FC2ブログ

京都府宮津市の釣り船で鬼カサゴ釣り_2019.4.17

 目覚めたのは午前3時すぎ。
やってしまったという感覚はひさびさのものでした。
跳び起きて、大阪から京都府の日本海側宮津市へ車をぶっとばします。
5時30分に出港です。

 何とか家族円満で行けるようこぎつけた釣行です。
キャンセルしたくありません。
嫁はんは、私の仕事仕事仕事仕事仕事仕事釣り仕事仕事仕事仕事仕事釣り仕事仕事仕事仕事釣り仕事仕事仕事仕事.........
.........というライフスタイルに我慢ならならなかったようです。
なるほどそいういうことかと、
コストコへ連れて行ったり、
近所のミシュランの星三つもらってる料亭へ高い昼飯を食いに連れて行ったり、
いろいろ懐柔しました。

 とても書けないような走行をしたおかげで、
5時過ぎに宮津養老港に到着しました。

到着すると、同行者のW氏、S氏、もう一人のW氏が迎えてくれました。

オニカサゴ釣りはこの魚が好きなW氏のリクエスト。
釣り船は以前貸切でのった、親子3隻でやっているところです。
迷惑がかかるといけませんので船名は書きません。

釣行2日前に親父さん(大船長)からオニカサゴはもう釣れないので、
活き餌での呑ませ釣りにしたらどうかと電話がありました。
せっかくのお話でしたが、オニカサゴが初めてのメンバーもいるので、
オニカサゴ釣りでお願いしました。

RIMG3384_0537.jpg

お客が揃うと船は出港しました。
今回の船長は弟さん船長です。
RIMG3389_0608.jpg
RIMG3386_0608.jpg

ここは釣り場まで結構走ります。
釣り座は左舷トモ。
W氏、W氏、S氏は左舷に並びます。
いい席は取れませんでした。

タックルはこんなでした。
■竿:シマノ ディープチェイサー150-195
■リール ビーストマスター3000 PE2号200mリーダー35lb5m
■仕掛け 天秤の上に水中照明をつけ、錘80号、天秤の先に鬼カサゴ仕掛け3本鈎。鈎はムツ鈎18号
■おもり 80号
エサは船支給がなく、すべて持ち込みです。
サバ、カツオのハラモ、鮭皮、小イカ、サンマ、アナゴでした。

6時過ぎに開始です。
水深100m。
RIMG3391_0620.jpg
RIMG3393_0640.jpg

 どうも底潮が複雑に動いているようで、
投入するたびに祭ります。
水中照明を外すと私は祭らなくなりました。
しかし他客同士頻繁に祭っています。

RIMG3394_0718.jpg
サンマと鮭皮で入れますが何も喰ってきません。
6時7時台は何も釣れませんでした。

8時過ぎ。
RIMG3395_0803.jpg

ようやくウッカリカサゴとガシラがダブルできました。
5流し目だったでしょうか。ようやくです。
8:56
RIMG3396_0856.jpg
渋いです。
9:22
RIMG3397_0922.jpg
沈黙の後、やっとガシラ。
9:42
RIMG3398_0942.jpg
ダブルできました。
しかし、鬼は来ません。
左舷ミヨシの方が唯一、オニカサゴを釣られているようです。
我々のグループではいまだ誰も釣れていません。
10:12
RIMG3399_1012.jpg
少しだけ大きめのウッカリカサゴ。
10:27
RIMG3400_1027.jpg
また小さなウッカリ。
10:38
RIMG3401_1038.jpg
ウッカリがイカに喰ってきました。
11:05
RIMG3402_1105.jpg
ガシラがカツオのハラモに喰いつきます。
船長はこの周辺を見切ったようです。
船は経ヶ岬をさらに西へ回り込むように移動します。
RIMG3403_1117.jpg

RIMG3406_1126.jpg

11:55
 RIMG3407_1155.jpg
場所移動して、釣れたのはやっぱりビックリ。

 しばらく沈黙が続きました。
他のお客はあきらめて、片づけて、昼寝してる人もいます。
ほとんど我々だけが一生懸命やってました。
すると、釣りの神様が、微笑んでくれたようです。

12:36
RIMG3408_1236.jpg
やっと小さなオニカサゴが釣れました。
このころには、サバ+鮭皮がいちばん喰いがいいとわかっていました。
12:48
RIMG3409_1258.jpg
いちばん大きなオニカサゴ。35センチ。
画像はないですが、小さめオニカサゴがもう一匹。
このころがようやく来たオニカサゴに時合いでした。

13:32
RIMG3410_1332.jpg
ガシラです。

次の投入が最後にしましょうと船長からアナウンスがありました。
すると、底付近で、大きな引きのあたりがあり、合わせました。
うまく乗ったようです。
このかかった魚はオニカサゴではありません。
青物っぽい引きです。
ディープチェイサーの竿先が海面に突き刺さるように
竿も大きく曲がっています。
しかし、強く引く割にはゆるゆるのドラグが出ていくわけでのなく、
順調に上がってきました。
私はS氏にタモを頼みました。
バタバタしている我々をかたずけてしまっている他客が
見に来ています。
これはメモリアルフィッシュになる。
私は信じていました。

やっとこさ水面にあがってきた魚をみたら、
メータオーバーです。
しかし、こいつはサメでした。
なんやねん、サメかよ!」と
私が大声で叫ぶと、サメは空気を読んだように、
チモトでラインを食いちぎって海中へ去ってゆきました。
操舵室から振り向いて様子をうかがっていた船長に
「サメやったわ」と大声で報告しました。
他客も無言でキャビンへ戻ります。
14時納竿です。
釣果はこんなでした。
RIMG3414_1359.jpg
オニカサゴは何とか三匹。
S氏が40オーバーのオニカサゴを釣りました。
皆何とか鬼は釣れていたようです。
港へ帰ります。
RIMG3419_1438.jpg
今度はまた幻のアラを釣りに来たい。
女将さんにそう言うと、港を出発しました。
帰りはクアハウス岩滝で温泉に入り
汗と潮を流して帰りました。

いちばん大きなオニカサゴは刺身。
他はすべて鍋にしていただきました。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック