FC2ブログ

三重県鳥羽市石鏡の船釣り午後便_2018.9.17

 鳥羽市石鏡港に着いたのは朝の9時過ぎ。
磯釣り師 I 氏と待ち合わせいしていました。
午後便の前に港で二人でウキフカセ釣りをしてチヌを狙ってみようという魂胆です。
I氏は堤防の先端近くの内側。
私はいけすの近くで竿を出しました。
RIMG2292_0959.jpg
活性は悪く、釣れてもこいつでした。
RIMG2293_1012.jpg
港はクサフグの巣です。
ウタセエビのエビ屋さんが納品に来ていました。
RIMG2294_1014.jpg

 結局クサフグが3匹リリース。
I氏もコッパグレ2匹リリースという結果でした。
もう道具を洗うのがめんどくさいので、
この港で竿を出すのはやめにしたいとI氏に言いました。

RIMG2295_1227.jpg

12時20分釣り船は出港しました。
ウタセマダイ午後便です。
我々以外のお客は4名。
釣り座は私が左舷胴。
I氏は左舷ミヨシです。

RIMG2296_1305.jpg

タックルはこんなでした。

竿:がまかつ がま船 真鯛ハイパースペック300
リール:DAIWA 17 タナセンサー 400
道糸:サンライン ブラックストリーム5号(フロロ5号)200m巻く
仕掛け:(自作)胴付き仕掛け、幹フロロ6号、
エダスブラックストリーム フロロ5号1.5m、間隔3m真鯛鈎13号4本針
錘:20号→15号→20号
ステ糸:四ヒロ→六ヒロ

結構沖まで走って13時過ぎはじめてくださいの合図で開始です。
投入してすぐわかりました。
二枚潮です。
15mくらいまで太平洋向きに流れ、その下は伊勢湾向きに流れていました。
この2枚の流れは納竿まで途切れることなく続きました。
あたりは無く、餌が取られるので、ステ糸を四ヒロから六ヒロに伸ばしました。
RIMG2297_1347.jpg

 やりますが誰もあたりがありません。
巻き巻き作戦や竿立ててピシャンとかいろいろ誘いますがだめです。
他客のところにいってどうか?と聞きますが、
「何もあたってこん」といいます。

RIMG2299_1445.jpg
RIMG2303_1505.jpg
15時を過ぎても誰もあたりがありません。
船長はこのポイントを見切ったようで、
「移動するで、上げよか」と放送しました。
私はゆっくり目に手巻きで巻いていると、鋭い当たりがあり、
何かかかりました。
マダイの引きです。
上がってきたの30センチのチダイでした。
RIMG2300_1500.jpg
「おお釣れた」とミヨシの方に顔を向けると、
操舵室から顔を出した船長と目が合いました。
船長はニヤリと笑うと、躊躇することなく船を動かします。

少し走るとアンカーを降ろしました。
ここでも2枚潮。

30mのところで止めて待っていると当たりました。
今度はマダイ。24センチ。

15:30
RIMG2304_1522.jpg
チャリコが釣れますがリリース。
RIMG2305_1538.jpg

この後、何も当たらなくなりました。
餌も取られず。
長い沈黙がありました。

16時40分過ぎ。
あまりに釣れてないからでしょうか、
船長が私のところに来て、竿を取り上げました。
船長は20mでしばらく待って2枚潮で左に行く錘を垂直に落としてから、
仕掛けを30mまで落として待つというのを実演し始めました。
私はもうそんなんとっくにやってんねんけど、と思いながらも、
休憩がてら、船長の実演を後ろで座って眺めていました。
船長もやりますが釣れません。
あたりもありません。
船長は意地になっていました。
何度も上げては餌を確認しながらやっていました。
17時過ぎた頃でしょうか。
船長は何かひらめいたのか、錘を落とす20m付近で
そのまま待っていました。
すると、竿にあたりがありました。
船長は竿をあおって魚を掛けるとやれやれといった感じで、
私に竿を渡しました。
そのあと2匹釣れたでしょうか。

RIMG2306_1705.jpg

17時30分過ぎると再び、沈黙です。
「今日は潮どまりが全くなかった、たぶんこの後時合はもうない」
と船長がいいます。
悪い潮の時に来てしまったようです。

18時過ぎ納竿です。
RIMG2310_1805.jpg
釣果です。
チダイ25センチから30センチが3匹。
マダイ24センチが2匹でした。
ウタセエビも少々もらいました。
磯釣りで使わしてもらいます。

港へ帰ります。
RIMG2312_1834.jpg
磯釣り師 I 氏も思わしくない釣果でした。

帰りは1時間仮眠をSAでとり、23時過ぎに大阪へ帰りつきました。
今度はもう少し釣りたいものです。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック