG3585_0727.jpg

7:33
突然、何か掛かりました。
ゆるゆるのドラグが出ました。
上がってきたのは、38センチの大アジでした。
船長はイサキよりこれが釣れると言っていました。
RIMG3586_0733.jpg
さあ、連打かと思いきや、これのみでした。

RIMG3587_0912.jpg

探見丸にはいい魚群が次から次と映りますが喰いません。


9:44
ひさびさに掛ったのは35センチのイサキ。
やっと2匹目です。
ふっくらして個体はいい魚でした。
RIMG3588_0944.jpg

10:48
突然、あたります。
掛ったようですが、大きいようで、ドラグが出ます。
イサキではなさそう。
何かわからないけど、慎重に慎重に丁寧に上げてきました。
ビーストマスター3000のドラグゆるゆるでレバー全開。
これでうまいこと上がってきました。

RIMG3589_1048.jpg

48.5センチのマダイでした。

RIMG3597_1233.jpg

これは嬉しい。
いつの間にか左舷で竿を出していた船長に報告すると、
さえない顔でうなずきました。
後で聞くと、
いいベイトが来ていたので8号ハリスの縦釣り仕掛けを入れたら、
2回連続で切られたそうで、
「なんやったんやろ?」
と首を傾げていました。
私が
「大きなサワラとちゃうの?」
と聞くと、
「サワラの引きではなかった」
と船長はいいました。

11:50
探見丸にはますます大きなベイトが映りますが
ここらで納竿となりました。
RIMG3593_1150.jpg

港へ帰ります。
RIMG3596_1227.jpg

RIMG3599_1236.jpg
釣果です。

さえない釣果でした。
老人はイサキ4匹と3匹。3匹の人はマダイを1匹釣っていました。

今年も伊勢湾口にベイトが押し寄せてきています。
7月ごろの縦釣りが楽しみです。
今年も本カツオを釣りたい。
そんなことを考えながら大阪へ帰りました。

三重県鳥羽市石鏡の船釣り午前便_2018.7.18

 「また来週」という私の予告通り、
1週間後の18日の午前5時前には石鏡港に到着しました。
今回は同行者がいて、
釣り初心者W氏と船釣り初心者S氏2名と私の三名で予約しました。
W氏とS氏はすでに到着していました。
我々以外には四名の高齢者グループが来ていて、
すでにクーラーを置かれて場所取りされていました。

 二人の道具の段取りなどに追われて、
あわただしく時間は過ぎ、出港となりました。
私は左舷ミヨシ、W氏が左舷胴、S氏が左舷トモ寄りの胴に釣り座をかまえました。
RIMG1963_0533.jpg
この日の潮はこんなでした。
Image-1.jpg

タックルはこんなでした。
【イサキ釣り】
竿:シマノ ライトゲーム CI4+ モデラートTYPE64 H210
リール:シマノ フォースマスター800
道糸:PE2号300m巻く
仕掛け:天秤カゴ仕掛
天秤50センチ、ゴムクッション50センチ
船支給:吹き流し、フロロ2.5号4.5m、イサキ鈎3本針
錘:80号
カゴ:サブマリンS
まき餌:アミエビ(船支給)
さし餌:ハードコートオキアミLL~3L、イカタン

【タテ釣り(本カツオ狙い)】
竿:アルファタックルMPGデッキスティックセブンスリー213 2.1M
リール:シマノ ビーストマスター3000
道糸:PE4号300m巻く、ショックリーダ40lbを5m結ぶ

仕掛け:伊勢湾チョクリ10号
錘:80号

RIMG1964_0601.jpg


 船は30分以上走ったでしょうか、
先週と同じようなポイントにアンカーを下ろしました。
海上はなぎ。風は微風。潮は青い色。
濁り潮はなくなっています。
職漁船が2隻近くにいます。
RIMG1965_0602.jpg

二人にW氏のタックルでイサキ釣りの実演をしながら仕掛けを落としました。
強調したのは、タナ取りがすべてだということ。
タナ取りはリールのカウンターではなくて、
道糸のマーカーを数えて、タナを取るということ。

 船長の指示は、「40mから35mを探ってみて」
ということだったので、40mで仕掛けを置いていると早速あたりです。
W氏にタックルを渡して、巻き上げてもらいました。
30センチ近いイサキが一匹かかっています。
S氏もあわてて自分の仕掛けを投入します。

 二人の面倒見が第一だったので、
私も遅れて始めました。

 40mでボツボツとかかります。

6:56 
RIMG1967_0656.jpg
8:14
RIMG1968_0814.jpg

丸ソウダガツオが邪魔します。
ヒスタミン持ちですが、おいしいので持ち帰ります。
W氏S氏ともに大きなゴマサバがかかります。
私には来ません。
8:15
RIMG1969_0815.jpg

イサキ釣りをしながら、本カツオ狙いのタテ釣りタックルも準備しました。
RIMG1971_0817.jpg
しかし、イワシらしきベイト反応は探見丸に現れません。

8:29
RIMG1973_0829.jpg
8:44
RIMG1974_0844.jpg
8:55
RIMG1975_0855.jpg
8:57
RIMG1976_0857.jpg
9:01
まとまったベイトの反応が現れますが、
これらはイサキの大群のようでした。
RIMG1977_0900.jpg
9:02
RIMG1978_0902.jpg
9:38
RIMG1979_0938.jpg
9:45
ダブルで釣れました。
追い喰いを誘いますがなかなかダブルでは釣れませんでした。
RIMG1980_0945.jpg
9:51
RIMG1981_0951.jpg
9:57
RIMG1982_0957.jpg
10:07
RIMG1983_1005.jpg
10:22
この日いちばんの大物33センチでした。
RIMG1984_1022.jpg
11:49
丸ソウダがダブルでかかり、仕掛けをぐちゃぐちゃにされてしまいました。
RIMG1985_1149.jpg

ここらで、納竿とします。
結局、イワシらしいベイトは現れず、
タテ釣り仕掛けを数回下ろしましたが、20センチほどのマアジがかかっただけでした。
船長に見せると、大きすぎて何も喰ってこんというので釣果にしました。

港へ帰ります。
RIMG1986_1240.jpg

釣果です。
RIMG1988_1241.jpg
イサキ 25~33センチが15匹。
マアジ 20センチが2匹。
丸ソウダガツオ 40~45センチが8匹。リリース5匹。
W氏は船酔いで休憩時間も多くて、イサキ4匹、45センチのゴマサバ1匹
そして、驚いたことにマグロを釣りました。
30センチほどのヨコワです。
S氏はイサキ10匹、ゴマサバ3匹、丸ソウダ10匹以上でした。
二人には前回のヒラメ釣りに続いて、船釣りを堪能してもらえたようです。

海上は涼しかったけど、港に降りたら暑かったです。
帰りの車中でテレビが「危険な暑さ」を連呼していました。
日本の気候もえらいことになってきたようです。

三重県鳥羽市石鏡の船釣り午前便_2018.7.10

 メインで乗っている釣り船の釣果ブログに
本カツオが釣れたと載っていました。
釣り船始まって以来のお初の釣果らしいです。
私はカツオを釣ってみたくて、御前崎の釣り船をチェックしていたほどで、
今回またとないチャンスを逃すまいと、必死で仕事を片付け、
平日に鳥羽の石鏡港へたどり着きました。
RIMG1932_0500.jpg
まだ早朝。5時です。
豪雨の影響で、港内にはゴミがいっぱい。
海水も緑っぽいドブ水のような色。
見事な濁り潮です。ここまでの濁り潮は初めて見ました。
本カツオはイサキ釣りの途中、タテ釣り仕掛けで船長が釣ったそうです。
豪雨の直前のことで、昨夜の電話では、濁り潮がひどくて、
本カツオはあまり期待できない、
イサキに重点を置いた方が釣果が堅いと言われていました。
イサキ釣りの途中、探見丸にベイトが現れたら、
タテ釣りの仕掛けを出してもいいという許可を船長からもらいました。

 潮はこんなでした。
IMG_2238.jpg

 5時30分。
私以外のお客は名古屋からの高齢アングラー2名。
計3名のお客を乗せた釣り船は港を出港しました。
釣り座は右舷トモ。
名古屋のお客は左舷胴に並びました。
RIMG1935_0530.jpg

船から見ると波が緑色です。
ドブ川のような色。
RIMG1945_0808.jpg
見るからに厳しい状況です。
船はしばらく走って、相差鯨崎のかなり沖に着きました。

タックルはこんなでした。
【イサキ釣り】
竿:シマノ ライトゲーム CI4+ モデラートTYPE64 H210
リール:シマノ フォースマスター800
道糸:PE2号300m巻く

仕掛け:天秤カゴ仕掛
天秤50センチ、ゴムクッション50センチ
船支給:吹き流し、フロロ2.5号4.5m、イサキ鈎3本針
錘:80号
カゴ:サブマリンS

【タテ釣り(本カツオ狙い)】
竿:アルファタックルMPGデッキスティックセブンスリー213 2.1M
リール:シマノ ビーストマスター3000
道糸:PE4号300m巻く

仕掛け:タテ仕掛け(胴付き)、幹ナイロン13号
エダスフロロ12号40センチ、鈎10号8本針
錘:80号
RIMG1952_1113.jpg
同時には仕掛けを降ろさず、
必ずどちらかを巻き上げてから、仕掛けを降ろすというルールです。

探見丸を見てもたいしたベイトは見当たらないので、
お土産確保のため、イサキ釣りに専念します。

水深は55m。
船長の指示棚は40m。35m付近まで探ってみてということでした。
第一投。40mで置き竿してると何かかかりました。
決してあわせず、追い喰いを誘うようにゆっくり5m程巻いてから、
遅めに電動で巻き上げました。
今回はリールのカウンターではなく、道糸のマーカーで棚をとっているので、
かなり正確でした。
6:28
RIMG1937_0628.jpg
さし餌はハードコートオキアミのLLでした。
この日は、イカ短と半ボイルオキアミには喰ってきませんでした。
釣り船支給の撒き餌はアミエビ。
カゴに入れて使います。

6:34
RIMG1938_0634.jpg
6:41
RIMG1939_0641.jpg
6:47
ダブルでした。
RIMG1940_0647.jpg
7:00
RIMG1941_0700.jpg
7:06
RIMG1942_0706.jpg
7:15
RIMG1943_0715.jpg

7時30頃から喰いが止まりました。
九州付近にいる台風の影響なのか、
大きなうねりがありました。
船はけっこう揺れます。
RIMG1944_0816.jpg

場所を変えながら釣りますがあたりはありません。
ベイトも来ません。

9:21
RIMG1947_0921.jpg
9:25
RIMG1949_0925.jpg

9時過ぎたころ、ぼつぼつと2匹釣れました。
それ以外はなにもおきません。
名古屋のお客さんはまったくだめなようです。
トモに来た方は一匹だけだといいます。
外道もいません。

長い長い釣れない時間が過ぎました。
11時半。もう納竿の時間のはずですが、船長の放送はありません。
今日は船長は竿も出していません。
よっぽど状況が悪いのでしょう。

探見丸におやっという反応がやっと現れ始めました。
RIMG1953_1127.jpg
RIMG1954_1138.jpg
RIMG1955_1140.jpg

帯状のベイトの群れが延々と続いています。
イサキ釣りの仕掛けを上げて、タテ釣り仕掛けをあろします。
本カツオがついてきてくれればいいのですが。
ドキドキしながらベイト誘っては、底に下ろすを繰り返しました。
掛っていたベイトはこいつでした。
RIMG1957_1203.jpg

小サバです。
トモに来て、
「ベイトはなんや?」と聞いてきた船長に
「小サバや」というと
「本カツオが喰ってるのはイワシや」といって、
落胆した様子で、操舵室へ帰ってゆきました。

結局、タテ釣りでは何もかかりませんでした。

12時過ぎ、納竿です。
港へ帰ります。
RIMG1961_1245.jpg

釣果はこんなでした。
RIMG1958_1225.jpg
26~33センチイサキが11匹。

女将さんからはこんな状況でよく釣れた方やとなぐさめられました。
私が来週また来るというと、
船長は潮が変われば、本カツオのチャンスはまだあるといいました。

今度こそ、本カツオを釣ってみたいものです。

三重県鳥羽市石鏡の船釣り午前便_2017.6.27

 船釣りでいちばん苦手なのは、
天秤コマセ釣りで、その釣法を用いるイサキ釣りでは
今までろくな釣果がありませんでした。
2015年は4匹。2016年は1匹。
いずれも決して他客も釣れていないわけではなく、
私だけ釣れていませんでした。
今年もイサキ釣りに挑戦すべく、
なんとなく釣れそうな潮を狙って予約を入れました。
釣り船はいつものメインで乗っている鳥羽エリアの船。
私が未熟者で迷惑がかかるので釣船名は秘密です。

 目標は10匹以上。
午前便でイサキ、午後便でウタセマダイと欲張った、
予約を入れたので前日夜から釣り船の民宿に泊まり、
翌朝目覚めると、午前4時。
夜明け前です。
窓から海を見ると、なぎのようです。
IMG_1079_170627 (2)
潮はこんなでした。
IMG_1063_170627.jpg
港に降りて、堤防から眺めると、
やはり、なぎです。曇りで風はありません。
IMG_1079_170627 (3)
午前5時半、船長が軽トラで登場です。
ほどなく、船は出港しました。
お客は私ひとり。
釣り座は右舷トモに構えました。
しっかりタナを取って釣りたいと思います。
IMG_1079_170627 (4)
コマセは船支給のアミエビ。
IMG_1079_170627 (1)
刺しえは自分で買った、
ハードオキアミのLLと赤イカタンです。
タックルはこんなでした。

竿:シマノ海春50-240 6:4調子 錘負荷30-100号
電動リール:シマノフォースマスター800 
道糸:PE2号200m リーダーとしてフロロ6号を3m結ぶ。
天秤:50センチ、錘60号、サブマリンS、クッションゴム2mm50センチ
仕掛け:ハリス2号、イサキ針、全長2.5m3本針

船はしばらく南へ走り、
的矢湾沖に到着しました。
みると、周りに10隻以上の釣り船、職漁船が見えます。
イサキの漁場となっているようです。

 船長からまず、タナ30から25位で探ってくれと言われました。
6時過ぎ、早速、始めると、べラが釣れました。
IMG_1079_170627 (5)
リリースです。
 次に釣れたのはウマズラハギ。
IMG_1079_170627 (6)
こいつはキープです。

 しかし、なかなかイサキがかかりません。
はじめて1時間たったころ、船長が30で
喰ってくるぞと言ってきました。
船長も左舷操舵室横で竿を出していました。
私が「30でおいているけどイサキは釣れん」というと、
おかしいなと首をかしげます。

 すると、それからすぐに1匹イサキが釣れました。
IMG_1083_170627.jpg

 この後は、ぼつぼつという感じでイサキが釣れました。
刺しえは赤イカタンはまったくだめでオキアミに喰ってきました。
IMG_1081_170627.jpg

 船長がたびたび、トモに来ては、
今25で釣れた、32で釣れたと
教えてくれますが、
なかなかそのとおりには釣れませんでした。
喰いダナはころころと変わっているようです。
私自身も1m単位で上へ下へとタナを探りました。
今回は、PEを3m切って、リーダーを3m結び、
リールのカウンターではなく、
PEの1mの印と10mごとの色でタナを取っていましたから、
タナは正確に取れていたと思います。
探見丸の反応も良かったです。
IMG_1079_170627 (9)
しかし、もうひとつダメでしたね。
仕掛けがらみも多かったです。
5セットは使ったのではないでしょうか。

 今回、意識したことは、
タナを道糸のカウントで正確に取る。
コマセは指示ダナの仕掛けの長さ3m下で振って、
指示ダナまで巻き上げ、待つ。
かかってもあわせを入れず、
ゆっくり5m巻いて追い喰いを誘う。
無ければ電動12速でゆっくり巻き上げる。
結局、ばらしは1匹だけでした。

 一生懸命タナを教えてくれていた船長には
納得してもらえない釣果だったと思います。
最後の方には、やっとツ抜けは出来たようですが。
今回なにが足りなかったかは分かりません。
IMG_1086_170627.jpg

 11時40分、船長の「終わろか」の一言で、
納竿です。
雨も降らず、曇りで、涼しく、釣りやすい天候でした。
港に帰る途中、イサキは自分でしめました。
今回、間切り庖丁を用意して、
自分で研いで持ってきていました。

辰守 間切包丁105mm

漁師が使う包丁で、魚をしめたり、
ロープを切ったりするのに使うそうです。
船上で使いやすい包丁でした。

IMG_1088_170627.jpg

港へ帰ります。
IMG_1090_170627.jpg

 午前便の釣果です。
IMG_1106_170627.jpg
イサキは34センチ、31センチ、30センチ×3匹、29センチ×2匹、
28センチ、26センチ、25センチ×2匹、18センチで合計12匹。
ウマズラハギ28センチでした。

 目標の10匹以上はクリアしました。
しかし、30匹以上は釣れないとかっこ付かないですね。
次回がんばりましょう。

 港には磯釣り師 I 氏が待っていました。
昼からはI氏と午後便でウタセマダイ釣りをします。