FC2ブログ

三重県鳥羽市石鏡の船釣り午後便_2017.12.3

 午前便の乗船者が多かったので、
午後便ウタセマダイは出港が12時30分を過ぎていました。
乗船者は私だけ。
船長と二人っきりの午後便となりました。
RIMG0781_171203.jpg
潮はこんなでした。
Image-1.jpg

タックルはこんなでした。
竿:がまかつ がま船 真鯛ハイパースペック300
リール:DAIWA 17 タナセンサー 400
道糸:ラインシステム ウタセマダイ6号(フロロ6号)200m巻く
仕掛け:(船支給)胴付き仕掛け、幹フロロ6号、
エダスフロロ5号1.5m、間隔1.5mステ糸0.5m真鯛鈎12号3本針
錘:30号→40号→50号→60号→30号→60号→35号→20号→10号→20号
ステ糸:50センチ→3ヒロ→1ヒロ半

RIMG0784_171203.jpg

着いたポイントは石鏡沖。

RIMG0787_171203.jpg

ウタセエビのサイズはまあまあ。
元気でした。

RIMG0789_171203.jpg

水深は45m。
釣り座は午前のヒラメと同じ左舷胴で始めます。
流れ出したら右舷へ移るよう言われました。
「はい、やろか」船長から開始の合図があり、
12時50分第一投です。
おもり30号、ステ糸は無しでという指示です。
底を取って、すぐでした。
あたりがあり、あわせて巻きます。
釣れたのは25センチのマダイ。
第一投から釣れるとは、活性がいい証拠です。
時合です。ちょうど潮が流れだす直前。

RIMG0790_171203.jpg

 第二投も底を取ってから、すぐでした。
竿先が引き込まれるような大きなあたりが来ました。
瞬間あわせて巻きとると、
根に潜られてしまいました。
感触では間違いなく40オーバー。
なんとか根から引きずり出そうと、
押したり引いたり、
右に左にひっぱり、
粘ります。
そうこうしていると、いきなり
「ぱあぁぁん!」
という拳銃を発砲したような大きな音が鳴って、
竿の3本継ぎの真ん中が半分くらいで、
折れてしまいました。
その音に驚いたのでしょう、
船長が操舵室から顔を出して、
「どうした?」と聞いてきました。
私は落ちて海面にかろうじて漂う竿を拾おうとしながら
「竿が折れた」と言いました。
なかなか拾えない私を見かねて、
船長が操舵室から出てきて、
船べりから身を乗り出して拾ってくれました。
欲深さが出ました。
前回常連の「主」さんに「贅沢言うたらいかん」と
たしなめられたことをなんとなく思い出していました。

RIMG0791_171203.jpg

 毎回竿を折るたびに思うのは、
はたして俺は釣りをする資格があるのだろうかということです。
この竿はいちばん気に入っている竿で、
大鯛が釣れるというイメージが持てる竿でした。
ショックは大きかったです。
落ち込む私に船長は何も言いませんでした。

RIMG0792_171203.jpg

 しかし、いまは時合です。
落ち込んでいる時ではありません。
キャビンに置いたロッドケースから予備の竿を
取り出し、大急ぎで段取りします。
船長から右舷に釣り座を移動するよう言われました。
竿はシマノ海春。6:4調子の万能竿です。
波止釣り師H氏はこの竿でよく釣ります。
右舷トモに釣り座を構えました。

RIMG0793_171203.jpg

 14時ちょい前から再開です。
潮が流れ始めています。
流れは強いです。
潮がふらついているのか、船がふらついているのか
よくわかりませんが、
流れだした潮は右舷の方へ流れたり、
左舷の方へ流れてみたり、定まりません。
それでも、小鯛23センチとガシラが釣れました。
竿が折れた根がかりは、
おそらく大きめのガシラだったように思います。
ガシラの活性はまあまあって、
この後も根がかりが3回ありました。
ウタセマダイしていて、根がかりなんてほとんど記憶にありません。

 万能竿「海春」はあたりが取りにくくて、
ウタセマダイには向いていない竿でした。
折れた竿「真鯛ハイパースペック」がいかに
高性能であったかがよくわかります。
 
 14時半を過ぎると、あたりはまったくなくなり、
餌も取られなくなりました。

 潮が落ち着きだした15時半過ぎ、
船長がウタセエビを巻きながら、
釣り座を構えて、釣りだしました。
私は船長の様子で時合なのかかどうかが
ある程度分かります。
釣れ出すのではないか?
期待して、エサを取り替えては投入し、
あらゆる誘いをやってみますが何もあたってきません。
船長はたまに小鯛か何かを掛けていますが、
思わしくないようです。
「船がふらついて、撒き餌が効かん」と言います。
1時間もしないうちに船長は道具を仕舞ってしまいました。
日が暮れてきました。
本当はここらが大鯛が喰ってくると
テンションが上がるのですが、
まったくそんな気がしませんでした。

RIMG0797_171203.jpg
RIMG0798_171203.jpg

17時。
「もうあきらめるわ」
船長にギブアップ宣言しました。
船長はちらっとこちらを見ましたが、
何も言いませんでした。
納竿です。

満月です。
明るい満月です。
RIMG0804_171203.jpg

 思えば満月の日に釣れた記憶がありません。
満月を背に港へ帰ります。
お月さんに嘲笑されているような気分でした。

RIMG0806_171203.jpg
釣果です。
小鯛2匹
ガシラ1匹
RIMG0811_171203.jpg

 港で迎えてくれた女将さんに、
「ウタセマダイでこんな釣れなかったのは久々や」
とぼやき。
船長には「また来ます」と告げて帰りました。

 途中、鳥羽市内の坦々麺屋で坦々麺を食べました。
やっぱり餅は餅屋、坦々麺は坦々麺屋です。
 パールロードー伊勢道ー新名神ー名神を乗り継ぎ、
途中仮眠なし、2時間50分で大阪へ到着しました。
今度こそ大鯛を釣ってみたいものです。

コメント

No title
こんにちわ

ロッド折れたのは大変でしたね
カーボンロッドは急激に煽ったりすると割と簡単に折れるので要注意ですよ
以前、高知県南西部の磯に遠征した時に同行者2人(同じ竿)が買って間もない竿を根がかりを外す為に竿を煽って元竿で折れたのを見たことがあります

根に入ったと思ったらいたずらに引くのではなく時には少し緩めたりして根から動くのを待つのもありですよ
引っ張れば余計に根に張り付くということもあるみたいですので
コメントありがとうございます。
お久しぶりです。
知識としては折れるかもというのは
分かっていたのですが、
やってしまいました。
引っ張れば余計に.......
そうなんですね。
今後参考にさせていただきます。
磯はなかなか行けません。
がんばります。

管理者のみに表示

トラックバック