FC2ブログ

三重県鳥羽市石鏡の船釣り午後便_2018.4.21

 磯釣り師 I 氏が土曜日に釣行したいというので、
土曜日は仕事がなかったので同行することにしました。
一日おいての同じ船での釣行になりました。

 照れくさかったので、予約は I 氏に匿名でお願いしました。
I 氏のリクエストで、港でウキフカセ釣りする予定だったので、
名神、新名神、伊勢道、パールロードをひた走り、3時間で石鏡港へ着きました。
8時過ぎ準備をしていると I 氏が到着です。

 港内にチヌが居ついている場所があることを
メインで乗っている釣り船の船長に教えてもらっていました。
実際に私も船上から海中を泳ぐチヌの群れを見ていました。
そこでチヌを釣ることにします。
RIMG15750933.jpg
I 氏は少し離れたところで釣り始めます。
撒き餌、刺しえ共にボイルオキアミLです。
撒きますがクサフグが集まります。

 8時30分過ぎから始めて、1時間たったころでしょうか、
やっとチヌがかかりました。

RIMG15730924.jpg

 39センチのチヌ。
けっこう引きました。元気なチヌです。
海草に自分の体とハリスを絡めて抵抗しました。
しかし、
チヌはいつも釣れるので、さほど嬉しくもありません。

I 氏も掛ったようです。
腰をためてやりとりしています。
これは43センチのチヌでした。
I 氏はこの後、30センチのチヌを釣りあげ、すぐにリリースしていました。

RIMG15771048.jpg
いけすで泳がせた後、しまう時に2匹ともリリースしました。
「チヌ釣って運を使い果たしたんちゃうか?」
というので、縁起でもないと聞き流しました。

11時過ぎ、堤防に上がるとなぎでした。
RIMG15791148.jpg

 ふたりで釣りのことや仕事のことをしゃべりながら、
軽い食事をとっているといつの間にか時間が来ました。
支度して、船着きで午前便の帰りを待っていると、
女将さんが来ました。
私の顔を見て少し驚いていました。
一昨日、記者さんを駅まで送ったことのお礼を丁重に言われました。
「どういたしまして」
微笑みながら返しました。

 午前便の到着です。
I 氏によれば、船長は私の顔を二度見していたそうです。

午前便のお客とすれ違いざまに会話しました。
「どーでした?」
「まあまあ釣れたよ」
「餌取りいました?」
「まったくいなかった」
「ステ糸は何m?」
「3m」
船に乗って振り返ると、女将さんがクーラーの中身を
撮影しています。

 釣り座は、 I 氏が左舷トモ。私は左舷胴です。
クーラーは1番2番だったので、私は右舷トモに座れたのですが、
前回、その場所でよう釣らなかったので遠慮しました。
また、道糸が胴からトモへ流れるのが分かっていたので、
どうせおまつりするなら知り合いがよかろうとI 氏に
気をきかしたのもあります。

 同船者はひとりで来ているまあまあ常連っぽい人。
この方が右舷トモ。
以前に同船した義父そっくりな年配の方とお連れの2人組。
おふたりは右舷胴に並びました。

 12時過ぎ、船は出港しました。
RIMG15811213.jpg

到着したポイントは一昨日と同じ水深65mの石鏡沖。

RIMG15841235.jpg

タックルはこんなでした。

竿:シマノ ライトゲーム SS モデラートTYPE73 H225
リール:シマノ フォースマスター800
道糸:PE3号250m巻く

仕掛け:(船支給)胴付き仕掛け、幹フロロ6号、
エダスフロロ5号1.5m、間隔1.5mステ糸0.5m真鯛鈎12号3本針
錘:30号→40号→60号→40号→30号→20号→10号
ステ糸:3m→なし(20センチ)→5m

 始めますが、潮が流れています。
道糸がトモの I 氏の横を流れます。
そして、時々まつります。

RIMG15861412.jpg

 探見丸には20~30m付近にベイトが見られました。
潮はますます右舷寄りに流れるようになり、
ついには私の道糸が 船底からI 氏の目の前を流れるようになりました。
船中いちばん釣りにくいポジションです。
いつものことやと思っていました。

何もあたらない、餌も取られない、釣れないです。
RIMG15871413.jpg
船長から放送で、
「15時から16時は潮が緩むで、そこで釣ったってぇな」
とありましたがなにも釣れませんでした。
I 氏は、それでも、チャリコとかワニゴチ、ガシラを釣っています。

 餌のウタセエビはこんなでした。
RIMG15891453.jpg
相変わらず、赤スジのエビ。
いちばん喰いが悪いと私が信じているエビです。
 
 16時過ぎ、船長から場所変えの放送がありました。
いけすは見事に空っぽ。
今日は本当にだめです。
釣れる気がしません。
RIMG15901624.jpg

 船は一昨日と同じ夕まずめのポイントにやってきました。
水深は30m。

RIMG15921628.jpg

船長に教わった方法を愚直に繰り返していました。
潮が流れだした17時過ぎ、やっと餌がかじられました。
RIMG15931708.jpg
おもり20号で50m地点。

 しかし、マダイらしいあたりはなく、もう嫌になっていました。
ウタセマダイは秋に来るべきなのか。
そんな考えが頭をよぎります。

 17時40分ごろ。
トモの I 氏の竿に何かがかかり、ビビビん、ビビビんと叩いています。
間違いなくこれはマダイです。
「来ましたね」と声をかけると、 I 氏は慎重に巻いています。
操舵室の方を見ると船長が顔を出しました。
「 I 氏にマダイがかかったよ船長」
「でかいか?」
「30オーバーは間違いないで」
と私が答えると、タモだしをすべく、船長が I 氏の釣り座の方へ行きました。
取りこんだのはは43センチのマダイ。
即座に、I 氏に聞きました。
「おもり何号で何m?」
「おもり10号で80m!」
私はおもりを10号に変えて、
I 氏の探り当てた、喰い棚に仕掛けを送りこみます。

18時過ぎです。
80m付近で待っていたら、竿にドドドんと、あたりがきました。
あわせるとかかります。
電動でゆっくりと巻きます。
ビビビんビビビんと引きます。
時々ドラグが出ます。

左舷トモI 氏の目の前に来た時はもう浮いていました。
「おお、割とでかいぞ」
I 氏が言います。
取りこむと47センチのマダイでした。
RIMG15951826.jpg

 I 氏にお礼を言いました。
「喰い棚10号で80mを探ってもらって、おかげでなんとか釣れました」
すると I 氏は
「いや、船長がそないせぇ言うたんや」

このマダイは嬉しかったです。
正直もう、諦めていました。
夕まずめの大物狙いで40オーバーを釣ったのは初めてです。
47センチでは決して大物とは言えないですが、
今後に希望が持てる1匹です。

18時50分納竿です。
港へ帰ります。
RIMG15991907.jpg

釣果はマダイ47センチが一匹。
 
 帰り際、船長と夕まづめの大物狙いについて少し話しました。
またチャレンジしたいと思いました。

帰りは、行きと同じルートで3時間半かけて帰りました。
途中、大阪万博公園の周回道路でサッカー見物客と遭遇して
渋滞していました。
歩いている客の様子でどちらが勝ったのか分かったので、
とても嫌な気持ちになりました。 

今度こそ、大鯛を釣ってみたいものです。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック