FC2ブログ

三重県熊野の磯釣り2017.8.23

 大阪から三重県熊野市の渡船乗り場まで、
3時間半で到着し、午前2時で誰もいません。
4時まで仮眠をとりました。
RIMG0145170824.jpg

4時45分渡船の船長が軽トラで登場です。
今回は私ひとり。
他に夫婦と思わしき他のお客さん。
猛暑の影響でしょうか、今日の客は3人です。
5時過ぎ渡船は出港しました。
RIMG0147_170825.jpg
RIMG0149_170825.jpg
 夫婦のお客をマブリカの丸王子で降ろすと、
船長が私に、
「地方がいいか、マブリカがいいか?」
と聞いてきました。
私は「マブリカで」と答えました。
船長が渡してくれたのは、
マブリカの「東の鼻」という磯でした。
RIMG0151_170825.jpg

 早速段取りです。
解凍したボイルオキアミをバッカンに入れて、
海水で浸します。
パラパラと磯際で撒くと、動きはありません。
午前5時半、今はほぼ満潮です。

タックルはこんなで支度しました。
■竿  シマノベイシス1.7号530

SHIMANO(シマノ) ロッド ベイシス 1.7号 530

■リール ダイワインパルト2500H-LBD
■道糸 シマノ ファイアブラッド ハイパーリペルα ナイロン ZEROフロート2.5号

シマノ(SHIMANO) ナイロンライン ファイアブラッド ハイパーリペルα ZEROフロート 150m 2.5号 ピンク NL-I51P

■ハリス サンラインスーパートルネード3号 3ヒロ
■ウキ 釣研とばしウキM キザクラあたりウキB
■ハリ がまかつひねくれグレ5号
道糸にハリスを直結してハリスにウキを入れて、
固定です。

刺し餌はボイルオキアミL。

 お土産でコッパグレを確保しようという算段です。
ウキしたを2ヒロで始めます。
6時に第一投です。
向かい風であて潮です。
ボイルオキアミを撒きながら、
ウキを見ていると、いきなり沈みました。
おお、コッパグレと思い抜くと、小さなイスズミでした。
リリースです。
弁当船が来る8時半までになんとか
グレを釣りあげたいと思っていました。

 活性は良いようです。
ボイルしか撒いていなのですが、
次第に餌取りも集まってきます。
茶色のひらひらしたやつ、
シラス、
その下にコッパグレらしき影。

 餌はよく取られました。
弁当船が来るまで、3回ばらしました。

1回目、うす茶色の魚。磯際でハリス切られ。
2回目、磯際で浮かす寸前、タモを取ろうとしてたらばれる。
30オーバーの青いグレでした。鈎がほどけています。情けない。
3回目、けっこう引きました。磯際で道糸を切られました。
だぶん、グレかサンノジ。
なんとか、釣りあげられたのは、
25センチのイガミでした。
RIMG0153_170825.jpg
リリースしました。

 8時30分とうとう弁当船がやってきました。
舳先にいるのはおそらく、仕出し屋のおやっさん。
弁当をタモで受け取りながら、
「どーですか?」と聞かれました。
「イガミ一匹とばらし三回」と答えます。
おやっさんは「イガミいっぴきらしい」と
船長に報告しています。

 弁当を食べます。
今回は焼き鮭弁当でした。
初めて試みですが、ビールも飲むことにします。
RIMG0157_170825.jpg
しかし、暑いです。
ビールがうまい。磯の上で飲むと格別です。

 ばらしている間に仕掛けも替えていました。
ウキを誘導にしたオーソドックスな仕掛けです。
ウキBは変わりません。
ハリスは3号。道糸を3号に替えようかと
思いましたが、暑くてめんどくさくなって、そのままです。

 9時。あと2時間です。
撒きえに集魚剤とアミエビを混ぜました。
餌取りと下のグレを上下分離できないかと思いました。

 ウキした4ヒロで再開です。
RIMG0158_170825.jpg
正面に1年前に初めて、磯釣り師 I 氏とあがった「モタレ」が見えます。
その時はタカノハダイを釣って怒られました。

 RIMG0163_170825.jpg
北を見ると鬼ヶ城です。

 ふと見ると、沈み瀬があるようです。
RIMG0159_170825.jpg
こういうところに大物が潜んでいる。
どこかで読みました。
ウキを5Bに変えて、遠投しますが、
全然届きません。
潮は相変わらずのあて潮で、仕掛けが流れてくれませんでした。

 10時半ごろ。
磯際で大きなあたりです。
かなり引きます。今日いちばんの引き。
3分は格闘しましたがなかなか弱りません。
またも磯際で道糸を切られました。
凄いスピードでウキが海中へ消えてゆきます。
「なんでやねん~」絶叫しました。

 11時。
スカを喰らってハリスが道糸に酷く絡んだのを機に
納竿です。
坊主を喰らいました。
4回切られたのは残念です。
道糸が細かったです。
過去の教訓を活かしていません。
4号でもよかった。
マブリカの魚は一筋縄ではいかないですね。
道具を仕舞っていると、腕や足の筋肉がつります。
バッカンを洗っていると、両足の太ももがつりました。
これでは渡船に乗れない。
少々焦りましたが、じっとしてるとなんとかおさまりました。
 11時30分きっちりに渡船が来ました。
なんとか乗船し、マブリカとお別れです。
RIMG0167_170825.jpg
船長には、4回ばらしのイガミ1匹リリースと報告します。
すると、残念賞なのでしょうか。
船長からもらいました。
RIMG0168_170825.jpg
活きてます。

 帰りは途中、農協の売店でハウスみかんを買って、
それをほうばりながら、きなりの湯へ向かいました。
みかんが甘くて大変美味しかった。
値段が高いだけのことはあります。

 きなりの湯に着いて、
駐車場で車から降りたとたん、
またも、両太ももが痙攣です。
湯船にたどりつくまで難儀しました。

 なんとか大阪に着いたのは夕方5時。
こんどこそ、マブリカで大物を釣ってみたいものです。

コメント

No title
マブリカのバラシ連発は残念でしたね
磯際で大型の魚を掛けた場合はどうやりとりして
どこで取り込むか、までを最初にイメージしておく方がいいです
磯際でのやりとりは強引さも必要ですから

あと足は大きいのを連発で掛けたからですね(笑)
私も初めて石鯛(56cm)を釣った時は足が震えていましたから(笑)

次は大きいのを取れるように頑張ってくださいね!
ありがとうございます。
底物死さん、コメントありがとうございます。
磯際のやりとりがまだまだ下手です。
竿にリール付けて家でシュミレーションしてみようと思います。
次は必ず獲ります。
足は掛けたて踏ん張ったからですか。
気付かなかった。
てっきり、斜め前に傾斜している足場と
熱中症の初期症状と年齢が原因だと思っていました。

管理者のみに表示

トラックバック