FC2ブログ

鬼カサゴの水炊き

 釣れた鬼カサゴは3匹。
一匹は41センチあります。
せっかくなので、ウッカリカサゴ共々鍋にしてやろうと思っていました。
IMG_0333.jpg
さすがに40センチを越えると身があります。
IMG_0335.jpg
IMG_0336.jpg
残る3匹もさばきます。
IMG_0337.jpg
IMG_0338.jpg
さばけました。

 羅臼昆布で贅沢に出汁をとり、
昆布を引き揚げた後で、鬼カサゴのあらだけを入れてまた、出汁をとりました。
清酒もひとまわし入れて、アルコールをとばします。
IMG_0339.jpg

 白菜、長ネギ、シイタケ、豆腐を入れて、ある程度煮込みます。
IMG_0340.jpg

 食卓にコンロを置いていただきますが、
ここではなるべく鬼カサゴの身のみを煮て食べるようにします。
ところどころ透明の脂玉が浮いています。
IMG_0342.jpg
 ポン酢に大根おろし、もみじおろし、刻みネギを入れていただきます。

 いや、本当に美味しかった。大型トラフグの鍋に匹敵する美味しさです。
鬼カサゴの身はよく煮込んだ方がいいと思いました。
身崩れはしません。煮込みが浅いとタラのようなにおいが少しします。
皮つきが良いですね。
出汁とりで入れた41センチの鬼カサゴの頭は
途中で引き揚げましたが、ほほ肉が美味しく、娘が夢中でつついていました。

 食べ終わったので、雑炊です。
IMG_0343.jpg
雑炊で大事なことは投入したご飯を絶対にかきまぜないこと。
ここででんぷんを出してしまったら、絶対にいけません。
これも完食でした。
食べ終わったとたん、また、鬼カサゴ釣りに行きたくなりました。
今度は日本海の鬼カサゴを食べてみたいな。
太平洋の鬼カサゴとどちらが美味しいのでしょうか?

コメント


管理者のみに表示

トラックバック