FC2ブログ

三重県鳥羽市石鏡の船釣り午前便_2019.5.2

 GWは仕事の予定が多いのですが、
2日は休みになったので、釣行できました。
午前10時に石鏡港に着きました。
同行者の磯釣り師 I 氏はまだいません。
堤防に上がって見てみると凪です。
風が若干吹いています。
RIMG3433_1124.jpg


 11時過ぎに磯釣り師 I 氏が到着しました。
今日は I 氏のお連れも一緒です。

午後便なので、午前便が帰るのをを待っていました。

RIMG3436_1202.jpg

船は若干遅れて到着しました。
延長するときは釣れてないときです。
潮の色は悪いし、我々3人はあきらめムードでした。

結局、午後便は我々三名だけでした。
12時30分船は出港しました。

左舷ミヨシに I 氏のお連れ。
右舷ミヨシに私。
左舷トモに I 氏が釣り座を構えました。

タックルはこんなでした。
ロッド:シマノ バイオインパクトX ライトヒラメ225
リール:シマノ ビーストマスター 3000にPE2号を150m巻く。リーダーとしてショックリーダー35Lbを5m結ぶ。
仕掛け:船長支給でエダス90センチ、トリプルフック、丸セイゴ鈎。
1本針仕掛け捨て糸50センチで錘60号指定です。
餌は活きイワシ。20~25センチでした。
探見丸を持ち込んでいます。

12時50分。
少し沖で始めます。
水深は30m。
何も反応がありません。
RIMG3446_1406.jpg
イワシもきれいなものです。

14時36分。
RIMG3447_1436.jpg
底付近にベイトが現れます。
イワシは少しバタつく程度です。

上下を広く泳がせてみますが何も喰いつきません。

15時過ぎてもあたりもないので、ぼうずを覚悟したころ、
やっと喰いこみました。
15時11分。
RIMG3449_1511.jpg
40センチ。
このころ、ボツボツとベイトが底にあらわれます。
RIMG3450_1513.jpg
15時21分
小さなヒラメ。足裏サイズです。
のちにリリース。
RIMG3452_1521.jpg
活性がよくなってきています。
RIMG3453_1533.jpg
15時41分
この日最長の45センチ。
RIMG3455_1541.jpg

15時54分 
RIMG3456_1554.jpg
43センチ。

ここでいったん喰いが止まりました。
船は移動します。

16時48分。
RIMG3460_1658.jpg
43センチ。
サイズが伸びません。
このころ大ヒラメこい、大ヒラメこいと念仏のように唱えていました。

RIMG3461_1703.jpg

あたりは再びなくなりました。

一度だけあたりが来ましたがあわせを失敗しました。
17時15分
RIMG3462_1715.jpg

18時を過ぎると底に大きなベイトが現れました。
船長に聞くと
「アジちゃうか?」
ということです。
RIMG3466_1805.jpg

18時納竿です。
港へ帰ります。
RIMG3468_1817.jpg
釣果はこんなでした。

RIMG3471_1835.jpg

ヒラメ40センチから45センチが4匹。
28センチをリリース1匹。

I氏が3匹。お連れが1匹でした。
帰りは伊勢道が渋滞していたので、多気で降りて、
国道166号、南阪奈道で帰りました。

今度こそ大ヒラメを釣ってみたいものです。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック