FC2ブログ

鬼カサゴ(宮津沖)の水炊き

 日本海の鬼カサゴはどんな味なのでしょう。
IMG_0403.jpg
 大王崎沖の鬼カサゴと同じく、水炊きで食べてみることにします。
一緒に釣れたガシラも身だけ鍋に入れてみます。
IMG_0404.jpg
さばきました。
IMG_0405b.jpg
 羅臼昆布で出汁をとります。
IMG_0413.jpg
 出汁がとれたら、昆布を引き上げ、
鬼カサゴのあらだけをいれて、再び出汁をとります。
IMG_0414.jpg
三重県の清酒「るみ子の酒」をひとまわし入れます。
IMG_0419.jpg 
白菜、長ネギ、豆腐、薄あげ、シイタケ、豆腐を入れて、
鬼カサゴとガシラの身を煮ながらポン酢で食べます。
ポン酢の薬味は刻みネギと大根おろし、もみじおろしです。
IMG_0420.jpg
鬼カサゴの頭はすでに引き揚げてありました。
IMG_0421.jpg
目の下の身がおいしいです。
鍋が終わったら、雑炊です。
ご飯を入れます。
平らになるくらいに整えたら、
このままで。
決してかきまぜてはなりません。
でんぷんが出ます。
でんぷんを出させたら、それは雑炊ではなく、
「洗濯のり」になってしまいます。
IMG_0426.jpg
蓋をして静かに煮ます。
泡が出たら、火を止めて、とき卵、刻みネギ、塩、だし醤油をいれて、
再びふたをします。
IMG_0427.jpg
少しむらしたら完成。
お椀によそって、刻みのりをふりかけていただきます。
IMG_0429.jpg

 さて、今回の感想です。
鬼カサゴは大王崎沖(太平洋)と宮津沖(日本海)どちらが美味しかったでしょうか。
家族と私の感想はそろって、宮津沖(日本海)でした。
うま味が濃厚で、身もぼってりほっこりでした。
大王崎沖(太平洋)もとても美味しかったのですが、
今回は僅差で宮津沖(日本海)でした。

 ただ、雑炊に関しては私の感想は大王崎沖(太平洋)の方が美味しく感じました。
ガシラの身が邪魔していたのかもしれません。
ガシラは煮つけにすれば、よかったのかも。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック