FC2ブログ

クエ

 亡くなった親父は強いアレルギー体質で、青魚や白身でも臭いが受け付けない、
鯛やアジでも食べたら即おう吐でした。
 したがって食べられる魚は限られていて、それはトラフグでした。
我が家の鍋はきまってトラフグのてっちりという贅沢なものでした。
そんな親父が新たに食べられる魚を見つけてきました。
それがクエでした。九州や関東ではアラとかモロコと呼ぶ魚です。
kue_convert_20170126194053.jpg
(あるサイトから勝手に拝借:あかんかったら言ってください)

 約40年前、大阪曽根崎新地に「吉在門」という店があって、
そこで、天然クエの鍋を初めていただき、その味に相当やられてしまったようでした。
早速家族を連れて、再来店し、子どもの私もいただきました。
あぶらは浮いているけど、非常にあっさりとして、うまみがあって、美味しかった。
天然クエはそれ以来いただいたことがありません。
偽クエは何度かいただきましたが酷いものでした。
あの天然クエをもう一度食べてみたい。
 ということで、親父の供養に今年はクエ釣りを始めてみようかと、
いろいろネットを見ていますが、道具は高いです。
 今までたくさん買った道具も転用できそうなものは何一つありません。
どうしたものでしょうか。
「@ベリーネット」というところで中古品をあさりますが、
新規会員登録に何度登録してもこちらにメールが返ってきません。
「おまえにクエ釣りは無理」
という天の声なのか。

コメント

クエ釣り
クエ釣りですが磯で狙う場合、10キロまでならば硬調の石鯛竿(例:540HHや540Hなど)でも可能です。
10キロを超えるクエを釣り上げる場合にはクエ竿と竿受けをアンカーボルトで固定する必要性がありますので必要な道具がかなり増えます。

なので現実的に1人でも釣りあげられる10キロ以内と想定してます

・竿 硬調石鯛竿500~540
・リール 道糸24号~30号が100メートル巻けるもの
・針 石鯛18~20号またはクエ20~25号
・ハリス ワイヤ36番~37番
・瀬ズレワイヤ 必要に応じて1メートル程度(無くてもよい)
・竿受け 石鯛用ピトン

これ位でも充分出来ると思いますが、大きいクエが掛かった場合、竿が折れたり、ピトンが抜けたり、ラインブレイクする等が起こると思いますので運が悪かったと諦めてください(笑)

それより小型のクエ(50~80cm)ならば道糸やハリス、針などは更に細く小さく出来ると思います

エサは冷凍のアジ等で充分で、撒き餌をするならば鰯や鯵、鯖などのぶつ切りを巻くか
ミンチにして巻き餌カゴなどで巻く方法もいいようです

基本的に滅多にアタリもありませんしあればほぼウツボのアタリばかりですが私自身は早合わせの経験を含めて3回クエのアタリを見ています(運悪く1匹も取れませんでしたが)
一回はマブリカの中東、一回は勝浦の鶴島のガマ落し、一回は宇久井の大平石南のハナです。
マブリカ中東と鶴島ガマ落しは釣り座が非常に狭いのでお勧めできません。宇久井大平石南のハナは少しでも波があると釣りが出来ないので少し厳しいです。

石鯛竿等は古い硬調子のものならばそれほど高価ではありませんしリールもペンやアブの古いものでも可能なのでぜひ頑張ってください。

また何かあればコメントで書き込みします。
ご教授ありがとうございます
通りすがりの底物死さん、ありがとうございます。
たいそうなタックルを考えていましたが、これでいけるのなら、中古でぼちぼちそろえて行こうかと思います。
やっぱりなかなか釣れないものなのですねえ。釣果情報でクエなんか見たことがありませんから。
今後ともよろしくお願いします。

管理者のみに表示

トラックバック