FC2ブログ

2019年08月の記事 (1/1)

三重県鳥羽市石鏡の船釣り午後便_2019.8.4

久しぶりに磯釣り師 I 氏と釣行することになりました。
タテ釣りです。
太いサビキ仕掛けをベイトに入れて、
小魚(イワシ)をかけて、さらに仕掛けを底へ落とすと、
大物の魚がかかるという釣りです。
昨年の夏も I 氏とタテ釣りをして、本カツオを2本とりました。
今回予約時に船長に聞くと、
「まだ、本カツオはまわってきていない」
ということです。

 石鏡港に到着したのは8時20分。
RIMG3802_0825.jpg
凪です。風も吹いていません。
遥か太平洋のかなたから台風が近づいているようですが、
うねりもないようです。

  I 氏が到着したのは9時過ぎでした。
ふたりでいろいろ話していると、
地元の常連のM氏が軽トラでやってきました。
M氏は昨日も乗船して釣っていたということで、
船長に頼まれて今日も来たと言っています。
お客は我々三人だけです。
船長は上手なM氏を呼んで保険をかけたのでしょうか。
良い釣果は釣り船にとってお客を呼び込むCMになりますから。
私は口には出さず、心の中で邪推していました。

昨年夏に本カツオが釣れたのもこの三人がメンバーでした。
化け物サイズのトラフグを本カツオと交換してくれと言ってきたのは、
M氏でした。
I氏に「絶対死ぬ」と止められたことを思いだします。

今日は期待できるなと思っていると船長が軽トラで登場です。

船は10時40分に出港しました。
RIMG3807_1037.jpg

それほど走りません。
石鏡港が見える沖で止まり、早速「始めてください」という放送がありました。
水深42m 探見丸にはベイトが見えます。
10時50分。
RIMG3808_1055.jpg


タックルはこんなでした。
竿:アルファタックルMPGデッキスティックセブンスリー243
リール:シマノビーストマスター3000 PE2号+ショックリーダーとしてフロロ7号を20m
仕掛:喰わせサビキたて釣りスペシャル ハリス8号 錘60号
RIMG3825_1437.jpg

20mから底の40mまで仕掛を上下させていると、
ベイトがついて、喰ってきました。
11:00
ツバス(ブリの赤ちゃん)30数センチがトリプルです。
今日は一匹一匹必ず血抜きしました。
そうしないと夏の青物は臭くて食べられません。
RIMG3809_1108.jpg

RIMG3810_1115.jpg

始めてからしばらくして、サワラを釣り上げたI氏とお祭りしてしまい、
20mのリーダーが切れて、仕掛とおもりをロストしてしまいました。
ベイトは押し寄せてくるし、リーダーを組んでいる時間がないので、
1mほど残ったリーダーにゴムクッション2.5mm100センチを取り付けました。
このことはこの後の釣果に現れました。
ぼつぼつとツバスばかり釣れます。

I 氏とM氏はサワラやマダイ、ハマチ、メジロが上がります。
しかし、私にはツバスばかり。_1355.jpg

RIMG3811_1140.jpg

12:03
ダブルでツバスです。
RIMG3812_1203.jpg

12:23またツバス。
RIMG3813_1223.jpg

12:30またツバス。
活性はいいです。
期待できると思って釣っていました。
RIMG3814_1230.jpg

血抜きして締めて一匹一匹クーラーへ納めていました。
RIMG3815_1247.jpg

13:06またツバス。
RIMG3816_1306.jpg

13:40
今日は初めて体験するトルクのある引き。
大ハマチでした。59センチ。
RIMG3817_1340.jpg

探見丸には大きなベイトが現れるようになってきていました。
14:00
RIMG3819_1401.jpg

14:10
いままでにない、トルクのある強い引きです。
5分近くやり取りしたでしょうか。
押したり引いたりでした。
上がってこないので、ラークに乗せて、
綱引きみたいに道糸を手で手繰ったりしてあげてきました。
最後はI氏がタモですくってくれました。
RIMG3820_1410.jpg

76センチのワラサ(メジロ)でした。
RIMG3821_1417.jpg

ここら辺はばたばた釣れました。
40センチのマダイ、ツバス、などが釣れました。
しかし、サワラをばらしてしまいました。
いまだにサワラを釣り上げたことがありません。

14:24
大きな山のようなイワシのベイトが現れました。
RIMG3822_1424.jpg

14:33
だんだんと釣れるツバスが40センチを超えるサイズとなってきました。
RIMG3823_1433.jpg

15:03
サビキに直接40センチの大アジが喰ってきました。
RIMG3826_1503.jpg

15:09
ベイトのイワシはこんなでした。
RIMG3827_1509.jpg

RIMG3828_1518.jpg

15:45
また元気なツバスかと思ってあげてみると、
サワラでした。70センチ。
「やった、初めてサワラ釣ったわ」
というと、目があった船長が、満足そうに微笑んでくれました。

RIMG3831_1545.jpg

16:00
納竿です。
終了直前に私と同じくらいのサイズのワラサをI氏はかけましたが
残念ながら切られてしまいました。
私が釣れて、I氏が切られたのはゴムクッションがあるかないかの違いだったのはと思っています。
今後のタテ釣りには太いゴムクッションが必携だと心にメモリました。

港へ帰ります。
RIMG3834_1406.jpg

釣果です。

RIMG3836_1616.jpg

ワラサ(メジロ)76センチ
RIMG3838_1624.jpg

サワラ70センチ、ハマチ59センチ、真鯛40センチ、大アジ40センチが各一匹。
ツバス30センチから42センチが16匹。

長さ70センチ、45Lのクーラーが満タンです。
大漁でした。
ツバスがハマチだったら言うことなかったのですが。
贅沢ですね。
I氏もM氏も大漁でした。

帰りは飯高の湯につかって帰りました。
今度は再び、本カツオを釣ってみたいです。

淀川でカゴ釣りの練習_2019.7.31

カゴ釣りをするにあたって、
情報収集から始めました。
まず、サイトです。
平磯でカゴ釣りしている方のブログを参考にしました。
その結果、購入したのはこんなでした。

竿:がまかつ がま磯 カゴ スペシャルIV ベイト4号

ヒラマサを念頭に入れて、選びました。
ブログでは初心者が使うのは無理と書いてあったようですが、
ヒラマサ釣りにはこれしかないと思いました。

リール:シマノ カルカッタ コンクエスト400

いわゆるカルコンです。
三尾のカゴ釣り師にどちらのリールが多いかと聞くと、
圧倒的にスピニングだそうです。
「バイトリール使うのは、わしが知ってる限りひとりしかおらん」
と言っていました。
スピニングでもヒラマサは釣れるそうです。

ベイトを選んだのは、サイトで飛距離が出ると書いてあったから、
また、波止釣り師H氏がカゴ釣りを始めていて、
彼もベイトリールを使っていたからです。
彼にカルコン400にダイワのカゴ専用道糸6号を200巻いたというと、
「もったいない!」
と絶叫していました。
練習の時にバックラッシュして糸がズタズタになるから、
無駄になるそうです。

本当に無駄になるのか、
確かめるべく、淀川の豊里大橋の脇にやってきました。

IMG_3188.jpg

ここで投げてみましょう。
道糸のクリップサルカンをつけて錘10号と18号でやってみました。
IMG_3187.jpg


投げるたびにバックラッシュです。

IMG_3189.jpg

ほぐしながら、巻いてみますが、うまくいきません。

IMG_3190.jpg

糸が切れてきました。

やってると、バス釣りの半裸の男性が見に来たので、
「ベイトリール投げたことなくて、練習しているだけなので、あっちへ行ってください」
とやんわり追い払ったりしていました。

そのあとも、苦労しながら根気よく、
バックラッシュをほどいて、巻きなおして投げていると、
突然声をかけられました。
「下手やなあ」
声をかけてきたのは、鯉釣りのおじさんでした。
70は過ぎているでしょうか。
それから30分以上鯉釣りのおじさんと話しました。
おじさんは45年ひたすら淀川で鯉釣りをされているそうです。
思ったことをずけずけ言ってくる人で、
私の業界に昔はそういう職人がたくさんいて、
若い時からそういう人とたくさん話しているので、
懐かしく感じました。
よくしゃべる方でしたが、私の話を聞くのも上手で、
「海で釣ってる人で上手な人は見たことがない」
とか言ってきます。
「俺も年いったら鯉釣りやりたい」
というと、カチンときたらしく、
「あんたは無理や、やめときやめとき」
と言われました。
しかし、鯉釣りの餌が「ごはん」だとは驚きました。

おじさんが去ったあと、サイドスロー気味に投げるとなんとなく出来てきました。
でも、40mくらいしか飛びません。

練習は続けないとだめですね。
また、あのおじさんに鯉釣りの話も聞きたいし。

兵庫県新温泉町三尾の磯釣り2019.7.17

前夜の22時。
道の駅山陰海岸ジオパーク浜坂の郷に到着しました。
今回は車中泊マットを車内にひいて車中泊しました。

翌朝3時起床。
港へ向かいました。
まだ真っ暗です。

RIMG3688_0353.jpg
今回はイカ釣り船の漁火は見当たりません。

私以外は3台の車がみえました。
ルアーマンおひとり、底物師がおふたり、カゴ釣り師がおひとりでした。
渡船に乗りこむ間際からカゴ釣り師の方に話しかけられ、
渡礁するまでずっとしゃべっていました。
実は私はカゴ釣りを始めようとしていて、
いろいろ情報を聞きました。
三尾のカゴ釣り師はリールはSPとベイト、どちらが多いのかなど。
70超えているそうです。年齢が。
長身で男前。若いころはさぞ、女性にもてたでしょう。
この渡船は話し好きで、おもしろい方が多いです。

RIMG3692_0444.jpg

4時40分渡船は出航しました。
底物師おふたりを立島。
ルアー師を西肩。
長身男前のカゴ師をノコギリ。
最後に私は「清水のすい」に降ろされました。
「水深は10m、棚は竿一本です。グレが釣れています。高場から沖をねらうか、船着きからも釣れています。がんばってください」
船長はいつものようにさわやかにスピーカーで放送すると、
港方面へ去ってゆきました。

RIMG3694_0459.jpg


清水のすいは2回目の渡礁です。
前回は餌取が多くて釣りにならなかった記憶があります。
しかもサメがいつまでもウロウロしていて、サメに殺意を抱いたものでした。

RIMG3695_0521.jpg
タックルはこんなでした。
■竿  がまかつ がま磯マスターモデルII 尾長MH
■リール ダイワ インパルト3000SH-LBD
■道糸 フロートタイプ3号
■ハリス サンラインブラックストリーム2.75号 (2ヒロ)
■ウキ キザクラ ディアジーコレッサB
■針 オーナーサスガグレ6号→7号
■うきした 3ヒロ→4ヒロ→3ヒロ

高場は見晴らしはいいのですが高くて釣りにくいのは知っていました。
まず、船着きから白子島に向かって釣ることにします。
RIMG3696_0521.jpg

撒き餌はボイルL4.5kgと生オキアミMkg1.5kgを持ってきています。
刺しえは撒き餌のボイルLから拾います。
RIMG3697_0533.jpg

やりますが、餌取が多いです。
刺しえが残ることがありません。


見えないけどおそらくいっぱいいる餌取に悩まされましたが、
顔や耳にまとわりつくハエにも悩まされました。
これは高場と船着きの岩のはざまにクサフグをいっぱい捨てている人がいて、
おそらく前日のことでしょう。
無数のハエがたかっていました。

仕方がないので、私が網でフグの死骸をすくって海に捨てようとしました。
しかしうまくいきません。
結局、毒魚はさみでいっぴきいっぴき挟んで、
海へ投げました。
水たまりもフグの体液で悪臭を放っていたので、
バケツで海水を汲んできて流しました。
5杯は流したでしょうか。
釣った魚をリリースせず、磯で野ざらしにするとこういうことになりますので、
もう、やめてもらいたいものです。
この作業で30分は費やしました。

RIMG3698_0549.jpg

6:20
やっと何か釣れたと思ったら、チャリコ。
リリース。
RIMG3699_0620.jpg

6:24
嫌いな魚ササノハベラ。
リリース。
RIMG3700_0624.jpg

相変わらず刺しえは取られ続けていました。
6:40
小アジです。えらいのが釣れました。
ここはだめかもと思いました。
リリース。
RIMG3701_0640.jpg

小アジが釣れたので、船着きは見切りをつけて、
7時過ぎに高場に移動しました。
この景色懐かしい。
ウキ下は竿一本。3ヒロから始めました。
こちらにはいっぱいサンバソウがいます。
7:19
サンバソウ。りりース。
RIMG3702_0719.jpg

7:28
高場から見下ろして左手の岩礁の際に仕掛けをいれると、
グレらしき引きです。
34センチ。血抜きして締めてクーラーへ。
RIMG3703_0728.jpg

7:36
コッパグレ。リリースです。
RIMG3704_0736.jpg

7:46
コッパグレ。リリースです。
RIMG3705_0746.jpg

RIMG3711_0802.jpg

左手岩礁の右際はグレの巣になっているようです。
しかし、その海面直下にはサンバソウの層と、
その下にはコッパグレの層があり、その二つの層を突破したら、
30センチ以上のグレがいることが分かってきました。

7:49
コッパグレ。リリース。
RIMG3706_0749.jpg

7:51
コッパグレ。リリース。
サンバソウを抜けてもコッパグレの層で喰われます。
RIMG3707_0751.jpg

この後もコッパグレとサンバソウが釣れ続き、
突破口が見いだされませんでした。
喰いがいいのにもったいないと焦っていました。

RIMG3713_0808.jpg

8時半を過ぎたころから、職漁船が竿を出しています。
もしかしたら、本流が流れてだして、ヒラマサが釣れているのでは。
と妄想して、船を凝視していました。
しかし、竿が曲がる様子はありません。
RIMG3714_0855.jpg

餌取しか釣れない釣りに飽きてきていた私は、
フカセのヒラマサタックルを組むことにしました。

RIMG3717_0914.jpg
RIMG3718_0915.jpg

レマーレの竿にレマーレ5000番のリール。
道糸は4号。ハリス5号。
仕掛は全層誘導です。
針はヒラマサ針。
刺しえは大きめのボイル。
撒き餌にぶっ飛びボイルを混ぜました。
タックルを組み終えて、いざ、始めようとしたら、
職漁船はどこかへ行ってしまって、いません。

投げてみますが潮は流れていませんでした。
仕掛まで撒き餌は届かないし、
これをやり始めると、三尾の磯では、フカセはしんどいなと思います。
だから、カゴ釣りもできないとだめだということです。
1時間ほどやってみますが、あたりもなく、無駄な1時間でした。
風が少しづつ吹き始めました。

再び、元のフカセタックルで岩礁右際のグレの巣で釣り始めます。
風がだんだんと強くなって釣りづらくなっていました。
風が強いときは千釣法です。
10mの3号ハリスを道糸に松田スペシャルで直結し、
真ん中の5mでカラマン棒を入れて、その上に00うき。
ウキ止めなしで、ハリコミ小次郎と針を先につけます。

するとすぐに釣れました。
9:51
34センチ。締めてクーラーへ。
RIMG3719_0951.jpg

うまく餌取をかわせています。
撒き餌をまいてサンバソウを引き付け、
そこへ仕掛けを引っ張て横から滑り込ませ、
仕掛をウキごと沈めてゆきます。

そのあとすぐに30オーバーが釣れました。
しかし、針を外した直後に落としてしまって、左の岩場のはざまに落ちました。
何とか残っていたので、降りて行って拾うことにしました。
RIMG3720_1031.jpg

下まで行きつきましたがグレは拾い上げる寸前で波にさらわれて、
逃げて行ってしまいました。

降りてみるとここからできそうだと思いました。
干潮に近いので潮も引いている。
千釣法はできるだけ海面と水平に近いほうが釣りやすいのです。
RIMG3721_1037.jpg

段取り替えは時間がかかりました。

10:47
35センチ。
クーラーは高場にあるので、締めてから持って上がりました。
RIMG3722_1047.jpg

仕掛を張って待つと竿一本でドーンと手ごたえがあり、
グレがかかりました。
これは面白い釣りでした。
夢中で釣りました。
もう時間がないので、バケツで血抜きしながら、キープグレをためていました。
画像を撮る余裕はありませんでした。
11時過ぎてから、コッパと30クラスが交互に釣れました。
RIMG3723_1052.jpg

RIMG3724_1104.jpg

RIMG3725_1140.jpg

RIMG3728_1200.jpg

11時30分に納竿です。
12時迎えなので急いで片づけます。

釣果です。
RIMG3726_1154.jpg
32センチから36センチまでのクチブトグレ、尾長グレが7匹。
35センチのサンバソウを1匹。
もっと早く、千釣法でやるべきでした。
しかし、餌取のかわし方が一つできたことは、
大きな収穫となりました。

渡船が迎えに来ました。
西肩で釣っていたルアーマンを白子島に降ろして、
清水のすいにつけてくれました。

RIMG3729_1202.jpg

ノコギリで釣っていた男前の老カゴ師は思わしくない釣果だったようです。
「まだ、早いな」
と言っていました。

帰りはユートピア浜坂で温泉につかり
江野そばでおろしそばをいただいて帰りました。
次の三尾はヒラマサをカゴでチャレンジしたいと思います。