FC2ブログ

兵庫県新温泉町三尾の磯釣り2017.10.27

 三尾の船着き場に到着したのは夜中の2時。
誰もいません。
今回もひとりです。
6時出港ということで、
5時まで車中で寝ます。
5時前に目が覚めて、周囲を見ると、
5台ほど車がありました。

 6時前10人のお客を乗せて。
渡船は出港しました。
5時に出港した前回に比べて、
明るいです。
ヘッドライトはいりません。

 4番めに呼ばれました。
船長から、スピーカーで
「ここはババタレという磯です。」
と私だけ磯の名称を教えてくれました。
渡礁します。
「水深は、15mほど、いちばん上に上がると
沖向きの場所にいけます」
「がんばってください」
とアナウンスすると渡船は次の磯へ向かいました。

ババタレは独立磯です。
この後だれも上がってこなければ、
私のひとり天下です。
沖向きのポイントは、
15mほど歩けば着きました。
RIMG0343_171027.jpg
RIMG0362_171027.jpg


東はこんな風景。
RIMG0345_171027.jpg

西を向けばこんな風景。
RIMG0344_171027.jpg

 潮はこんなでした。
171027.jpg

 天気は晴れ、風もありません。
海はなぎです。
台風が近づいています。
きっと魚は荒喰いするはず。
今日はもらったと思っていました。
 
 撒き餌を作ります。
ボイルオキアミLを3kほぼ潰して、
海水と集魚剤を入れて混ぜました。
集魚剤を使うのは久しぶりです。
さし餌はさし餌用ボイルオキアミを
マルキューの「グレにはこれだ」で
漬けこんだものです。

 RIMG0349.jpg
撒き餌をしようと、
海面を覗き込んだ瞬間、
大量のスズメダイがわいてきました。
まだ撒き餌もしていないのに。
げんなりしました。
前日の釣果報告に30センチ以上のグレが釣れ始めたと
あったので、まず30センチのグレ狙いです。
始めのタックルはこんなでした。

■竿  シマノラフィーネ1.5号500
■リール ダイワインパルト2500H-LBD
■道糸 バリバストリビュート3号フロートタイプ
■ハリス サンラインスーパートルネード2.5号
■ウキ キザクラウキS2B キザクラあたりウキB
■ハリ がまかつ ひねくれグレ5号

ハリスを3ヒロ(4.5m)道糸に直結して、
ウキあたりウキなどの仕掛けをハリスに入れました。
ウキ下3ヒロでスタートします。

餌をつけて、リールを巻き上げるときに、
餌し餌が海面に触れました。
その瞬間、いきなり10センチのスズメダイが釣れました。
まだ撒き餌もしないうちに。

 道具を置いた場所と、釣り場が少し離れていたので、
開始は7時を過ぎていました。
仕掛けを入れても潮は流れていません。
ここから9時まで15センチから20センチのコッパグレが釣れました。
_171027.jpg
リリースです。
徐々に沖へポイントをずらすと、
サイズアップしてきました。
23センチが釣れます。
RIMG0347.jpg
少し迷いましたがいちおうキープします。

ゲストはこんなでした。

フグです。
RIMG0348.jpg
こいつはスズメダイの次に多かった。
鈎もよく取られました。

サンバソウです。
RIMG0351_171027.jpg
20センチくらい。
すべてリリースです。

ウマズラハギです。
RIMG0352_171027.jpg
スレでかかってきました。
20センチ。
リリースです。

 9時過ぎに、渡船の船長が見回りに来ました。
「海之助さん、どうですか?」 船長

「コッパグレばかりです」 私

「エサトリはいますか?」 船長

「この前あたりに、スズメダイが大量にいます。
遠投で沈め釣りでやってみます」 私

「がんばってください」 船長
船長はさわやかに言い残し、去ってゆきました。
コッパグレは30匹以上釣ったでしょうか。
活性はいいのに、サイズアップできない。

 10時過ぎから沖を狙ってみます。
タックルはこんなでした。
■竿  シマノ ベイシス1.7号530
■リール シマノ  レマーレP5000DHG
■道糸 VARIVASトリビュート磯フロートタイプ5号150m
■ハリス シーガー グランドマックスFX 6号
■ウキ 釣研 翔黒 B
■鈎 がまかつふかせヒラマサ10号
RIMG0354_171027.jpg
ヒラマサとか青物も視野に入れていました。
 ハリスを2ヒロとって、
ウキしたを3ヒロで始めます。
遠投しますが、なかなか思うように、飛んでくれません。
潮は流れ始めていて、
西から東へ流れます。
仕掛けもじわじわ沈みながら流れます。

 しかし、あたりはありません。
東の潮だまりと思われる場所に来ても
前回の三尾の仏谷のように喰ってきません。
あかんのかと思っていると、
磯際で1m近いサメがうろうろしています。
RIMG0356_171027.jpg

何度もやっていますが、
何も喰ってこない、餌は取られるです。
サメは相変わらずうろうろしています。
スズメダイは逃げません。
サメもスズメダイには興味が無いようです。
いやな予感がしました。
最初のタックルに変えてやってみます。

だめです。
餌が取られるだけです。
入れ喰い状態だったコッパグレは
まったくいません。
サメを追い払おうと石を探しますが、
磯の上に石などありません。
エアガンで撃ってやりたい気分です。
アマゾンでなら、すぐに配送してくれます。
機関銃みたいなやつで、撃ちまくろう。
真剣に考えていました。
アウトレイジ最終章で主人公の「大友」が
海中のタチウオを拳銃で撃ち抜くというシーンがありました。
そんな感じで、です。

Classic Army (クラシックアーミー) M249 MINIMI Mk1 AEG


 いろいろ場所も替えていました。
東側の水道。
RIMG0364_171027.jpg
西側にも行ってやってみますが、
何も喰ってきません。
結局、片付け始める13時まで何も釣れませんでした。
キープしていた23センチのクチブトグレはリリースします。
RIMG0353_171027.jpg
元気に泳いで帰ってゆきました。

 13時10分納竿です。
片付けます。
RIMG0376_171027.jpg
今回、しょいこを使ってみました。

TAKAMIYA(タカミヤ) アルミフレームパック TG-4022


片付けが終わって、磯の南側を見にゆきました。
すると、対岸の地方に海の洞窟が3つもありました。
RIMG0367_171027.jpg
RIMG0368_171027.jpg
これはただもんではありません。
あとで調べるとここは、
「地獄極楽洞門」
というところでした。
小さな船で中に入られるそうです。

14時に渡船が迎えに来ました。
船長に状況を報告すると、
「30センチ以上は出ませんでしたか」
と言っていました。

私以外に、14時上がりのひとがいて、
途中寄りました。
私は船首でクーラーを受け取り、
サポートしました。
そのカゴ釣り師は、けっこうマダイを釣っていました。
ボウズだった私にさりげなく、
気をつかっていただいていたようです。

 もらったと思った三尾釣行。
私以外の釣り人は皆さん大漁だったようです。
甘かったですね。
考えが。

また来ます三尾。
RIMG0385_171027.jpg
本当にいいところでした。
私の釣果以外は。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック