FC2ブログ

磯釣り2016.8.3三重県熊野の磯「池尻」 その1

 前回の磯デビューで、竿の違和感を痛感し、同行して下さった、
磯釣り師 I氏に相談すると、インターラインの竿を薦められました。
リールもレバーブレーキ付きを薦められ、買っちゃいました。

ダイワ(Daiwa) ロッド マークドライ 1.5号-52


ダイワ(Daiwa) リール 14 インパルト 2500H-LBD


フローティングベストもアマゾンで買った、¥2800くらいのやつを着ていたのですが、
釣行4回で、破れたり、よれよれになったりしていました。
安全にうるさいI氏からも「ほんまに浮きますか?それ」
と言われたりしたので、これもちゃんとしたやつを買っちゃいました。

キザクラ(kizakura) フローティングベスト Kz-F2 ブラックxレッド L


 買っちゃうと、使ってみたくなるのは当然のことで、
淡路島にわたって、郡家港でも行くか、いや、堺西港から出ている渡船で、
沖の防波堤でもと考えていると、8月3日に休めることになり、
I氏に相談の結果、また前回と同じ、I氏常連の熊野の渡船に乗って、
単独で磯に上がることになりました。

 大阪を午前0時に出発して、3時過ぎには熊野につきました。
4時30分集合。4時50分に出港です。
IMG_2369[1]_convert_20160805073103
同船者はベテランで常連のお二人、底物師とカゴ釣り師でした。
お二人は希望の磯を船長と相談されたりしていましたが、
私は磯2回目。船長も御存じなので当然お任せです。
お二人は「スズコ」という沖磯に上がり、私だけまた、港方向に戻ります。
ほどなく、地方の磯に付けられ、急いでロッドケースとクラーを担ぎ、
バッカンをもって磯に上がりました。
船長はスピーカーで「気をつけて」と一言いうと去ってゆきました。
ネットで拾った熊野磯図で見ると「池尻」という磯であるようです。

右手港方向をながめると、岩礁の向こうに岬があり、
その裏側に前回上がった磯「モタレ」があります。
また、その左側に沖磯の「マブリカ」が見えます。
IMG_2371[1]_convert_20160805073313

船着きが舞台のようになっていて、このままここで釣ることにします。
左側の屏風のような岩にぶつかってできたサラシと南から入ってくる波がぶつかって、
いい感じのポイントができているような気がします。
まだよくわかりません。
南東の風と波が来ていましたが、南東は厳重にガードされていて、
安全な磯でした。
IMG_2370[1]

当日の潮はこんなです。
IMG_2356[1]
ちょうど満潮から釣り開始。これは計算済みです。
釣っている途中から、潮位があがってこられると怖いですから。
これなら安心して釣れます。

バッカンで撒き餌をつくり、5:10 いよいよ釣り開始です。

【その2へつづく】

↓ランキング参加中です。色々な船釣りブログがあります。
クリックしてご覧ください。↓


にほんブログ村

船釣り ブログランキングへ
ブログ王ランキングに参加中!



釣魚1400種図鑑 海水魚・淡水魚完全見分けガイド (釣り人のための遊遊さかなシリーズ)



タカ産業 ホールド 針外し T-164 (スライド PAT)




コメント


管理者のみに表示

トラックバック