FC2ブログ

2019年06月の記事 (1/1)

三重県鳥羽市石鏡の船釣り午前便_2019.6.17

 大阪を21時過ぎに出発して石鏡港に到着したのは1時まえ。
ここでマットと寝袋をひいて車中泊しました。
4時に起きて、支度します。
夜が明けてきたので海を見にいくと
今まで見たことのない風景がありました。

RIMG3568_0429.jpg

「地球の終わりかよ」

独り言を言いながらけっこう写真を撮りました。
風が強くて、波もあります。
今日も釣れそうにありません。
なかなかいい日にあたりません。
釣り目は苦手なイサキ釣り。
釣果はあきらめていました。

「大阪から来たんか、へぇ~」
突然話しかけられた老人客のおふたりと私の三人が今日の乗船客です。
おふたりと船長の会話を聞いていると超久々に来たようです。
私がほかの常連さんに聞いたことのあるかつておられた「副船長」のことを聞いていました。

5時39分船は出航しました。
RIMG3574_0539.jpg
老人ふたり組はトモに並んだので、
私は右舷胴に釣り座を構えました。

6時にはポイントに到着しました。
RIMG3576_0601.jpg

タックルはこんなでした。
竿:アルファタックル デッキスティックインスピレーション201
リール:シマノ ビーストマスター3000 PE2号200m巻くショックリーダーフロロ8号5m
天秤:50センチ クッションゴム2㎜50センチ
仕掛け:吹き流し4.5mハリス3号3本針
撒き餌:アミエビ(船支給)
刺しえ:コートオキアミLLと3L イカタン
おもり:80号
カゴ:サニーカゴ→ラークS
 
「支度できた人から始めてください」
船長のアナウンスで開始です。
「棚は底から5mくらい」

ほぼ底です。
底5mでシッカリコマセを振りながら仕掛けを入れていました。

6:50
やっと何かかかりました。
イサキなら口が弱いので慎重に上げてきました。
RIMG3578_0655.jpg
33センチ。まずまずのサイズです。

あたりを感じることもなくついてきたのは、
キンギョ(サクラダイ)でした。
RIMG3581_0706.jpg
こいつがかかったということは仕掛けが下すぎるということです。
もう少し上を探ります。
でも、なにも来ません。
もう一つ喰い気がありません。

7時頃、底で大きなあたりがあって、ドラグが出ました。
なんせ3号ハリスなので、ゆるゆるドラグで、押したり引いたりしていましたが、あっけなく切られました。
2回目もあり、今度は根に潜られたと思い、
道糸を手に取り、引っ張るとどうもおかしい。
船長が魚がかかってるというので、
再び電動リールで巻くと切られました。
「今のもさっきのもイシダイや、手でたぐり寄せたら獲れたかも」
と船長がいいます。
「そういえば何日か前に、60オーバーのイシダイ釣ってた人いたな」
と聞くと、
「あの人はイサキ仕掛けで何度も切られて、
頭にきて後日イシダイ仕掛けを自分で作ってきて釣ったんや」
といいました。

RIMG3582_0714.jpg
RIMG3583_0715.jpg

気が付くと周りに釣り船、職漁船が5隻いました。
無線を聴いていると
「喰ってこん」「だめや」
とかいってます。

RIMG3584_0715.jpg

探見丸にはベイトのような大きな魚群が映ります。
船長が
「魚探持ってんねんからそれをつかってみ、30mが魚群の上やったら天秤をそこへもってきて、待ってたら釣れるやろ」
といいます。
その通りしてみますが釣れません。
「そないしたけど、喰ってこんわ」
というと、船長は
「喰う喰わんは魚の勝手や、魚に聞け」
といいます。

やっぱり風が強くて、仕掛けが絡みます。
しかも、沖から2.~3mのうねりがあります。
釣りにくいわ喰わないわで、大変な釣りになりました。

7:27
イサキの子どもがかかります。
リリースです。
RIMG3585_0727.jpg

7:33
突然、何か掛かりました。
ゆるゆるのドラグが出ました。
上がってきたのは、38センチの大アジでした。
船長はイサキよりこれが釣れると言っていました。
RIMG3586_0733.jpg
さあ、連打かと思いきや、これのみでした。

RIMG3587_0912.jpg

探見丸にはいい魚群が次から次と映りますが喰いません。


9:44
ひさびさに掛ったのは35センチのイサキ。
やっと2匹目です。
ふっくらして個体はいい魚でした。
RIMG3588_0944.jpg

10:48
突然、あたります。
掛ったようですが、大きいようで、ドラグが出ます。
イサキではなさそう。
何かわからないけど、慎重に慎重に丁寧に上げてきました。
ビーストマスター3000のドラグゆるゆるでレバー全開。
これでうまいこと上がってきました。

RIMG3589_1048.jpg

48.5センチのマダイでした。

RIMG3597_1233.jpg

これは嬉しい。
いつの間にか左舷で竿を出していた船長に報告すると、
さえない顔でうなずきました。
後で聞くと、
いいベイトが来ていたので8号ハリスの縦釣り仕掛けを入れたら、
2回連続で切られたそうで、
「なんやったんやろ?」
と首を傾げていました。
私が
「大きなサワラとちゃうの?」
と聞くと、
「サワラの引きではなかった」
と船長はいいました。

11:50
探見丸にはますます大きなベイトが映りますが
ここらで納竿となりました。
RIMG3593_1150.jpg

港へ帰ります。
RIMG3596_1227.jpg

RIMG3599_1236.jpg
釣果です。

さえない釣果でした。
老人はイサキ4匹と3匹。3匹の人はマダイを1匹釣っていました。

今年も伊勢湾口にベイトが押し寄せてきています。
7月ごろの縦釣りが楽しみです。
今年も本カツオを釣りたい。
そんなことを考えながら大阪へ帰りました。