FC2ブログ

ハマチ料理の記事 (1/2)

ハマチのしゃぶしゃぶ鍋

IMG_1425.jpg

 大量にあるハマチの三枚おろしの身は
薄切り(もどき)にしてしゃぶしゃぶでいただきました。
これは美味しかったです。
青物特有の匂いもなく、
あっさりといただきました。
あぶらの載りはあと一歩というところでしょうか。

 これでも消化できない分は
ムニエルでいただきました。
あと、カマであら炊きもしました。
家族4人(+2人)でハマチ10本を
食べつくしました。
おかげで、私は腹が出て、少し太りました。
こうやって、秋は魚も、人も肥えていくんですね。

ハマチの昆布巻き

 魚の切り身を昆布でゴボウと巻いて
煮込む昆布巻きは母親の得意料理で、
これをサバで作っていました。

 しかし、母親も高齢で、
もう、作るのも無理です。
先日どうしても食べたいというので、
私は大阪梅田の阪神百貨店の地下の高級鮮魚店で、
愛媛産という丸々と太った45センチのマサバを
1本¥4800で買ってきて、昆布巻きを
作ってみました。
昆布が固くて少し失敗でしたが、
作り方は分かりました。

 というわけで、今回大漁だった、
ハマチで昆布巻きを作ってみます。

IMG_1418.jpg
 昆布は煮昆布を水に一晩漬けて、
そのまま翌日、煮昆布を煮ます。
煮昆布をひきあげたら、その汁は捨てないで、
そのまま昆布巻きをそこで煮ます。

  ハマチ切り身と少し煮たゴボウを
煮昆布で巻いてかんぴょうで結びます。

 今回10本のハマチを三枚おろしにしました。
しんどかったです。
もう、泣きそうでした。

 最初は塩気を入れず、
昆布の出し汁だけで煮込みます。
塩気なしで煮ると昆布が固くならないそうです。
今回の昆布巻きはここが肝心要の最大のヤマ場でした。

IMG_1419.jpg
 
 煮えてきたら、しょうゆ適量、酒適量、みりん適量、砂糖適量を
加えて味を調整しながら煮込んでいきます。

 煮えたら完成です。

IMG_1423.jpg

 おいしいハマチの昆布巻きとなりました。
大好評でした。
昆布も柔らかく、ゴボウも柔らかく仕上がりました。

IMG_1424.jpg

 でも、マサバの方が少しだけ上でした。
マサバが釣れたらまたやってみましょう。

ハマチのフライ(マアジも)

RIMG0467.jpg

 嫁はんに子どもの弁当のおかずを
作ってほしいと頼まれ、
即行で作りました。
マアジも混じりますが、
ウスターソースをつけて食べたら
どちらか分かりません。
美味しい白身魚フライとなりました。

 ハマチは20本のうち、
10本はもらい手がありましたが、
あと10本は私がさばきました。
このフライを作った後も、
まだまだたくさんの三枚おろしの身が残っていました。

ハマチの刺し身(マダイ、マアジも)

RIMG0465.jpg

 上から、マアジ。
真ん中が、マダイ。
いちばん下の段がハマチです。

 釣った翌日にいただきました。
マダイが評判よかったです。
ハマチは個体によってあぶらの載りが違います。
やはり大きくて肥えている個体は載ってます。
おいしいハマチでした。

ハマチとマアジのヅケ茶漬け

刺身にしたものの余ってヅケにしたハマチとマアジで
お茶漬けにして食べてみました。
IMG_2528[1]_convert_20160918184928
たまり醤油、だし醤油、みりん、料理酒、砂糖を
適量混ぜて、煮切ったたれを冷まして、
その中に刺身を漬けこんで、5日目のものです。
真黒です。
レアに焼いて、ご飯の上にきざみ焼きノリをしき、
その上にヅケ焼きを並べました。
昆布の佃煮、刻みネギ、練りワサビをその上にのせ、
熱湯をかけて出来上がりです。
IMG_2529[1]_convert_20160918184958
美味しくいただきました。
レアに焼いたヅケはみりん干しのような味がしました。

↓ランキング参加中です。色々な船釣りブログがあります。
クリックしてご覧ください。↓


にほんブログ村

船釣り ブログランキングへ
ブログ王ランキングに参加中!



釣魚1400種図鑑 海水魚・淡水魚完全見分けガイド (釣り人のための遊遊さかなシリーズ)



タカ産業 ホールド 針外し T-164 (スライド PAT)