FC2ブログ

2017年09月の記事 (1/1)

三重県鳥羽市石鏡の船釣り午後便_2017.9.23

 秋のウタセマダイが開幕するということで、
2か月ぶりに石鏡にやってきました。
12時半に出港ということですが、
磯釣り師 I 氏が早めに行って、
港の防波堤でウキフカセ釣りをしたい
ということなので私もつきあうことにしました。
朝の8時半に港に着くとI 氏がもういました。

 赤灯台の港内側で竿を出します。
RIMG0264_170923.jpg
撒き餌はボイルオキアミL、刺しえは生オキアミL。
釣れたのはコッパグレ、ベラ、アジでした。
持ち帰りなし、すべてリリースです。
ふたりとも、ライジャケを着て、
結構本格的な磯釣りスタイルだったので、
9時出港の一日便のK丸の乗船客に
じろじろと見られていました。

 11時過ぎに納竿して、
車で食事します。
私は先日訪れた三尾の話をI 氏にしていました。
様子を聞いたI 氏は興味を持ったようで、
泊りで行くかという話になりましたがいつ行くかは
決まっていません。

 そうこうしているうちに、
メインで乗っている釣り船の女将さんが車で
やってきました。
急いで準備します。
船着きに行くともう、午前便が帰ってきていました。
私が未熟者で初心者ゆえに
迷惑がかかるといけませんので、
船名は出しません。
いつもメインで乗っている釣り船です。

 午前便はタテ釣りで、
釣果はどうだったでしょう。
よくわかりません。
I 氏は私に
「いまいちやったみたいや」
と小声で耳打ちします。
ひとりの方のクラーを覗き込もうとして、
直前でパタンと蓋を閉められてしまいました。
これは気まずかったです。

 潮はこんな感じです。
IMG_1207_170923.jpg


 12時30分、港のいけすでウタセエビを積み込むと
船は出港しました。
出港前、女将さんから、
「ウタセマダイ初日やから、絶対釣れるよ、がんばって」
と、励ましなのか、プレッシャーなのか
よくわからない奨励を受けました。
乗船客は私とI 氏のみ。
RIMG0270_170923.jpg

 12時50分、石鏡沖で錨をおろしました。
「鯛の島」から南へ下ったところでしょうか。
北に神島が見えます。
今日はここで移動することなく釣ることになります。
私が左舷の胴、I 氏が左舷のトモに
釣り座を構えました。
タックルはこんなです。

竿:がまかつ がま船 真鯛ハイパースペック300
電動リール:シマノ フォースマスター800
道糸:PE2号200m リーダーはフロロ7号を5m
仕掛け:(船支給)胴付き仕掛け、幹フロロ6号、
エダスフロロ5号1.5m、間隔1.5mステ糸0.5m真鯛鈎12号3本針
錘:20号→10号
今回は探見丸は持ち込みませんでした。
RIMG0272_170923.jpg

初めて試みですが、
ウタセエビ取りつけ台を設置しました。
RIMG0273_170923.jpg
これはミニラークをひっくり返したもので、
糸の引っ掛けが少し高めの位置で
欲しかったのです。
これは成功でした。
手返しがよくなりました。

 潮は手前から左後方へ流れます。 
おもりは20号。
水深は30m。
仕掛けを着底させて、1mほど上げて待ちます。
第一投から小ダイが釣れました。
I 氏にもきます
RIMG0274_170923.jpg

 このあと、ぼつぼつと小ダイが釣れました。
以前に乗船前に、隣のK丸のお客「名古屋氏」から教わった、
巻き巻き釣法も試して釣れました。
小さいのはリリースしますが、20センチ以上はキープです。
14時過ぎに、潮が変わって、
仕掛けが真下にから右舷に流れだしたので、
右舷に変わります。
私が右舷ミヨシ、I 氏が右舷胴です。

 右舷に代わってから、喰い無くなりました。
I 氏も座り込んで、
「あかんなぁ~」
と言っています。
私はタイドグラフでは15時17分に潮が流れだすので、
もう少し辛抱ですよといっていました。

 15時を過ぎた頃でした。
おもりを10号にして、50mほど仕掛けを流していました。
そこから、ゆっくり巻いて、流してしていました。
すると、久々の強いあたりと、強い引きです。
やりとりしていると、船長が
「それはハマチや」といってきました。
船長がハリスをたぐって引きあげてくれました。
RIMG0275_170923.jpg
まあまあのサイズです。
この直後、もう一匹ハマチが釣れました。
I氏にもハマチが釣れます。
どうやって食べようかというと
I 氏から「刺し身やろ」と言われます。

 15時10分でした。
ウタセエビの中にはデカエビがいます。
こいつで釣れたことが無いのですが、
時々つけていました。
RIMG0279_170923.jpg
こいつをいちばん下の鈎につけて、
仕掛けを50m以上流していたら、
またも、強めのあたり。
あわせると、うまく掛けることができました。

 やりとりすると、ドラグが出ます。
押したり引いたりという感じで、
手巻きで巻きあげてきました。
重いです。
船長とI 氏に
「尾長グレかも」「ヒラマサやったりして」
とか言いながら上がってきたのはマダイでした。
大きい。
いちばん下の鈎でデカエビに喰ってきていました。
RIMG0277_170923.jpg
RIMG0278_170923.jpg
70には届かない62センチでした。
嬉しい釣果です。
うらやましそうな顔のI 氏に
申し訳ないのですが記念写真をおねだりしました。

RIMG0284_170923.jpg

 16時過ぎてから、タックルを変えることにしました。
船長に潮が流れだしたから、
軽いおもりで流したいがどうか?
と聞くと、
「好きなおもりでやったらいい」
と言われました。

 三尾で磯からマダイを釣った時に、
使用していた「レマーレⅤ」を
ウタセマダイで使えるんじゃないか
と思いました。
軽いおもり1号~5号で流すと、
あたりが分からなくて、
苦労していました。
この竿なら、あたりが取れるかも。
やってみることにします。
こんなタックルです。

竿:シマノ レマーレⅤ(磯竿3号相当)
リール:シマノ カルカッタF 800F
道糸:PE2号200m リーダーはフロロ7号を5m
仕掛け:(船支給)胴付き仕掛け、幹フロロ6号、
エダスフロロ5号1.5m、間隔1.5mステ糸0.5m真鯛鈎12号3本針
錘:5号→1号
RIMG0281_170923.jpg
レマーレⅤはシルキーズームという機能があって、
竿を伸縮できます。
4.9mにして使いました。
磯竿をこんな使い方をして良いのかどうか、
わかりません。
レマーレⅤの監修者の高橋哲也さんは
どう言うのでしょう?

使っていると、
いつもよく見ている船長が
「その竿は軽いおもりで流すやり方には
良い竿やなあ」
と言ってきました。
「これは磯竿の3号で、
シマノのレマーレⅤという竿やねん」
と大声で説明しますが、
磯釣りと縁のなさそうな船長は
もうひとつピンときていないようです。

 おもりを1号から5号で流してみましたが、
結局、5号がいちばん流れてくれます。
「大鯛は来る、必ず来る、俺に来る、きっと来る」
「大鯛は来る、必ず来る、俺に来る、きっと来る」
「大鯛は来る、必ず来る、俺に来る、きっと来る」
心の中で念じながら集中して、
50m以上流して、ゆっくり巻いて誘って、
また、竿立てて、ピシャンとして、
仕掛けを流しました。
RIMG0285_170923.jpg
RIMG0287_170923.jpg
夕まずめです。
大鯛がやってくる時間です。
17時から、18時過ぎまでがんばりました。
釣れたのはメバルがダブル。
マルアジがダブル。
それだけでした。
18時10分納竿です。

 港へ帰ります。
RIMG0288_170923.jpg
RIMG0290_170923.jpg
クラーが重かったです。
RIMG0291_170923.jpg

釣果はこんなでした。
RIMG0295_170923.jpg
RIMG0297_170923.jpg
RIMG0298_170923.jpg
マダイ62センチ。
小ダイ(チダイ混ざる)20~25センチが12匹。
ハマチ44センチ、43センチ
メバル24センチ、20センチ
マルアジ38センチ、33センチ
船長が五目達成やなと言っていたのは、
チダイが混ざっていたからですね。
私にしては上出来の釣果でした。

帰りは高速で帰りました。
伊勢道芸濃SAで30分仮眠を取ったものの、
3時間半で大阪に帰りつきました。

今度こそ大鯛を釣ってみたいものです。
果てしない夢に思えた大鯛(70センチ以上)は
60センチ台の2枚目を獲ったことで、
目の前にいるような気がしてきました。
次は必ず獲る。
そう決意し、自宅で眠りにつきました。

グレの味噌漬け焼き

 三尾で釣ったグレを味噌漬にして、
焼きました。

 味噌漬の味噌は秋田県からこのために
わざわざ取り寄せたものです。
  
 吟醸みそ 秀麗「鳥海山」
有限会社マルイチしょうゆみそ醸造元 製

この味噌に酒、砂糖、を混ぜます。
本当はみりんも入れたかったのですが、
切らしていました。

IMG_1189_170911.jpg

 うろこを取って、頭を落として、はらわた、えらを取り、
漬けこみます。
サンバソウも同じようにして、一緒につけました。

 一晩から二晩つけて焼きました。

IMG_1193_170911.jpg
IMG_1195_170911.jpg

 やはりグレはこの食べ方が
いちばん好きです。
香ばしく焼けた味噌と皮がほんわり熱の通った白身の
タレのような役割をしてくれます。
みりんが無くても良いのでは。
サンバソウもまあまあ美味しいです。
少し身が固いかな。

 画像にはありませんが、
いちばん大きかった28センチのクチブトが
いちばん脂がのって美味しく思いました。

淡路島、熊野、三尾とグレを食べ比べましたが、
三尾のグレがいちばん上品な味で美味しく感じました。

 しかし、未だに寒グレは食べたことが無いのです。
シーズンオフのグレばかり食べてきたので、
いつか釣れるであろう、寒グレが楽しみです。
がんばりましょう。

兵庫県新温泉町三尾の磯釣り2017.9.6

 釣りビジョンに「磯を駆ける」という番組があって、
そこで平和卓也さんが島根県の浜田や出雲の磯で、
ヒラマサを釣っていました。
夏の日本海はこのヒラマサ狙いで、
地元の釣り人は熱くなるそうです。
テレビに感化されやすい私はいろいろ調べて、
ここ兵庫県新温泉町の三尾にやってきました。

 初めて来る港、初めて乗る渡船。
午前4時に到着しましたが、
車をどこに止めて良いか分からず、
うろうろしましたが、
他県ナンバーの車が駐車されて、
中で仮眠をとっているエリアに駐車しました。

 まだ真っ暗です。
4時15分を過ぎると、外に出て、支度する人も出てきました。
車も続々と到着します。
私も支度するため、車から出ると、
私の車をふさぐよう後ろに止めた年配の方と目があいました。

私「おはようございます、この渡船は初めてなのですが、
車はここに置いて大丈夫でしょうか?」

年配の方「おお、そこで置いたらええ」
 
 支度をしていると、その年配の方が、
若い方と話をしていて、
この磯に上がりたいみたいな話をしていました。
私がそのあと、年配の方に、
「あの人が渡船の船長ですか?」
と聞くと
「そうだ」
というので、私は船長に挨拶をしました。
若くて、男前の船長です。
何かしらインテリっぽい知性も感じます。
非常に丁寧な言葉使いをされます。
渡船の事務所があって、
そこで乗船名簿に記入するよう言われました。

 4時30分過ぎには、船長から乗船名簿に記入した人は、
荷物を持って、船のところへ行ってくださいと指示がありました。
私も荷物を持って船のところへ向かいます。
みると20人近いお客です。
見たところ、年齢層が若い。
ルアー、カゴの方が多いようです。
年配の方は二人組でこちらは底釣り師のようです。
ここで船長がくるまで、ひとりで来ていた、
カゴ釣り師と話しました。
上物のフカセ釣りは私ひとりだけのようです。
大阪から来たと言うと驚いたような表情をされました。
 
どうやら、半分に分けて、渡すようです。
私は先発組に入りました。
乗船して出港します。
4時50分。
まだ真っ暗です。
ここは山陰。熊野とは違います。
日の出は山側からです。
出港してすぐの沖磯に年配の方二人組が渡礁しました。
それから次々に渡してゆきます。
ふたりだけ残ってから、船長にスピーカーで呼ばれました。

船長「釣りたい魚は何ですか?」

私「グレとヒラマサです」

そのあと、カゴ釣り師を小山のような小さな沖磯に渡すと、
最後に私が渡されました。
ほとんど船着きにしか平らなところが無い磯です。
いままで見ていた磯もこんな感じでした。
渡礁する直前、
「船から見て右はしもりがあるので、
そちらには仕掛けを入れないでください」
と言われました。
私を渡すと、
「がんばってください」と
さわやかに言い残して渡船は後発組を乗せるべく、
港へ去って行きました。
RIMG0220_170906.jpg

 真っ暗です。
ヘッドライトがいりました。
ボーっとしていても仕方ないので、
撒きえを作ることにします。
そうこうしているうちに、うっすらと明るくなってきました。
RIMG0222_170906.jpg
 あとで調べてみたら、ここは
「仏谷」という磯でした。
RIMG0224_170906.jpg
 地方の磯ですが、後ろは断崖絶壁なので歩いてここへ来ることは、
まず不可能です。
風はほぼ無風。涼しいです。
なぎです。
RIMG0225_170906.jpg

ヒラマサ狙いは朝まずめからということなので、
タックルを準備します。
■竿  シマノ レマーレⅤ(3号相当)5.2m

SHIMANO(シマノ) 17レマーレ V 485/520

■リール シマノ レマーレP5000DHG

シマノ リール BB-X レマーレ P5000DHG

■道糸 VARIVASトリビュート磯フロートタイプ5号150m

モーリス(MORRIS) ナイロンライン バリバス トリビュート磯 フロート 150m 5号 フラッシュグリーン

■ハリス シーガー グランドマックスFX 4号

クレハ(KUREHA) ハリス シーガー グランドマックスFX 60m 5号

■ウキ キザクラZENSOH QURURI L-B

キザクラ(kizakura) ウキ ZENSOH QURURI L-B オレンジ

■ハリ がまかつふかせヒラマサ10号
落としナマリにB、ウキした2ヒロで始めます。
撒きえはボイルオキアミLを海水に浸しました。
それのみです。
刺しえは刺しえ用のボイルオキアミBLを
厳選して、選抜されたオキアミを
マルキュウの「グレにはこれだ」
という液体につけて、冷凍していました。
こうすると、ほんのり紅色に染まって、
ふっくらとして、美味しそうなボイルオキアミになります。
タッパに入れて解凍し、持ってきています。

5時30分第一投です。
ウキはながれません。
潮が流れていないのか。
下げ潮が流れていると思ったのですが、
そうでもないようです。
遠投気味に仕掛けを入れますが、
なにも反応がありません。

 遠投、磯際まで6時半までやりましたが、
餌がつつかれたり、取られたりして、
青物の反応が無いのでタックルを変えてみます。
磯際には、スズメダイが大量に集まっています。
その下にはコッパグレらしき魚影も。

 コッパグレがいるなら、
それをお土産で確保したかったのです。

タックルを出すとショッキングなことが判明しました。
ベイシス1.7号にリールをつけて、
仕掛けも組んで持ってきたのですが、
なんとロッドカバーの中で、
一番先のガイドが折れていました。
なんでこうなるの?
仕掛けは現場で組むべきなのでしょうか。

仕方なく、予備竿で持ってきていたラフィーネで、
仕掛けを組みました。
■竿  シマノラフィーネ1.5号500
リール ダイワインパルト2500H-LBD
道糸 バリバストリビュート3号フロートタイプ
ハリス サンラインスーパートルネード3号
ウキ 釣研とばしウキM キザクラあたりウキJ2
ハリ オーナー速手グレ5号
RIMG0230_170906.jpg
道糸と3ヒロのハリスを三原結びで直結し、
ウキはハリスの中に入れました。
飛ばしウキ、あたりウキ共に、2ヒロから3ヒロで固定です。
撒きえを磯際から5m付近に打つとスズメダイが大量に集まります。
その下には、コッパグレ。
仕掛けはその向こうに入れ、
ウキを撒き餌の中心にひっぱてきます。
孤を描いて刺しえはスズメダイの下へ回り込みます。
そうして釣ると釣れました。
RIMG0227_170906.jpg
RIMG0228_170906.jpg
IMG_1184170906.jpg
20センチ以下とベラはリリースしました。
サンバソウとコッパクチブトとコッパ尾長がぼつぼつ釣れます。
ドラグが出たり、レバーブレーキを使うような魚は釣れません。
まあまあ楽しみました。
RIMG0236_170906.jpg

 9時ごろ、右手の沖磯に渡船が来ていました。
こちらにもきました。
_170906.jpg
船長が見回りです。
船長「海之助さん、どんな感じですか?」
私「コッパグレとサンバソウばかりです」
船長「ほかもまだなにもきていません、がんばってください」
と言い残し、去ってゆきました。

 あたりもなくなってきたので、
食事することにします。
腹も減りました。
こちらの渡船は弁当船というサービスはなく、
自分で用意しなくてはなりません。
私の奥さんは、私がひとりで釣りに行くので、
弁当を持たしてくれるという配偶者ではありません。
中にはそういう奥さんがいるみたいですが、
私は釣りに行くと言うと、文句も言わず、
送りだしてくれるだけで十分満足です。
というわけで、自作の弁当です。
RIMG0235_170906.jpg
クラーの中で冷やしていたので、
おにぎりが固くなって美味しくありません。
撒き餌代わりに固くてパサパサのおにぎりの断片を
磯際に投げ込みながら、食べました。
スズメダイももうひとつ
私が握ったおにぎりは
気に入ってくれなかったようです。

 食事の後、再開しますが、あたりはありません。
11時頃まで、ラフィーネのタックルと、
ヒラマサ用のレマーレのタックルを交互に使って、
ダラダラとやっていました。
RIMG0233_170906.jpg
突然、チャリコがつれました。
ヒラマサ用のタックルに喰ってきました。
RIMG0239_170906.jpg
磯でマダイを釣ったのは初めてです。

 11時です。
14時迎えなので、13時には終えて、片付けしなくてはなりません。

 ここから、ヒラマサチャレンジをやってみようと思います。
レマーレのタックルのウキを遠投用のウキに替えてみます。
釣具屋で何気なく見つけて衝動買いしたウキです。
■釣研 翔黒 B

釣研 翔黒 スカーレット 0


 これにハリスにナマリ3Gとはりこみ小次郎6号、仕掛けに潮受を入れました。
撒き餌のボイルにアミエビと「グレにはこれだ」を混ぜました。
刺しえの刺し方も替えました。
自分で「夫婦刺し」と名付けました。
RIMG0241_170906.jpg

RIMG0240_170906.jpg

 遠投します。
しばらく浮いて、左から右へ流れます。
潮が流れ始めています。
風も吹き始めました。
撒きえを投げても、なんとか届く程度です。
沈んだのであわせるとスカです。
おもりを調整しますが、どうもこのウキは
しばらく浮いた後、じわじわと沈んでいく仕様です。
左前方に遠投すると、沈みながら、
右脇へ流れてきます。
ラインをある程度出して、
様子を見ていました。
RIMG0244_170906.jpg
LBに指を掛けて待ちます。
RIMG0245_170906.jpg

するとラインが走りました。
竿を左へ振ってあわせるとかかりました。
胸にぶら下げたピンオンリールが
ぶつかってチャリンと鳴りました。
気持ちいい。これです。
平和さんになった気分です。
けっこう引きましたがそれほどでもありません。
釣れたのはマダイ。
25センチもありません。
RIMG0242_170906.jpg
リリースしました。
この釣り方で28センチのクチブトも釣れました。
そのあとは、右脇のいちばん深く沈んだところで、
マダイが連続で釣れました。
RIMG0243_170906.jpg
RIMG0246_170906.jpg
RIMG0247_170906.jpg

 しかし、ここでの狙いは、マダイではありません。
ヒラマサです。

「ヒラマサは俺に来る、必ず来る。きっと来る」

念じながら、竿先と道糸に集中していました。
結局、ヒラマサや青物は気配もありませんでした。
この釣り方はおもしろかった。
自分の新たな引きだしができました。

 13時、片付けもあるのでここで納竿です。

14時15分渡船が迎えに来ました。
RIMG0255_170906.jpg

 釣果は22センチから28センチの
クチブト、尾長、サンバソウ、マダイが合計20匹でした。
IMG_1186170906.jpg

 船長が言うには、今日は青物があまり回ってこなかったそうです。
青物の釣果はハマチ1本。
1メータオーバーのシイラのばらしがあったそうです。

 ここ三尾は景観が素晴らしく、
ジプリの世界のようでした。
神秘性を感じます。
楽しかった、また来ますと船長に言って帰りました。

帰りにユートピア浜坂という日帰り温泉施設で、
汗を流しました。
泉質が良い温泉です。

今度こそ三尾でヒラマサを釣ってみたいものです。