FC2ブログ

ウキフカセ釣りの練習_2016.10.12_兵庫県淡路島_郡家港

 7月に釣行した防波堤に釣行しました。
たくさんリリースしたコッパグレやコッパチヌたちが、
30オーバーになって、元気に泳いでいるはず。
という目算です。

 早朝6時に現場に到着。
釣る場所は7月より陸側。防波堤とテトラ群が直角に並んでいて、
20mほど水路になっている所で釣り始めました。
潮が流れて、グレの住処になっているのではと思ったからです。
 強い風が向かい風で、あて潮です。
すごく釣りにくい状況です。
撒き餌は生オキアミ3kg+グレパワー+チヌのコーンと麦をまぜました。
どちらもいけるよう両刃使いです。
撒き餌しても、こちらに粒になって飛んできます。
ウキと水中ウキは3Bです。
これくらいじゃないと飛びません。
IMG_2660[1]_convert_20161012182214
しかし、ここは足元のケーソンか何かに引っ掛かり、根がかりして、
早速、ウキと水中ウキを失ってしまいました。

 ここはダメだと、少し沖側に移動しました。
つけ餌はボイルオキアミMです。
つけ餌がついたままあがってくることはなく、釣れなくても必ず餌は取られていました。
活性は高かったです。小魚がたくさんいます。ボラ軍団も10数匹で集まってきました。
海中はまだ、夏です。7月と変わりませんでした。
 やっと釣れたのがこの魚でした。
IMG_2657[1]_convert_20161012182014
正真正銘のチャリコ。
20センチ程の小鯛を釣って、「チャリコです」と謙遜して言いますが、
これは本物です。10センチです。
こんなチャリコが多数釣れました。すべてリリースです。
あとは、クサフグが多数。すべてリリースです。
 10時を過ぎたころ、ウキフカセらしいウキの沈み方をしたあたりがありました。
まあまあの引きであがってきたのがこの魚。
IMG_2662[1]_convert_20161012182355
チヌです。
7月とサイズが変わっていません。
がっくりきました。リリースです。
続けて、
IMG_2661[1]_convert_20161012182254
同じサイズでした。リリースです。
この後はあたりはないが、餌は必ず取られるという状況で、
餌もなくなり、11時に納竿です。
良い練習になったと自分に言い聞かせながら、
大阪へ帰りました。午後はちゃんと仕事をしました。

↓ランキング参加中です。色々な船釣りブログがあります。
クリックしてご覧ください。↓


にほんブログ村

船釣り ブログランキングへ
ブログ王ランキングに参加中!



釣魚1400種図鑑 海水魚・淡水魚完全見分けガイド (釣り人のための遊遊さかなシリーズ)



タカ産業 ホールド 針外し T-164 (スライド PAT)

コメント


管理者のみに表示

トラックバック