FC2ブログ

三重県熊野の磯釣り2018.5.27

 大阪から熊野市鬼が城駐車場に到着したのは23時。
3時間半で到着しました。
熊野に来たのは昨年の8月以来。
ここで車中泊しました。
車中泊シートを車の後部座席を倒して敷きました。
車をステーションワゴンからセダンに買い替えたのですが、
なんとかなりました。
3時起床です。
トイレで顔を洗って歯を磨いて、近くの港へ向かいました。
RIMG1783_0342.jpg
さすがにまだ真っ暗です。

 4時過ぎに、磯釣り師 I 氏が到着です。
I 氏のお誘いで釣行となりました。
渡船の予約もお任せしていました。
さすがに日曜日。
たくさんのお客が集まりました。
20名はいたでしょうか。

 4時40分渡船は出港しました。
潮はこんなでした。
Imag_180527_owase.jpg

 港を出た渡船は凄いスピードで鈴置島に向かって走ります。
隣の港の渡船M丸と競争するかのように走ります。
鈴置島(スズコ)に着く直前です。
「I さん」と突然呼ばれました。
いちばんです。
「ふたりともですか?」とI氏が聞くと船長がうなずきます。

 せかされながら荷物を持って船首へ急ぎます。
鈴置島の北側の東に渡礁しました。
おそらく「スズコの船着き」という磯です。
さすがに五十半ばのコンビにはハードな渡礁でした。
渡礁の時に私は帽子を飛ばされて無くしてしまいました。
今日は晴れです。タオルでほおっかむりして日差しを避けるしかありません。
「荷物が多すぎ」と早速、I 氏から小言を頂戴しました。
ふたりともハアハアいいながら準備しました。

 スズコの北東の船着きはこんなところでした。


RIMG1784_0455.jpg
RIMG1785_0458.jpg
RIMG1786_0457.jpg

 写真を撮っているとI氏がブログにのせるのかと聞いてきました。
実はこのブログのことはI氏には何も言っていません。
ブログは自分自身の記録用の日記みたいなもので、
たいしたアクセスもないし、いう必要もないと思っていました。
はたしてI氏はこのブログを見つけているのでしょうか?
そこがよくわかりません。
I氏に知っているのかと問い詰める気もなく、ごまかしました。

タックルはこんなで、はじめました。

■竿  シマノマスターチューンイソ1.2号530
■リール ダイワインパルト2500H-LBD MSTバラサンハンドル
■道糸 フロートタイプ 2.0号
■ハリス シーガーグランドマックスFX2.0号 2ヒロ→1.5ヒロ
■ウキ キザクラ  碧(あおい)B→5B
■ハリ がまかつ ひねくれグレ5号→6号→5号
■ウキ下 3ヒロ→2.5ヒロ→3ヒロ→3.5ヒロ→4ヒロ
RIMG1796_1035.jpg

 5時前からはじめていました。
撒き餌はボイルL3kgとM1.5kgを海水に漬けたもの。
付け餌は撒き餌から拾いました。
あと生オキアミハードコートタイプLを特餌として持ってきていました。
アクセントとして付け餌を時々かえています。

 I氏は北、私は南に並んで釣りました。
3投目で何か居食いしていました。
巻くと引きます。
撒き餌を撒くとちらちら見えていたこの方でした。
RIMG1789_0523.jpg
カワハギです。
怪我をさせてしまったようです。
5時台でお土産になる魚を釣れるとは幸先のいいスタートです。

 RIMG1790_0601.jpg
潮は右から左へゆっくり流れます。
6時過ぎ、流れに仕掛けを流すと、今度はウキがじんわりと沈みました。
あわせるとかかります。
RIMG1791_0615.jpg
今度もカワハギでした。

I氏はというとこのころバラシがありました。
まだ何も釣れません。

8時すぎ。
I氏がエンジン音がするので弁当船が来たと言います。
なんとか弁当船までにグレを釣りたかったのですが残念です。
弁当は楽しみにしていました。
こちらの弁当は美味しいのです。
RIMG1792_0813.jpg
見た目は単なる焼き鮭弁当ですが、米がうまい、一つ一つのおかずもうまい。
あっという間に平らげてしまいました。

 7時過ぎからあたりが無くなっていたので、
食べ終わってから、遠投して流して、青物を狙ってみようと思いました。
RIMG1793_0827.jpg
RIMG1794_0901.jpg
レマーレⅤの竿にレマーレ5000のリールを付けて、
道糸ブラックストリーム3.5号、ハリスグランドマックスFX4号、
ウキはキザクラ17’GTRの0号。
鈎はオーナーのヒラマサブリ11号でやってみます。
おもりなしの全層釣法です。
I氏と場所代わりして、北へ遠投します。
しかし、気をつけていたつもりですが、北端にある熊野磯名物すり金具のような貝に引っ掛かり、根がかりです。
ウキを無くしてしまいました。
もう一度、つくりなおしてやってみますがまたも根がかり。
嫌になって道具を仕舞いました。

 再び、朝のタックルで、磯際を狙いました。
潮が流れません。
I氏は「あかんなあ」といながら持ってきた軽食を食べ始めました。
オジサン1匹とさびしい釣果です。
私がウキを投入するとながめながら、
「雰囲気はあるんやけどなあ」と言います。

 10時過ぎでした。
I氏の目の前で、ウキがシュッとらせん状に沈みました。
ソッとあわせるとかかりました。
なんとか釣りあげたのは本命でした。
RIMG1795_1019.jpg
尾長です。しかし30センチありません。

 時合やなというとI氏も始めます。
この後はI氏の時間でした。
バラシ2回、サンノジリリース2回。
この後30センチ越えの口太グレ1匹でした。

 私はというと比較的大きな魚がかかったのが1回ありました。
しかし、左の北端へ走られて道糸がすれてブレイクでした。
この後、仕掛けの入りが悪いので、錘を5Bにウキも5Bに変えてから、
あたりはまったくなくなりました。
13時30分、納竿です。

 片付けの時、ショッキングな出来事に見舞われました。
竿の シマノマスターチューンイソ1.2号530 を仕舞っているときに、
いちばん先のガイドが指に触れただけで折れました。
この竿を折ったのは2度目です。
しかもこの竿は接着部分が弱く、2度程自分で接着剤で直していました。
こんなもろい竿はもう修理に出す気にもなれません。

 帰りの渡船で揺られながら、
がまかつの欲しい磯竿を買うかと考えていました。
それは十万以上するんですね。
RIMG1799_1344.jpg

ゴルフにのめり込んでいる時期に、
本間、ミズノ、ダンロップと高価なドライバーを次から次へ買い替えていたことを思い出しました。
腕を道具でカバーしようとしていたのです。
こんな愚の骨頂が繰り返されるべきか、考えていました。
がまかつの磯竿は指で触れただけでガイドが取れるのかどうか。
高価な竿は丈夫なのか。
よく分かりません。

渡船は港に近づいていました。
RIMG1801_1352.jpg

I氏の釣果と並べて撮りました。
RIMG1803_1359.jpg
尾長グレ28センチ、カワハギ25センチが2匹でした。

 帰りはきなりの湯で温泉に入り疲れをとりました。
途中眠くなって、川上村の道の駅で30分程仮眠をとりましたが、
明るいうちに大阪に帰りつきました。
また、熊野でグレを釣ってみたいです。

コメント

No title
お疲れさまでした。
次回は必ず30越えゲトしてください。
No title
ありがとうございます。
チャレンジします。

管理者のみに表示

トラックバック