FC2ブログ

ウキフカセ釣りの練習_2016.6.22._兵庫県淡路島_郡家港

来る6月25日の磯デビューに備えて、練習に行ってまいりました。
別冊関西の釣り97淡路島マップ&ガイドを購入し、熟読した結果、
郡家港にてグレ釣りを密かに計画しておりました。
早朝、6時到着。6時半釣り開始です。

釣り場です。赤い矢印から竿を出しました。
IMG_2175_convert_20160622181941.jpg

潮はこんなです。
IMG_2152_convert_20160622182024.png

 道糸2号にハリス2号ふたひろ。グレ針4号をつけ、ドングリウキBB、サルカンの上にガンダマB、ハリスの真ん中にG5をうちました。
別に理論があるわけでもなく、適当です。まだよくわかりません。

 ここで忘れものに気付きました。
刺し餌です。生ハードコートMとボイルのオキアミを用意していましたが、
冷凍庫から出すのを忘れていました。
 しょうがないので、撒き餌で用意した、生オキアミから刺し餌をとります。

 海面はなぎです。潮は沖へ流れているようです。
撒き餌は生オキアミ4kg、アミエビ2kgにグレ用集魚剤半分、パン粉、ヌカをまぜました。
仕掛けを作る前に撒き餌を撒いても生命反応なしでしたが、
竿を出すと小魚がいっぱい押し寄せてきました。
ウキが沈み、引くとサバ子が釣れました。次は子アジ。リリースです。
次はやや引きが強い。

上げてみるとコッパグレ。やはりここにはグレがいる。
IMG_2164_convert_20160622182210.jpg
(こいつはちょっと変わっていました。子イズスミだったのかも?いやグレなのか)

 7時過ぎ、ウキが沈んでうまく合わせると、引きます。
これはグレでしょう。

こいつでした。
IMG_2163_convert_20160622182540.jpg
22センチのクチブトグレ。

本来はリリースサイズなのかもしれませんが、
これが最大サイズであろうと思ったので、
〆て持ち帰ることにしました。

子サバやコッパグレしか釣れないので、仕掛けを変えることにしました。
ハリスを1.5号ひとひろ半。鈎を6号にしました。
何の理屈も分かりませんが、ハリスを細く、鈎を大きくして、
棚を上げてみたかったのです。

 刺し餌が生オキアミで柔らかすぎて、すぐ、餌取りに取られたり、
投げ込みで取れたり、苦労しました。
ボイルがあれば、もっと釣果が良かったに違いありません。

 10時過ぎました。そろそろ撒き餌がなくなってきました。
相変わらず活性は高く、小魚とボラの群れが「餌はまだか?」
といった様子で徘徊しています。

 最後の一投をうちこみ、バッカンの残り少ない撒き餌をかき寄せ、
ひしゃくで投入しようとして、ウキを見ると、ありません。
引いてみると重い、すぐに今日一の強烈な引きがあります。
浮いてきたのはグレ。本日最大です。
網ですくおうか迷いましたが、網を洗うのがめんどくさくなって、
ぶち抜きました。

釣れたのはこいつでした。
IMG_2171_convert_20160622182651.jpg
29センチのクチブトグレです。
これもところによればリリースサイズでしょうが、〆て持ち帰らせていただきます。
しかしあれです。いましたね。おそらく30オーバーも確実に生息しています。

 鈎を大きくしたら大きいのが釣れました。
1.5ハリスに6号鈎がよかったのか。理屈はまったくわかりせん。
直感と感性でやってます。

10時30分納竿です。
IMG_2165_convert_20160622182736.jpg

 いい練習になりました。
これから大阪に帰り、午後は仕事です。

6月25日は三重県の熊野に行きます。
50のオナガを釣って、磯釣り師 I 氏を驚かせる妄想をしています。
天気が心配ですが。

潮:中潮
竿: シマノ ラディックス 磯 (RADIX ISO) 1.2号-530
リール: シマノ レアニウムCI4+2500
道糸2号 ハリス2号、1.5号 鈎:グレ針4号、6号
釣果 クチブトグレ29、クチブトグレ22、コッパグレ5匹(リリース)

【別冊関西の釣り97淡路島マップ&ガイド】

淡路島マップ&ガイド (別冊関西のつり 97)


↓ランキング参加中です。色々な船釣りブログがあります。
クリックしてご覧ください。↓


にほんブログ村

船釣り ブログランキングへ

コメント


管理者のみに表示

トラックバック