FC2ブログ

三重県鳥羽市石鏡の船釣り午後便_2019.8.4

久しぶりに磯釣り師 I 氏と釣行することになりました。
タテ釣りです。
太いサビキ仕掛けをベイトに入れて、
小魚(イワシ)をかけて、さらに仕掛けを底へ落とすと、
大物の魚がかかるという釣りです。
昨年の夏も I 氏とタテ釣りをして、本カツオを2本とりました。
今回予約時に船長に聞くと、
「まだ、本カツオはまわってきていない」
ということです。

 石鏡港に到着したのは8時20分。
RIMG3802_0825.jpg
凪です。風も吹いていません。
遥か太平洋のかなたから台風が近づいているようですが、
うねりもないようです。

  I 氏が到着したのは9時過ぎでした。
ふたりでいろいろ話していると、
地元の常連のM氏が軽トラでやってきました。
M氏は昨日も乗船して釣っていたということで、
船長に頼まれて今日も来たと言っています。
お客は我々三人だけです。
船長は上手なM氏を呼んで保険をかけたのでしょうか。
良い釣果は釣り船にとってお客を呼び込むCMになりますから。
私は口には出さず、心の中で邪推していました。

昨年夏に本カツオが釣れたのもこの三人がメンバーでした。
化け物サイズのトラフグを本カツオと交換してくれと言ってきたのは、
M氏でした。
I氏に「絶対死ぬ」と止められたことを思いだします。

今日は期待できるなと思っていると船長が軽トラで登場です。

船は10時40分に出港しました。
RIMG3807_1037.jpg

それほど走りません。
石鏡港が見える沖で止まり、早速「始めてください」という放送がありました。
水深42m 探見丸にはベイトが見えます。
10時50分。
RIMG3808_1055.jpg


タックルはこんなでした。
竿:アルファタックルMPGデッキスティックセブンスリー243
リール:シマノビーストマスター3000 PE2号+ショックリーダーとしてフロロ7号を20m
仕掛:喰わせサビキたて釣りスペシャル ハリス8号 錘60号
RIMG3825_1437.jpg

20mから底の40mまで仕掛を上下させていると、
ベイトがついて、喰ってきました。
11:00
ツバス(ブリの赤ちゃん)30数センチがトリプルです。
今日は一匹一匹必ず血抜きしました。
そうしないと夏の青物は臭くて食べられません。
RIMG3809_1108.jpg

RIMG3810_1115.jpg

始めてからしばらくして、サワラを釣り上げたI氏とお祭りしてしまい、
20mのリーダーが切れて、仕掛とおもりをロストしてしまいました。
ベイトは押し寄せてくるし、リーダーを組んでいる時間がないので、
1mほど残ったリーダーにゴムクッション2.5mm100センチを取り付けました。
このことはこの後の釣果に現れました。
ぼつぼつとツバスばかり釣れます。

I 氏とM氏はサワラやマダイ、ハマチ、メジロが上がります。
しかし、私にはツバスばかり。_1355.jpg

RIMG3811_1140.jpg

12:03
ダブルでツバスです。
RIMG3812_1203.jpg

12:23またツバス。
RIMG3813_1223.jpg

12:30またツバス。
活性はいいです。
期待できると思って釣っていました。
RIMG3814_1230.jpg

血抜きして締めて一匹一匹クーラーへ納めていました。
RIMG3815_1247.jpg

13:06またツバス。
RIMG3816_1306.jpg

13:40
今日は初めて体験するトルクのある引き。
大ハマチでした。59センチ。
RIMG3817_1340.jpg

探見丸には大きなベイトが現れるようになってきていました。
14:00
RIMG3819_1401.jpg

14:10
いままでにない、トルクのある強い引きです。
5分近くやり取りしたでしょうか。
押したり引いたりでした。
上がってこないので、ラークに乗せて、
綱引きみたいに道糸を手で手繰ったりしてあげてきました。
最後はI氏がタモですくってくれました。
RIMG3820_1410.jpg

76センチのワラサ(メジロ)でした。
RIMG3821_1417.jpg

ここら辺はばたばた釣れました。
40センチのマダイ、ツバス、などが釣れました。
しかし、サワラをばらしてしまいました。
いまだにサワラを釣り上げたことがありません。

14:24
大きな山のようなイワシのベイトが現れました。
RIMG3822_1424.jpg

14:33
だんだんと釣れるツバスが40センチを超えるサイズとなってきました。
RIMG3823_1433.jpg

15:03
サビキに直接40センチの大アジが喰ってきました。
RIMG3826_1503.jpg

15:09
ベイトのイワシはこんなでした。
RIMG3827_1509.jpg

RIMG3828_1518.jpg

15:45
また元気なツバスかと思ってあげてみると、
サワラでした。70センチ。
「やった、初めてサワラ釣ったわ」
というと、目があった船長が、満足そうに微笑んでくれました。

RIMG3831_1545.jpg

16:00
納竿です。
終了直前に私と同じくらいのサイズのワラサをI氏はかけましたが
残念ながら切られてしまいました。
私が釣れて、I氏が切られたのはゴムクッションがあるかないかの違いだったのはと思っています。
今後のタテ釣りには太いゴムクッションが必携だと心にメモリました。

港へ帰ります。
RIMG3834_1406.jpg

釣果です。

RIMG3836_1616.jpg

ワラサ(メジロ)76センチ
RIMG3838_1624.jpg

サワラ70センチ、ハマチ59センチ、真鯛40センチ、大アジ40センチが各一匹。
ツバス30センチから42センチが16匹。

長さ70センチ、45Lのクーラーが満タンです。
大漁でした。
ツバスがハマチだったら言うことなかったのですが。
贅沢ですね。
I氏もM氏も大漁でした。

帰りは飯高の湯につかって帰りました。
今度は再び、本カツオを釣ってみたいです。

コメント

私も立て釣りに〜
この釣りはドキドキ感が楽しいのですが、ベイトを探して追っかけてのクルージングタイムが長過ぎて性に合いません(笑) 6マル真鯛、サワラ、ツバス など釣れましたが、いずれも時期ハズレの残念な味でした。
No title
Toshiさんおはようございます。
行かれましたかタテ釣り。
そうですね、私が釣った魚も残念ながら魚の味は今一つでした。脂がのってない。ワラサはイワシを腹いっぱい喰ってパンパンでしたが、脂がない。アラ炊きしても脂が一粒も浮いてこないんですから。あげた人々も誰一人おいしかったとは言ってこなかったです。おまけにさばいた大量のアラを厳重にビニール袋で封して外のごみ箱に入れていたら、破裂して大変なことになっていました。

管理者のみに表示

トラックバック