FC2ブログ

三重県鳥羽市石鏡の船釣り午前便_2017.12.3

 午前零時に大阪を出発して、
阪神高速ー南阪奈道-166号-伊勢道-パ-ルロードと
乗り継ぎ、石鏡港へ到着したのは午前3時40分。
2台の車が止まっています。
乗船する船の前にクーラーを置きに行くと、
すでにひとつ置いてありました。
今日は釣り座選択順は2番です。
あとから到着する磯釣り師 I 氏のために
クーラーを二つ置いて、
2番、3番を確保しました。
しばし、仮眠します。

 午前5時目が覚めると磯釣り師 I 氏が到着していました。
挨拶を交わしてから、堤防へ状況確認です。
RIMG0756_171203.jpg
まだ真っ暗。
風が少々吹いています。
波も少々という程度です。 

  I 氏と準備していると、
3人グループから、
「ミスター○ー○ーというジギング船は
どれか分かりませんか?」
と聞かれました。
なんとなく船名は知っていたので、
私が案内していました。
ジギンガーさんから「なに釣りますの?」と聞かれたので、
「餌釣りでヒラメです」と答えると
「餌は何?」と聞くので、
「活きたイワシ」と言うとたいそう驚いていました。
そうこうしているうちに、船長が軽トラでやってきていました。

 6時港のいけすで活きイワシを積み込むと、
船は出港しました。
私が初心者で、未熟者であるが故、
釣り船に迷惑をかけるといけませんので、
船名は書きません。
いつもメインで乗っている船です。
RIMG0758_171203.jpg
RIMG0761_171203.jpg

  I 氏が左舷ミヨシ、私は左舷胴に釣り座を構えました。
他のお客は、ひとりで来ていた1番さんが右舷トモ、
前回一緒だった常連さんが左舷トモ。
4人組のお客が右舷へミヨシから並びました。

 潮はこんなでした。
Image-1.jpg
 
 タックルはこんなでした。
ロッド:シマノ バイオインパクトX ライトヒラメ225
リール:シマノ ビーストマスター 3000にフロロ7号を150m巻く。
仕掛け:船長支給でエダス90センチ、トリプルフック、丸セイゴ鈎。
1本針仕掛け捨て糸50センチで錘60号指定です。
餌は活きイワシ。15~20センチでした。
探見丸を持ち込んでいます。
RIMG0762_171203.jpg
着いたポイントは鎧崎沖。
RIMG0763_171203.jpg
夜も明けてきました。
RIMG0764_171203.jpg
神島が近く見えます。
RIMG0765_171203.jpg

 6時40分釣り開始です。
ヒラメ釣りは第一投で釣れるかどうかで、
釣果がだいたい読めます。
第一投、第二投とも不発でした。
イワシはおとなしく海低を泳いでいます。
ダメっぽい雰囲気です。

 7時過ぎ、イワシにアタックしてきたのはこいつでした。
RIMG0767_171203.jpg
ガシラ(カサゴ)です。
どうもガシラの活性が良いようで、
掛ると、すぐ根に潜ります。
根がかりになったのがこの後、2回続きました。
仕掛けは、なんとか回収出来ました。

 7時25分。
イワシに何かが、喰いついたり、離したりしていますが、
なかなか喰い込みません。
様子がおかしいので、上げてみるとヒラメが居食いしていました。
RIMG0770_171203.jpg
こいつは、トリプルフックを深く呑み込んでいて、
強引に取り出すと、内臓の一部がくっついて出てきて、
激しく出血しはじめました。
自分で締めて、血出ししてからクーラーへ入れました。
RIMG0772_171203.jpg
ここから8時台は活性が悪く、
何もイワシにアタックしてこなくなりました。

 9時10分過ぎ。
船は何度もポイント移動を繰り返し、石鏡の近くまで来ていました。
ここら辺から、潮がふらついているのか、
船がふらついているのか分かりませんが、
反対側の右舷のお客と仕掛けがオマツリしました。
 そんな感じでやっていましたが久々にアタックしてきて、
掛ったのは、大きめのヒラメかと思いました。
しかし、違いました。
RIMG0773_171203.jpg
アコウです。
船長が操舵室から顔を出して、
「何が釣れた?」というので見せると、
「キジハタやな」と言いました。
こちらではアコウのことをキジハタと呼ぶようです。
RIMG0775_171203.jpg
40センチあります。
このころI氏がヒラメを2枚釣りました。
コチやカサゴなど、ゲストが多かったのですが、
やっとヒラメが釣れてホッとしているようです。

 それからまた、あたりが遠のきました。
11時過ぎました。
石鏡の沖まで来ています。
11時半で納竿です。
なんとかあと1枚と思っていると、あたりが来ました。
掛けると、大きな、強い引きです。
50オーバー間違いないと思って上げてくると、
40センチ未満のヒラメのスレ掛りでした。
 活性が上がってきたようで、
イワシが逃げ回ります。
しかし、最後の一投で掛ったのはハマチでした。
RIMG0777_171203.jpg
11時40分、納竿です。
港へ帰ります。
RIMG0779_171203.jpg
釣果です。
ヒラメ 39センチ 42センチ
アコウ(キジハタ)40センチ
ハマチ 43センチ
ガシラ(カサゴ)25センチ
ヒラメ2枚なので、まあまあといったところです。
RIMG0810_171203.jpg
RIMG0807_171203.jpg

 午後便はウタセマダイで私は乗りますが、
I氏は帰るそうです。
私のことを「元気やなあ」と言います。
船長に聞くと午後便のお客は私ひとりだと言います。
嫌な予感がしました。
中乗りで乗ってきていた船長の息子さんに、
「午後便は一緒に竿を出そう」と誘いましたが
逃げられてしまいました。
聞くと高校2年生。
私の息子S之助と同じ学年でした。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック