FC2ブログ

ウタセマダイ釣り_2016.9.28_三重県鳥羽エリアの釣り船

三重県鳥羽エリアのある港のある釣り船へウタセマダイ釣りに行ってまいりました。
まだ私がビギナーで未熟者であるが故に迷惑がかかるので船名は出しません。
今年度のウタセマダイは、5月以来の3回目。
今年はまだ、ウタセマダイ釣りではまともなマダイを釣っていません。
惨敗した春のウタセマダイのリベンジを大鯛を釣ることで
果たしたいという意気込みです。

 磯釣り師 I 氏をお誘いしましたがどうしても休めず、
今回は単独釣行です。
午後便で12時出港です。
港には10時半につきました。
誰もいません。今回もいちばん乗りのようです。
堤防に登ってみると、風がありましたが、なぎです。
潮の色がかなり泥色に濁っています。水潮が入っているようです。
IMG_2556[1]_convert_20160930192145

 潮はこんなです。
IMG_2552[1]_convert_20160930192224


 11時半に同船者があと3名来られました。
いつもの常連さんと1年ぶりの常連さんとそのお連れです。
いつもの常連さんはなんと3回連続の同船です。

 12時直前、船長が軽トラで登場です。
左舷トモで釣り座を構えました。
IMG_2559[1]_convert_20160930192051

 タックルは以下の通り。
ロッド:がまかつ がま船 真鯛ハイパースペック300
リール:シマノ フォースマスター800 
PE2号を300m巻き、リーダーとしてフロロ6号を10mノーネームノットで結びました。
仕掛け:胴付き幹6号ハリス5号間隔1.5m、エダス1mの4本鈎。鈎はウタセPE11号(オーナー針)自作仕掛け

 12時15分港から40mほどの沖で釣り開始です。
水深は30m。錘は20号が船長指定です。
海の色は見たことのないくらいの泥色。
餌のウタセエビは新子サイズもいれば、大きめもいます。
鈎は11号でちょうどいいくらいです。

 後ろで1年ぶりの常連さんのお連れが初めてのウタセマダイのようで、
エビのつけかたを教わった後、船長からレクチャーを受けていました。
要点はこんなです。
・9月のマダイは活性が良いので底から上にあがってくる。
・比較的タナは上の方。
・巻き上げるときによく喰ってくる。
・大きいエビは餌取りにつつかれるだけなので、小さいエビをつけた方が大きな鯛が釣れる。

春とはまた違います。
背中で聞きながら、迷いが出てきました。
上から軽いおもりで流して釣ろうと思っていましたが違うようです。

餌取りの棚を知ろうと、底から5mあげて待つとまず1匹釣れました。
いつものやつです。
IMG_2561[1]_convert_20160930191846

 あまり活性はよくないようです。
腹が減ってきました。
来る途中に道の駅飯高で買った助六寿司を置き竿にして食べることにします。
竿先を見ながら稲荷をほおばっていると、ビビッビビビイイインと竿が暴れだしました。
助六を置いて、手巻きであげます。
今回もゆるゆるドラグにしています。
ドラグが戻されることもなく、上がってきました。
IMG_2558[1]_convert_20160930192006
比較的ましです。30ありません。
右舷トモで釣っている1年ぶりの常連さんも同じようなサイズの真鯛を釣っています。
活性が悪いなと私に言ってきます。
 釣れてもサイズが小さい。
今回はリリースサイズも持ち帰らせていただこうと思います。
年老いた88歳の母が、最近食欲がなくなって、体重も30キロ台に落ちてきました。
母は鯛が好きで、鯛のあらを塩焼きにして、それを熱湯に浸して、
汁ごと食べるのが好きなのです。
そういう事情なので、しばらく小鯛も持ち帰りさせていただきます。
連で小鯛が釣れたりしますが、なかなか30以上がきません。
IMG_2560[1]_convert_20160930191924

 そうこうしているうちに、
14時ころいきなり風が吹き出し、あたりが真っ暗になってきました。
船上の常連さんたちは、急いで合羽を着出します。
私も遅れず、合羽を着こみました。
ほどなく雨が降り出しました。
遠くから雷鳴も聞こえ出しました。
怖がりの私は、仕掛けを回収し始めました。すると、船長がスピーカーで、
「ちょっとな、道具置いてな、部屋入ろか」
避難です。雷近いです、ゲリラ豪雨です。
IMG_2562[1]_convert_20160930191807
これ幸いと、合羽を脱いで、昼寝です。
最近年のせいか帰りが眠くて眠くてしょうがありません。
30分後、まどろんでいると「そろそろやろか」船長の放送で目が覚めました。

 さあ、気合いを入れて釣ることにします。
何度かポイントを移動して、沖に出てきました。
探見丸の反応はまあまあです。
IMG_2568[1]_convert_20160930191721

 船長が投入機でウタセエビを海中に撒いてくれます。
「何メートルで撒いてます?」私が聞くと。
「30メートル」船長が答えてくれます。
30メートルでリーダーと仕掛けを結ぶサルカンを止め、
その下に4.5mの4本鈎を下ろして、待ちます。
何もあたってきません、餌も取られません。
底付近をに下ろすとたまに小鯛が釣れます。
迷いがでます。
 17時過ぎました。
勝負の夕まずめです。
IMG_2570[1]_convert_20160930191605
ここで船長支給の仕掛けに変えます。
IMG_2569[1]_convert_20160930191648

 30m付近に仕掛けを置きますがなにもきません。
隣の常連さんにまあまあの鯛が釣れました。
タナを聞くと30mだそうです。
探見丸を見ても、30m付近は真っ白なのですが。

 18時過ぎに納竿です。
港に帰ります。
IMG_2573[1]_convert_20160930191535

3回連続同船の常連さんは50オーバー2枚を含むつ抜け。
どうも私が最下位のようです。
今回の釣果は20センチ台の真鯛が8匹。
IMG_2574[1]_convert_20160930191446

 帰り際、船長に挨拶すると、
「魚探(探見丸のこと)を気にしすぎや、鯛は魚探には映らん」
と言われました。
 確かに、探見丸子機を船に持ち込むのは私以外誰も見たことがないのですが、
いつもいちばん釣れてないのは私なのです。
 今度は、探見丸なしでやってみるかなとか考えながら、
国道166号線で2回仮眠をとって、4時間半で大阪へ帰りました。
翌日、見てみると、小さいながら、美しい伊勢湾の鯛でした。
IMG_2575[1]_convert_20160930191357
 
 今度こそ大鯛を釣ってみたいものです。

↓ランキング参加中です。色々な船釣りブログがあります。
クリックしてご覧ください。↓


にほんブログ村

船釣り ブログランキングへ
ブログ王ランキングに参加中!



釣魚1400種図鑑 海水魚・淡水魚完全見分けガイド (釣り人のための遊遊さかなシリーズ)



タカ産業 ホールド 針外し T-164 (スライド PAT)

コメント


管理者のみに表示

トラックバック