FC2ブログ

三重県鳥羽市石鏡の船釣り午後便_2018.5.6

 GWの最終日。
高速道路も空いているだろうと、メインで通っている釣り船に予約を入れるとすでに7人の先客がいました。
私を入れると8人だそうです。
これも修行です。
ひとりで行くことにしました。

 午前9時過ぎ 石鏡港に到着すると先客のクーラーが置いてあります。
今日はミヨシに釣り座を構えることになりそうです。
港内でウキフカセでチヌ釣りをします。
RIMG1660_0935.jpg
RIMG1661_0936.jpg
メインの釣り船の船長にチヌが居ついていると
教えてもらったポイントです。
いつもは必ず釣れる簡単な魚チヌは現れません。
餌取りのクサフグの姿も少なめです。

 少し離れたテトラの根がある場所で竿を出しました。
RIMG1662_1046.jpg
RIMG1665_1104.jpg
コッパグレが釣れました。
しばらく彼らと遊んでもらって、11時過ぎ竿を置きます。

RIMG1667_1123.jpg
堤防に上がってみると少し風があります。
海面はなぎに近い。
水色っぽい海面色でした。

 船着き場に行くと先客がいます。
5人のグループと2人組。
2人組のおひとりは古い常連さんです。
2年前くらいに同船した時はシケでげーげー吐いてしまったことを思い出しました。

 午前便が帰ってきました。
釣果は焼きサイズのマダイが少々。
よくないようです。

 12時。釣り船は出港しました。
私の釣り座は、右舷ミヨシ。
右舷胴には3人座られているので、私は船首に近いミヨシ中のミヨシです。
RIMG1670_1216.jpg

タックルはこんなでした。
RIMG1671_1219.jpg
竿:シマノ ライトゲーム CI4+ モデラートTYPE64 H210
リール:シマノ フォースマスター800
道糸:PE2号300m巻く

仕掛け:(自作)胴付き仕掛け、幹ナイロン6号、
エダスフロロ5号1.5m、間隔2.0m真鯛鈎12号3本針
錘:40号→30号→25号→20号→10号
ステ糸:3m→5m

 12時20分。ポイントに到着しました。
水深65mの場所です。
船長から私に錘40号でと指示があります。
胴のひとは30号。トモは20号のようです。
はじめますが反応はありません。餌のウタセエビも取られません。
海上は風が強く、うねりもあります。
船は上下に揺れています。

14時になり、ポイントを移動するとアナウンスがあります。
沖へ行くそうです。

 ポイントにつきましたが、ますます、風とうねりは強くなってきました。
風が冷たい。防寒で上着を着ます。
水深は35m。瀬の上にいるようです。
このポイントではやっと餌がかじられだしました。
RIMG1673_1425.jpg
RIMG1674_1435.jpg

 いちばん下と真ん中の鈎です。
ここで、ステ糸を2m伸ばして5mにします。
おもりは40号のまま。
船長に軽くしていいか?と尋ねたら
ダメだと言われました。

そうこうしているとかかりました。
間違いなくマダイです。
RIMG1675_1446.jpg
24センチです。尾びれが短い。
船長に聞くと、巻き上げの時のにフグに追いかけられてかじられたんだろうということです。
尾びれがこんなになって、もう泳げないでしょうからリリースせずにキープすることにします。

 船長から「今ステ糸は何メートル?」と聞かれました。
「いちばん下と真ん中が餌をとられたので、2m間隔だから2m伸ばして5mにした」
というと、船長はうんそれでいい、という感じで満足そうにうなずいてくれました。
学校の先生にさされて、ちゃんと解答できた生徒のようです。
船長にウタセマダイが分かってきたなと少しは認めてもらえたかと思い、
竿先をながめながら、ひとりで二やついていました。

15時を過ぎています。 
そうこうしているとまた釣れました。
RIMG1677_1502.jpg
今度は28センチ。
うねりと風はますます強くなってきました。
16時過ぎ。
船長から、再びポイントを移動するとアナウンスがありました。

 ポイントは港に近寄りました。
水深は30m。
いつもの夕まずめのポイントです。
ここにきても風とうねりはますます強くなりました。
RIMG1685_1648.jpg

RIMG1682_1540.jpg

右舷胴も3人のうち2人はキャビンから出て来ませんでした。
人が減ったのでおもりを25号から20号へ軽くしてゆきました。
仕掛けはミヨシから胴、トモへ流れますが、おまつりはおこりません。
竿が2.1mで短いのがかえってよかったのかも。
20号なら45mで底が取れます。
そこから10mづつ流しては止め、流しては止めで探りました。
うねりが高くて、もう、立って釣ることはできません。
座って、左脚を棚にかけ、太ももの上に竿をおいて釣ります。
このころ、キャビンから帰ってこない隣のひとの貸し竿で船長も釣り始めます。
時合です。船長の様子も時合を図る目安です。

 20号で80m流した地点で、マダイっぽいあたりがあって掛りました。
まあまあ引くので期待してあげるとこいつでした。
RIMG1686_1744.jpg
「メバルかよ!」
大きめの声でひとりごとを言ってしまったので、
右舷胴とトモの人々がいっせいに、こっちを見ました。

 船長は一匹も釣ることもなく、早々と諦めて操舵室へ戻っていました。
20号で100m流して再び、メバルです。
RIMG1687_1757.jpg

 もう18時を越えています。
RIMG1689_1834.jpg
けっこうなベイトが次から次へと押し寄せてきています。
伊勢湾口の状況は変化しつつあるようです。

 18時50分。
右舷胴の人々はとっくに道具をしまっていました。
トモのひとは熱心に釣っています。
ここでおもりを10号に変えて、流します。
150mまで流して待っていると船長が来て、納竿を告げられました。

 19時納竿です。
港へ帰ります。
RIMG1692_1919.jpg
釣果はこんなでした。
RIMG1694_2400.jpg
右舷トモのひとがマダイ5匹とあと外道を釣って竿頭でした。
マダイ0匹の方もいたようです。
帰りは鳥羽市内のいつもの店で坦々麺を食べて帰りました。
途中眠くなって、芸濃PAで1時間半も仮眠をとってしまい、
大阪に到着したのは午前0時でした。

 今度こそ大鯛を釣ってみたいものです。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック