FC2ブログ

ウタセマダイ釣り_2016.10.20_三重県鳥羽エリアの釣り船 その2

【その1】からのつづき

9時に出船した船は70mほど沖のポイントに到着しました。
タックルはこんなです。
ロッド:がまかつ がま船 真鯛ハイパースペック300
リール:シマノ フォースマスター800 
PE2号を200m巻き、リーダーとしてフロロ6号を3mノーネームノットで結びました。
仕掛け:胴付き幹6号ハリス5号間隔1.5m、エダス1mの4本鈎。鈎は伊勢湾真鯛王12号(がまかつ)自作仕掛け
名古屋氏に否定された自作仕掛けですが、とりあえず最初は小鯛でもいいのでこれでやってみます。

 9時20分第一投。
船長の指示はおもり40号。水深は70m。狙い棚は底付近ということです。
沖に出ると思いのほか北西風が強く、下げの潮と風潮がずれていて、
二枚潮となっています。
仕掛けはミヨシからトモに流れてゆきます。
若干仕掛けが流れて78mで底がとれました。
ここから、リールを手巻きで巻き上げ5m仕掛けを上げて、また下ろす。
という誘いを続けるとあたりがあり、あわせてから手巻きで巻きました。
上がってきたのは真鯛。幸先のいいスタートです。
IMG_2683[1]_convert_20161022091611
やはり小鯛です。23センチでしょうか。
この釣法は正解でした。
ほぼ2投に1匹ペースで釣れます。
喰ってくる鈎は一番下であったり、いちばん上であったり。
中間の鈎には喰ってきません。
IMG_2684[1]_convert_20161022091650
IMG_2685[1]_convert_20161022091727
IMG_2688[1]_convert_20161022091803
IMG_2691[1]_convert_20161022092022

小鯛ばかりです。

 10時30分を過ぎたころ、潮の流れが強くなり、喰いが落ちてきました。
名古屋氏の言うとおりです。
ここで潮流が強くなったきたので、いちばん上と2番目のエダスを1mから1.5mに変えることにしました。
鈎は伊勢湾真鯛王13号(がまかつ)。
名古屋氏はいちばん上のエダスだけでも長くして潮に乗せてふかせばいいと言っていました。

IMG_2692[1]_convert_20161022092111

 
 エダスを長くすると、絡みました。
釣れても上げるごとに、いちばん上と2番目が絡んでいます。
仕掛けをほどいていると、船長がやってきて、「サルカンが重い、軽いのに替えたら」
と言ってきました。
サルカンは絡み防止の五連サルカンを使っていました。
普通のクリップサルカンに変えます。
絡みは若干ましになりましたが相変わらず絡みます。
12時過ぎ、潮止まりかけで、再び、活性があがりつつありました。
ここで、胴の常連さんと仕掛けが絡んだので、
私だけおもりを20号にするよう船長から指示がありました。
船長が投入機でウタセエビを海中に投入します。
「何メートルで撒いてます?」聞くと、
「45m」
「じゃあ45mまで浮いてくるの?」と聞くと、
「底でいいと思う」という答えでした。
釣れますが、必ず、絡んでいます。
船長が見かねて、「仕掛けをいっぺんに上げすぎや」と言ってきました。
私は電動で巻き上げるときは速度を「14」に落としました。
釣れているときも小鯛でも手巻きで上げることにしました。
すると、絡みはなくなりました。
長いハリスのエダスを操れるようになってきました。
底から、5m上げて下ろし、次は10m上げて下ろし、ひたすら仕掛けを動かしました。
写真を撮る暇もなく、小鯛が釣れていましたが、12時40分ごろあたりもなくなりました。
船長が「上げよか、ちょっと沖へはしるで、部屋はいっとって」とスピーカーで放送。
その間、腹が減っていたので、キャビンで助六寿司を食べることにしました。

 けっこう長くはしりました。
徐行し始めたので、釣り座に戻るとまわりに島も見えません。
こんな沖に来たのは初めてじゃないかと思いました。
探見丸を見ると、水深37m。
瀬の上に来たようです。
風が強い。白波が立っていました。

【その3へつづく】

↓ランキング参加中です。色々な船釣りブログがあります。
クリックしてご覧ください。↓


にほんブログ村

船釣り ブログランキングへ
ブログ王ランキングに参加中!



釣魚1400種図鑑 海水魚・淡水魚完全見分けガイド (釣り人のための遊遊さかなシリーズ)



タカ産業 ホールド 針外し T-164 (スライド PAT)

コメント


管理者のみに表示

トラックバック